減塩検定「シオチェック」って知ってる? カラダに優しいおつまみ『おいしい減塩』を食べて年末に備えよう!

 

10月に入りいよいよ食欲の秋到来! おいしいものはたくさんあるけれど、ある年代を越すと気になってくるのが塩分の取りすぎ…。塩分は控えたいけど、「そもそも減塩商品って、おいしいの?」と思っている方も意外と多いのではないだろうか? そこで記者が注目したのが、合食のおつまみ・おやつシリーズおいしい減塩』。2019年10月1日からは『おいしい減塩はじめよう! キャンペーン』もスタート。1日の推定食塩摂取量がわかる「減塩検定」キットが300名にプレゼントされるというから、これは目が離せない!

 

「減塩=おいしくない」のイメージを覆す、カラダに優しいおつまみの数々

現在、日本では高血圧の人が増えているのだという。原因として考えられているのは、日本食は醤油や味噌などを使った料理が多く、自然と塩分を摂ってしまいがちになってしまう点。

そこでおすすめなのが、株式会社合食(兵庫県神戸市)の『おいしい減塩』シリーズ

2016年に発売を開始した、人気のおつまみを減塩したシリーズで、中でも『おいしい減塩 さきいか』『おいしい減塩 くんさき』は日本高血圧学会 減塩委員会が2018年に発表した「第4回 JSH減塩食品アワード」で金賞を受賞した実力派である。

『おいしい減塩 さきいか』(画像左)『おいしい減塩 くんさき』(画像右)

従来の商品からの減塩を実現しながら、味に妥協せずおいしさはそのまま。昨今の健康ワードにもなっている”たんぱく質”を手軽にとれるのもうれしい。

世間でも減塩に対する意識が高まりだした頃から販売が伸び始め、それに伴いラインナップも充実。ビーフジャーキー、チーズサンド、いかの姿あげ、茎わかめなど食べるシーンに合わせて選べるのもうれしいかぎり!

 

従来のおつまみ商品のイメージと一線を画すパッケージデザイン

商品自体は男性がたべることが多いが、実際に購入するのは買い物をする女性の場合が多いという同シリーズ。店頭で手にとってもらえるようパッケージの器にもこだわり、『おいしい減塩』のロゴも、家庭的で親しみやすいものにしているのだそう。

 

しっかりとした味付けで満足。しかも30%の減塩がうれしい!

それでは、まず『おいしい減塩 さきいか』を実際に食べてみよう。

『おいしい減塩 さきいか』はイカを皮付きのまま香ばしく焼き上げた商品

イカを皮付きのまま焼き上げているので香ばしい! 減塩食品とは思えないしっかりとした味付けで、なるほど、ビールが飲みたくなる味わいだ。さきいかというとお酒のおつまみのイメージが強いが、しっかりと噛んで食べるイカ商品はお子様のおやつや、ダイエットに活用している女性もいるらしい。

 

そして、次に『おいしい減塩 くんさき』にも手を伸ばす。

『おいしい減塩 くんさき』は、桜チップで燻製した香り豊かな商品

イカの厚みがあり、ボリューム感がある。しかし噛むとしっとりやわらか。燻製の旨みが口の中に広がり、これまた舌鼓を打った。

 

『おいしい減塩』シリーズを食べて食塩摂取量をチェックしてみよう!

この『おいしい減塩』シリーズがこの秋、キャンペーンを実施中! 同シリーズの商品パッケージに付いているバーコード1枚をハガキに貼って応募すると、抽選で300名に減塩検定「シオチェック」が当たるというもの。

 

抽選で300名に当たる減塩検定「シオチェック」

この減塩検定「シオチェック」とは、1日にどのくらいの塩分を摂取しているかがわかる郵送型の検査キット。結果はスマートフォンで確認できる点も便利! 「自分は大丈夫」と思っていても、気づかないうちに塩分過多になっている高血圧予備軍かもしれない…。この機会にぜひチェックしてみたいところだ。

 

食生活が乱れがちになる年末にむけて、今の時期からカラダメンテナンスをするのも得策。『おいしい減塩』シリーズで無理せず減塩生活をスタートさせよう。

 

なお、購入は合食のオンラインショップのほか、スーパーなどの量販店で。

キャンペーンページはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック