筋肉や血液などのもととなるたんぱく質!不足しがちなシニア世代には味の素(株)のアミノ酸研究の成果が役に立つ

 

これからもアクティブに動き続けたい、家族に迷惑をかけたくないと思ってはいても、寄る年波と共に衰えてくる筋肉。年齢を重ねてからこそ大事なのは適度な運動と栄養、とくに筋肉や血液などのもとになるたんぱく質の摂取だ。そこで味の素㈱が効率的な栄養摂取のために作り上げたのが、アミノエールだ。

 

加齢とともに減る筋肉量。全盛時の3〜4割にまで減ってしまう!?

「階段の上り下りがきつい」「長時間歩くのが辛い」「動くことがだんだん億劫になってきた」「気がつくと前かがみになっている」と感じるようになったのなら、その原因のひとつは筋肉量の減少。ヒトの筋肉量はすでに40歳から減少し始めて、65歳でその減少スピードが加速、80歳までにはピーク時の3〜4割の量にまで落ち込んでしまうという。

 

 

以前はなんでもなかった段数だったが、まだこんなに残っているのかと愕然とする…

だがやみくもに筋トレを開始するのも、弱った体には負担が大きい。過度な運動で体を痛めてしまっては元も子もない。ならば、適度な運動に加えて、栄養の摂取も意識していきたい。

 

たんぱく質足りてますか?

歳を重ねると、通常は食生活も少なめ、粗食化してしまうのが現状だ。粗食の方が健康に良さそうだと、高年齢層のたんぱく質摂取量は減っていくばかり。しかし、筋肉や血液などのもととなるたんぱく質は健康的な生活を送るには重要な成分。

1日のたんぱく質摂取推奨量は牛肉なら513gに相当

ところがたんぱく質の1日に摂取を推奨されている量は牛肉に置き換えるとおよそ513g(※1)。健康のためとわかっていても、毎日この量を食べるのは大変だ。

 

そうなるとやはりサプリメントで摂取を補助するのが理想的ということになる。しかもサプリメントなら、たんぱく質を摂るよりも効率的に吸収することもできる

※1 1日のたんぱく質摂取推奨量を60g(高齢者男性の場合)として換算 出典:「日本人の食事摂取基準(2015年度)」、「五訂増補日本食品標準成分表」(2005年)

たんぱく質で摂るよりもアミノ酸の形で摂ると吸収が効率的!

その鍵となるのは、アミノ酸である。たんぱく質が体内に入ると、人体はアミノ酸の形に分解してその栄養素を吸収する。しかし最初からアミノ酸の形で摂取すれば分解が不要な分、その吸収にかかる時間は、およそ30分とスピーディー。たんぱく質として体に取り入れるよりも、速やかに体内に吸収されるのだ。

たんぱく質の原料=アミノ酸を摂ることが可能な味の素(株)『アミノエール』

うま味調味料「味の素」の主成分といえばグルタミン酸ナトリウムというアミノ酸である。味の素㈱は100年の歴史の中でずっと、このアミノ酸を研究し続けてきた。

そうして作られたのが、体内では作り出せない9種類のアミノ酸=必須アミノ酸(※2)を豊富に含みつつ、中でも重要な働きをするロイシンを40%と、バランスよく配合したスティックタイプのサプリメント、味の素㈱『アミノエールである。

※2:トリプトファン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの9種類

 

 

実際にアミノエールを飲んでみよう

スティックタイプの『アミノエール』の中には白い顆粒が入っている。これを運動後などに1日1本、水やぬるま湯と一緒に飲むだけ。実際に試してみると甘酸っぱいりんご(無果汁)の味と香りが広がった。毎日の楽しみとして飲むことができる美味しさだ。

健康的な生活の基本は、適度な運動と日々の栄養。『アミノエール』なら、持ち歩きしやすく、いつでもどこでも水と一緒に飲めば、栄養補給が可能である。

 

約6日分が税込500円(送料無料※2)でお試しできる!

毎日の散歩が楽しくなる!

シニア世代の健康づくりの栄養サポートに適した『アミノエール』だが、まずは初めての人に限り、約6日分で税込500円(送料無料※3)となるお試し商品がおすすめだ。


いつまでも若々しい毎日を送りたいなら、何歳からでも間に合うこの『アミノエール』をぜひ適度な運動とともに、生活に取り入れてもらいたい。

※3 送料は味の素(株)が負担しますので無料です(別途送料が必要になる場合もあり)。

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック