業界初!家でも外でも使える蚊よけスプレー『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』が画期的すぎる!!

 

夏のお悩みのひとつといえば、“蚊”による虫刺され。プーンと寄ってくる前にバリアできたら…。そこで大活躍してくれるのが『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』。家でも外でも、シュッと噴射するだけで、周辺の蚊を遠ざけるバリア空間ができちゃう優れもの。蚊がいなくなる理由に迫りつつ、その素晴らしさを紹介したい!

 

部屋の中なら効果は12時間持続!今夏を1本で乗り切れる

ライオンケミカル株式会社『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』(52ml・参考価格 税込1,050円・発売中)は、業界初の 室内・屋外両用虫よけスプレー。

屋内では4.5~8畳あたり1プッシュで、効果は12時間持続。1日1回スプレーしたとして、1本で240日も使用できる。

 

ワンシーズン使えるとはありがたいが、気になるのは蚊がいなくなる理由。ものすごく強力な薬剤を使っていたりするのではと勘ぐってしまうが、実際のところはどうなのだろうか?

 

勘違いしている人も多いはず!蚊がいなくなる理由を解説

“蚊”というと、私たちは飛んでいる姿を想像しがち。だが実際の蚊は、壁などにとまっている時間のほうが断然長いそう。

 

そんな蚊の性質を利用しているのが、『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』。スプレーを噴射すると、殺虫効果のある薬剤(メトフルトリン)が壁や天井に付着。そして、その薬剤をまとった壁や天井に蚊が触れることで、蚊を駆除することもできるのだ。

 

庭で実際に使用してみた!その効果は…?

この『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』の強みは、屋外でも使用できること。

 

草むらなどの蚊が潜んでいそうな場所に、10~20cmの距離から約5㎡あたり10回の噴射で、バリア効果が8時間続くという。

 

我が家では、庭にビニールプールを出して遊ぶのが夏の定番なのだが、その天敵となっていたのが蚊。これまでは近くで蚊取り線香を焚いていたのだが、水がかかって消えてしまったり、はしゃぐ子どもたちが火傷しないかとハラハラしたり、なにかと不便を感じていた。

 

ということで、期待を込めて『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』をシュッ!ワンプッシュで適量が噴射されるので、出すぎてしまう心配がないのも助かる。

細かい霧状のスプレーでバリア!

虫よけというと独特の香りがするのが特徴だと思っていたが、驚くほどの無臭。匂いもしないし、目にも見えないし、本当に効果はあるの…?と、若干疑いながら、いつものように水遊びをスタート!

 

1時間ほど遊ばせた後、子どもの身体をクルクルと回し見ると、虫に刺された様子はなし。次男は家族の中でもなぜか一番蚊に刺されやすいのだが、その次男も虫刺されを回避できたことにビックリした。

 

室内&屋外、両方使えるのはやっぱり便利!

効果を確信した記者は、朝起きたらリビングに『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』をスプレーすることが日課に。これからバーベキューなどアウトドアの予定もあるので、必需品として忘れずに持っていこうと思う。

『Wトラップ ワンプッシュ蚊取り 空間ガード 室内・屋外両用』は、家でも外でもこれ1本で蚊が避けられるから、とにかく便利。コンパクトで持ち運びもできるし、この夏は、蚊におびえながら生活しなくてもよさそうだ。

 

なお使用の際は、パッケージ裏面の注意書きの確認を忘れずに!

購入は、全国のドラッグストアなどで。

 公式オンラインショップ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック