いつでもどこでも新幹線に乗れちゃう!?『ジェットキッズbyストッケ ライドボックス 新幹線コレクション』新登場!

 

新幹線が大好きな子どもを持つパパとママに朗報だ。このたび、ストッケがJR東日本の許可の下、はやぶさ、こまち、かがやきの3車両カラーを採用した子ども用スーツケース『ジェットキッズbyストッケ ライドボックス 新幹線コレクション』を新発売した。しかもただのスーツケースではない。なんと、乗ったまま移動ができるライドオン機能付き! 今回はそのラインナップを紹介する。

 

東日本を代表する3車両をモチーフにしたカラーバリエーション

株式会社ストッケ(東京都千代田区)は、北欧ノルウェーで設立された高品質ベビー用品メーカー。1972年の「トリップ トラップ」発売以来、ベビーや子どもを対象とした安心・安全な製品を販売するベビー用品ブランドとして進化し続けてきた。そんなストッケが2018年にJetKids ASを子会社化し、その主力製品である「ジェットキッズ」を日本でも発売。世界中の家族旅行で使われるようになった。

機内に持ち込み可能なサイズ感で旅行にピッタリ

「ジェットキッズ」は、パイロット兼航空エンジニアのハルヴォー氏と航空業界で働くクリスティーナ氏の夫婦が創業し、子連れ旅行の経験を活かして誕生した子ども用スーツケースのシリーズ。「ライドボックス」は、単に荷物を入れられるだけでなく、ライドオン機能という大きな特徴を持っている。

E5系はやぶさをモチーフとしたカラーリング

ライドオン機能は、スーツケースの上部にお子さんが乗れる機能のこと。さらに親がストラップを引っ張れば乗ったまま移動ができるので、乗り物気分を楽しめるのはもちろん、長距離移動で疲れてしまったお子さんとの移動も簡単にできるようになっている。子どもが大人と同じようにスーツケースを引っ張ることもできる。

また、大人が肩からかけることもできるので段差の多い場所でも楽に持ち運べる。

E6系こまちをモチーフとしたカラーリング

元々飛行機で使うことを想定して開発された「ジェットキッズ」だが、日本では新幹線で移動する機会が多いことから、この度JR東日本の商品化許諾の下、新幹線カラーとなって『ジェットキッズbyストッケ ライドボックス 新幹線コレクション』(長さ46cm×幅20cm×高さ36cm・重さ約3kg・容量20L・希望小売価格 税抜18,000円)が日本限定・数量限定で発売となった。

E7系かがやきをモチーフとしたカラーリング

新幹線カラーは、E5系はやぶさ、E6系こまち、E7系かがやきの全3種類。某子ども向けTVアニメの主人公となった車両だけあって、いずれも子どもに大人気のカラーとなっている。

 

さらに、新幹線コレクション限定オリジナルステッカーがついてくるので、自分好みにカスタマイズして専用車両にすることができる。新幹線が大好きな子どもから大人まで、“快適な旅”と“わくわくする気持ち”を提供してくれるスーツケースだ。

収納量は20Lで、子どもが旅行に持って行きたいおもちゃやお菓子、小物などを入れるのに十分な大きさ。見た目だけでなく実用性にまでしっかりとこだわった商品である。

 

『ジェットキッズbyストッケ ライドボックス 新幹線コレクション』はライドオン機能のみだが、ベッド機能がついた「ジェットキッズ by ストッケ ベッドボックス」や本商品にベッド機能を追加する「ジェットキッズ by ストッケ ライドボックス スリーピングキット」も発売されているので気になった方はチェックしてみてほしい。

日本限定、数量限定の全3カラーの『ジェットキッズbyストッケ ライドボックス 新幹線コレクション』はストッケオンラインショップ(税込11,000円以上購入で配送料無料)、ストッケ直営店、その他取扱店で発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

トラックバック