食後に上昇する血糖値を抑えるイヌリン・パワー! 機能性表示食品『金の菊芋』が頼りがいあり

sponsored by グランデ 日本人に生まれて米を我慢するなんて、できない!

 

40代を越えていて、ビールが好き、ご飯やパンも好きだし、食後のデザートも欠かせない。1つでも当てはまると、健康診断の血糖値の数値に愕然とする可能性は高い。でも日々の楽しみである食事を制限するのは辛すぎるという調子の良い考えを持っているのは記者だけではないはずだ。でもこの金の菊芋を習慣にすれば、食物繊維のイヌリン・パワーで食後の血糖値をスムーズに抑えてくれるというではないか。

ポイントは食後の血糖値をあげないこと。そのために簡単にできること

食事をとるとまぶたが重くなる午後。実はこれ、当然のこと。どんな食べ物でも食べれば血糖値は上がる。ただその上昇が急激に起こると、血糖値が不安定となり、眠くなるのだ。


血糖値が高くなっても、健康な人間なら2時間で元に戻るのだが、インスリンの分泌が悪いと高いまま、下がりにくい。その状態は健康リスクに直結してしまう。

健康診断が憂鬱?

血糖値は糖質をとることで最も上がる。糖質が高いと問題になるのは、米や小麦粉などの精製された炭水化物であり、ビールなどの醸造酒、そしてでんぷんの多い芋類。そんな話を、糖質を気にしはじめた人なら聞いたことがあるのではないだろうか。


とはいえ食事は生活の重要な喜びの1つ。上記を我慢し続ける生活なんて、記者のような食いしん坊にとっては悪夢でしかない。

 

そんな時に見つけたのが、株式会社グランデ(福岡市中央区)の金の菊芋である。青果店の店頭ではめったに見ないが、この菊芋という野菜、食後の血糖値を下げる働きがあるという。つまり普通の食事をしても、この金の菊芋を摂取することで菊芋に含まれるイヌリンが食後血糖値上昇問題をなんとかしてくれるというのだ。そんなうまい話があるのだろうか。

 

血糖値に悪影響を与えるはずの芋類。それなのに菊芋がOKなその理由は?

これが菊芋

だがちょっと待って、でんぷん類でできている芋類、糖質が高いので血糖値上昇に悪影響を与える食品となっていなかったか。そこで金の菊芋を調べてみると驚くことがわかった。

 

なんと菊芋は芋じゃなかったのである。その名の通りキク科の植物ではあるが、根っこの部分であり、でんぷん質は少なく食物繊維が多く、糖質はほぼゼロという、まったく違った性質のものなのである。食物繊維はごぼうの約3倍の量だというからすごい。

 

入っている食物繊維はイヌリンという種類で、食べ物の吸収をゆっくりとさせてくれる効果がある。

食物繊維は人の消化器では吸収できない。なので食事に含まれる糖質の吸収スピードを遅くさせることができる。その結果、食べてすぐでも血糖値が急上昇しなくなるのだ。

 

 

では今日から毎日の食卓に菊芋をのせよう!?

優秀な菊芋、なら毎日食べるようにすればいいのではないか。記者もはじめはそう考えた。ところが青果店でもスーパーでも、めったに売っていないのである。そもそも栽培されていること自体が珍しい食材なので、仕方のないことかもしれない。記者は一度だけ自然食品の店で見つけたことがあるが、近所ではなかった。

ということで今回は通販で商品を取り寄せてみた。収穫が冬になるため、生の菊芋は無く、冷凍のものしか手に入らなかった。冷凍だと生では食べれず、食感も落ちてしまうようだ。

探した結果、一番少ない注文で2kg、購入してから届くまで15日もかかった。しかも菊芋のイヌリンは収穫した瞬間から減少してしまうそうなのである。

保存が難しいうえに、この菊芋、調理方法があまりわからずこの量はなかなか厳しい…

入手困難で継続摂取は難しそうなので、菊芋で日本初の機能性表示食品金の菊芋の魅力が良く分かった。

 

健康のために摂るものだから、安全性にこだわりたい!

食後の血糖値の上昇を抑えるために摂ろうというものである。そこで気になるのは、やはり品質だ。金の菊芋を調べてみると、九州の農家が農薬不使用で栽培した菊芋を100%使用しているというから安心だ。しかも洗浄は手作業。やはり洗うのは難しいようだ。

菊芋99%の高純度。つまりほぼほぼ菊芋の塊ということ

そんな原料を現役医師の監修で製品化、菊芋を99%の高純度で配合しているというから、これはほぼ菊芋である。入手困難な菊芋を、腐る心配もなく毎日簡単に摂ることができるというのは、とても助かる。

 

『金の菊芋』を試してみる。あれ!? ボリボリ噛んでも普通に美味しい!

パウチタイプの金の菊芋。これはバッグに忍ばせて、ラーメンなどの糖質の高い食事を我慢できなくなった時にサッと飲めるということだろうか。1日の目安量は7粒。ビール酵母のような薄い茶色の粒タイプで、小粒なので飲みやすくできている。

 

実際に飲むとニオイはないし、あっけなく水で飲むことができる。


ただ高純度がゆえにほぼ菊芋ということで、ボリボリと噛んで食べても良いのだという。

少しだけ警戒しながら食べてみる。あれ、香ばしい。塩分が入っているわけではないので濃い味ではないが、スナック代わりに食べてもいいほど、美味しい。節分時に年の数だけ食べる煎り大豆のように素朴なこの味わいで食後血糖値が抑えられる成分が入っているなんて、驚きだ。

 

『金の菊芋』を習慣にすれば、健康診断が待ち遠しくなる!

健康診断を受けて「血糖値が高めですね」と医師に言われ、食生活を改めようとその日は誰しも誓うもの。しかし三日坊主になれるかどうかレベルでくじけて、ふり出しに戻る、という人も多いのではないだろうか。記者だけでなく。

 

そんな好きなものを我慢するのが厳しいという自分に甘い人は、緩やかな食事制限とともにこの金の菊芋を習慣にするのがおすすめだ。ほどよく我慢はするに越したことはないが、同時にイヌリン・パワーにすがるのである。

どんと来い、健康診断!

血糖値が高いことを指摘された後というものは、食後血糖値も問題だが食後罪悪感も問題になる。そんな時、その心を少し癒してくれるのがこの金の菊芋。保険? おまじない? どちらにしろ高品質の菊芋イヌリンパワーなら頼りにできることは間違いない。そして来るべき健康診断にも胸を張って行けるようになるはずだ。

 

ちなみにこの金の菊芋定期コース初回価格が税抜2,760円(送料無料/二回目以降税抜3,200円)となるキャンペーンを実施中である。食事の楽しみを奪われずに、血糖値対策を行いたいなら、まずはためしてみると良いだろう。

 

 

《会社概要》

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

photo by 尹 哲郎