環境を考え水を選ぶ時代! ウィル・スミスの息子監修ミネラルウォーター『JUST WATER』が画期的な理由

どんな水を選ぶのかも環境問題に直結する!

 

ハリウッド俳優ウィル・スミスの息子であるジェイデン・スミスが創設したミネラルウォーターのブランド『JUST WATER』が、いよいよ日本に上陸した。従来のマイクロプラスチック製ペットボトルがもたらす環境破壊問題に一石を投じる商品として、世界的にも注目を集めている商品。日本ではセブンーイレブン約5,000店舗で地域・数量限定で販売されている「JUST WATER」が発売された経緯、特徴について実際に飲んでチェックしてみた。

 

地球規模の環境問題に取り組んだミネラルウォーター

ジェイデン・スミス監修の環境配慮型ミネラルウォーター「JUST WATER」

セブン-イレブン・ジャパンでは、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県のセブン-イレブン約5,000店舗(2019年6月末現在)で、環境配慮型の容器を採用したミネラルウォーター『JUST WATER(ジャストウォーター)』(500ml・希望小売価格 税込151円・発売中)を販売している。ハリウッド俳優ウィル・スミスの息子であるジェイデン・スミスが米国・ニューヨークで立ち上げたミネラルウォーターブランド「JUST Goods, Inc.」で開発された商品で、容器の約80%が植物由来で作られた紙容器と、サトウキビ由来の素材を90%以上配合したバイオマスプラスチックで作られたボトルキャップを採用しているのが特徴。

俳優ウィル・スミスの息子で同じく俳優、ミュージシャンのジェイデン・スミス

ジェイデン・スミスは10歳のとき、サーフィン中にペットボトルが海に浮かんでいるのを見つけ、さらに学校でマイクロプラスチック汚染が地球規模で問題となっていることを勉強し、地球環境問題を真剣に考えるようになったという。

パッケージ側面には日本語で「JUST WATER」の環境問題への取り組みが描かれている

ニュースなどでも話題となっているプラスチックごみの問題。大手カフェチェーンがストローを紙製に切り替えたことが注目を集めたのは記憶に新しいところだろう。コンビニで手軽に買えるペットボトル飲料も、いよいよ環境配慮を考える時期になったということかもしれない。その先駆けとなりそうなのが、今回のセブン-イレブンの取り組みだ。

もちろん水も地球環境にこだわっている

パッケージだけでなく、水にも地球環境への配慮が感じられる。採水地はバリーミナ(イギリス北アイルランド)で、雪解け水や雨などを採水した「スプリングウォーター」を100%使用している。

https://www.instagram.com/p/Bzq3WkQHKwO/?utm_source=ig_embed

実際に飲んでみたが、クセのなくスッキリとした味わいの水で、硬度は130mg/l(日本基準では101~300mg/lは中硬水に分類される)。非常に飲みやすいので、毎日飲んでも飽きがこないのが特徴だ。

 

ペットボトルも地球環境に配慮した商品を選ぶ時代が来ている!?

すでにアメリカ、オーストラリアで販売されている「JUST WATER」。今回はセブン-イレブンが地域、数量限定で発売したが、今後このような取り組みが広がっていくことを期待したい。なお、この「JUST WATER」は紙容器にバリア性の高い加工を施してあり、なんと18ヶ月もの長期間保存が可能なので、災害時のために確保しておく飲料水としても重要な役割を果たすに違いない。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タック二階堂

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である取材ライターの傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック