2回使って1回分!50%以上の節水シャワー『シルキンシャワー ホワイト/プレミアムホワイト』ならお得に汗を流してくれる!

 

暑いというより熱い夏を迎え、体中から噴き出る汗に不快感を覚える人は少なくないだろう。すっきりするために、1日に2回、3回とシャワーを浴びる人も多いはず。しかしその反面、心配になるのが水道料金だ。湯船にお湯を張るよりは安いとはいえ、何回も浴びていればチリが積もって山となり悲惨なことに。そんなときは、水量を50%以上節約できる『シルキンシャワー ホワイト/プレミアムホワイト』がおすすめだ。

 

節水の秘密は散水板にあり。節水しているのにこれまで以上の洗浄力!

株式会社アラミック(大阪府箕面市)の『シルキンシャワー ホワイト』(希望小売価格 税抜3,280円・発売中)『シルキンシャワー プレミアムホワイト』(希望小売価格 税抜4,980円・発売中)は、一般的なシャワーヘッドの2分の1の水流でしっかりと身体を洗い流せる節水シャワー。半分以下の水量でありながら、これまで以上の洗浄能力をもつ画期的な商品だ。

パッケージはシンプルなブリスターケース(片面が商品の形に成形されたもの)

単純計算で1回あたりの水量が半分となるため、1か月の水道使用量は50%OFF。炎天下で身体中にまとわりつく汗を1日3回洗い流しても、これまでの1.5回分だからその効果は明らか。しかし、なぜシャワーヘッドを変えるだけで節水効果が得られるのだろうか。

その秘密は、シャワーの出口についている散水板にある。『シルキンシャワー ホワイト/プレミアムホワイト』には、一般的なシャワーの散水板の約3分の1倍の大きさの穴が無数にあいている。これにより、ホースの先端をつまんだ時のように、小さな穴から出るお湯は勢いを増して放水されるのだ。

ホワイトの本体は、様々なバスルームに最適

少ないお湯の量でもこれまでと同じだけの水圧で使えるため、汗はもちろん、シャンプーや石けんをしっかりと洗い流すことができるというわけだ。

水圧の低い施設や高層階でも勢いのあるお湯を使える

水圧はあってもお湯は細いので痛みもない。むしろ、シルクのような優しく心地良いシャワーを浴びることができる。

 

『シルキンシャワー プレミアムホワイト』は、さらに2つの機能をプラス!

先程までは『シルキンシャワー ホワイト/プレミアムホワイト』の共通機能である節水効果を紹介したが、『シルキンシャワー プレミアムホワイト』は使い勝手を良くする3つの機能が備わっている。

1つ目は節水効果を最大70%に引き上げる水量調整機能。50%節水時と比較すると幾分水圧が落ちるが、1日に何度もシャワーを使う場合、赤ちゃんや敏感肌の人の利用時などに使うことで快適に浴びることができる。

普段の入浴時にも、シャンプーや石けんを洗い流す時は50%節水、顔や汗を流す時は70%節水に切り替えて使うことで無駄なお湯を流さずに済むというわけ。

50%節水でもしっかりと洗い流せる

切り替えレバーは背面H(50%節水)とS(70%節水)

記者もこの時期は帰宅してすぐにシャワーを浴びるが、70%節水で十分汗を流せる。

肌に優しい70%節水。レバーをSに倒すだけ

2つ目の機能は一時止水機能。蛇口を開ければお湯が出て、閉めれば止まる。再び使う時はまた回して……と、非常に面倒くさい。お湯の量を調整する必要があるし、その操作を行っている間に出るお湯がもったいない。

『シルキンシャワー プレミアムホワイト』は、手もとに一時的にお湯を止められるボタンがついているため、パッと出してパッと止められる。

シャワーが出ている状態で左側を押すと……

ピタッと止まる!

蛇口を探す必要がなく、ストレスフリーで使い勝手がいい。さらに節水効果も期待できる一石二鳥の機能だ。

出したい時は右側をプッシュ!

 

シャワーヘッドを取り換えるだけ!お得に快適な夏を過ごそう。

付け替えるだけで、50%以上の節水効果が期待できる夏にぴったりの『シルキンシャワー ホワイト/プレミアムホワイト』。4種類のアダプターが同梱されているので、ほぼすべてのメーカーや機種にも取りつけられる。届いたその日から節水効果を実感してみてほしい。

工具も不要。回すだけで取り付けできる。

節水効果だけで十分なら『シルキンシャワー ホワイト』。さらに高機能を求めるなら、『シルキンシャワー プレミアムホワイト』がおすすめだ。

 

お求めはお近くのイオン各店で。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック