キティのラーメンはかやくまでkawaii(カワイイ)!『ハローキティ45周年お祝いカップ麺 しょうゆラーメン/とんこつラーメン』

キティの体重はりんご3個分、ではラーメンになると?

 

令和という新たな元号を迎えた2019年。その裏(!?)でハローキティの誕生45周年を迎えたのも2019年! それを記念して、ハローキティ45周年お祝いカップ麺 しょうゆラーメン/とんこつラーメン』が登場。kawaii(カワイイ)ラーメンって一体……!?

 

どこもかしこもハローキティ。kawaii(カワイイ)ラーメンを食べてみよう!

そもそもだが、ハローキティは主にプレゼント用品などの企画・販売を事業としているサンリオで1974年から展開されている、赤いリボンがキュートな猫をモチーフにしたサンリオを代表するキャラクター。サンリオのキャラに疎いという人でも必ずどこかで見たことはあるはずで、今や日本だけでなく世界中で人気となっている。黄色のリボンをした双子の妹・ミミィがいるというところまで知っている人はハローキティマニアといっても良いかもしれない。

フタ裏にはハローキティがカップ麺について熱く語る限定動画のQRコード付き。好きだったんだ

これまで様々な企業やものとコラボしているキティちゃんだが、今回はエースコック『ハローキティ45周年お祝いカップ麺 しょうゆラーメン/とんこつラーメン』(52gうち麺45g/54g うち麺45g・希望小売価格 税抜193円・2019年10月21日発売)として、そのファンシーで女の子らしいイメージとは真逆ともいえるラーメンとコラボというから驚いた。

 

『ハローキティ45周年お祝いカップ麺 しょうゆラーメン』

パッケージにはどこまでが顔か分からないハローキティの顔がどーん! かわいらしいが、もはや輪郭は皆無。キティは正面以外にもフタや裏面、バーコードの上など、カップを360度回すと分かるが、どこを正面にしても必ずどっかしらに描かれている。ハローキティマニアは開けずに保管してしまうのではないかというくらいにはキティだらけのパッケージである。

だらけ!

フタ裏にあるQRコードを読み取ってみると、限定公開のYoutube動画へと移動。ハローキティ流のカップ麺を美味しく食べる方法を「3分チャレンジ動画」としてまるでYoutuberのように力説している。キティちゃんってこんな声だったのか…初めて聞いた。キティは動画の中で「食べ方は自由だけどね!」としきりに語っていたが、ここは熱湯を入れてしっかり3分待つ。

これ、楽しい

1枚ずつ見ると微妙に違う顔をしているなると。とてもキュートだが、これから口の中へと入ってしまうのがなんだかシュール…。お湯を注いだ後では少しだけ顔が膨張してしまったが、どちらにせよかわいい。海外でも使える世界共通の日本語に「kawaii」というワードがあるが、ハローキティが国籍を越えて「kawaii」の代名詞となっているのはこの一目見て分かるキュートさにあるだろう。

この光景はどう感じればいいのか

ほかにはピンクのなると、キャベツや卵、ねぎ、こちらもピンクのかまぼこなどが入っている。コクのある醤油スープに味付けがしてあるという麺がよく絡む。

シャキシャキとしたキャベツの食感もアクセントになっていて良い。あっさりとした飽きのこない味わいだった。

 

『ハローキティ45周年お祝いカップ麺 とんこつラーメン』

次はとんこつ。かやくはすでに入っているので、熱湯を注いで待つだけなので楽チン。パッケージにいるハローキティの数をぼーっと数えて3分待ってみるのもアリ。

こちらももちろんキュートななると、そして卵とねぎ、紅しょうが入り揚げ玉入り。どこまでも華やかな色彩にこだわりラーメンの中でもちゃんとキティの世界観を守っているのがすごい。

豚骨といえば独特なニオイが気になりそうだが、そのニオイがほとんどしないので、女性も気軽に食べられる。乳白色のスープには、ポークをベースに椎茸の旨みや香味野菜が入っていて、ニオイだけでなく実際に飲んでみてもやさしい味わい。

普段あまり豚骨ラーメンを食べない記者でもするっと食べられる。ゆるく縮れた麺にまろやかな豚骨スープがマッチしていた。

見た目にばかり目がいきがちだが、それぞれ味もしっかり堪能できた。とにかくハローキティのなるとがかわいいので、細部まで凝ったパッケージやかやくなどをぜひ実際に確かめてみてほしいと思った。

 

 

全国のスーパーやコンビニで購入可能となっている。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック