甘酸っぱい恋のような味わいが楽しめる最新フレーバー『メントス ピーチ』。パッケージにはあま~いメッセージ付き

 

外はカリッと中はふんわりとした食感でお馴染みのメントスに、『メントス ピーチ』があるのをご存知だろうか。可愛らしいピンク色のデザインについ目が奪われてしまうパッケージとジューシーな桃の香りが口いっぱいに広がる爽やかな味わいが特徴の最新フレーバーだ。桃好き記者がその味を確かめてみた!

 

口にの中で溶けるとピーチの香りが爆発!甘い味が好きな人におすすめ

1978年にクラシエフーズが輸入し、日本でもその不思議な食感が幅広い層で人気となったメントス。元々ミント味のキャンディを作ろうとスタートしたのだが、ユーザーのニーズに応えて非常に多くのフレーバーを発売している商品だ。

少し前に発売した商品では、外側にハードキャンディのないソフトキャンディ「メントス ホワイトチョコ」を出しており、メントス=ハードキャンディという概念を覆すものも。

あわせて読みたい:ヨーロッパではヒット済のメントスチョコから『メントス ホワイトチョコ』。ポケットに忍ばせていつでもどこでもサッと白チョコ補充!

現在は「ミント」、「グレープ」、「コーラ」、「メントス キャラメルチョコ」、「ピーチ」の5フレーバーが発売中。その内『メントス ピーチ』(37.5g・希望小売価格 税抜100円・発売中)は、濃縮果汁や香料を加えることで、桃の豊かな香りとジューシーな味わいを楽しめる最新フレーバーだ。

思わず可愛いとつぶやきそうなピンク色のパッケージに限定メッセージ

可愛らしいピンクのパッケージには、限定メッセージが掲載。パターンは全3種類で、いずれも誰かにシェアしたくなる内容が書かれている。

1本あたりのエネルギーは144kcal、糖質は約34.4g。通常14個入りなので1個につき2.5g程度になる

ちなみに、ピーチの発売に合わせて既存フレーバーにもメッセージが追加されており、「メントス キャラメルチョコ」を除く4フレーバーを併せて全17種類が発売されている。普段は好みの味で購入しているかもしれないが、お気に入りのメッセージを手に取るのも面白いかもしれない。

香りはほぼなし

そんなパッケージを開けると、薄ピンク色のメントスが出現。ヒョイと口に入れ、ハードキャンディを舐めて溶かす。すると、全く感じなかった桃の香りが少しずつ広がり出した。

噛めるほどに溶けたころには、ジューシーな甘酸っぱいピーチ味をしっかりと感じられるほど。3層構造の最奥に到達すると、さらに濃厚な味が炸裂。甘い味をさらに堪能できる。香りの広がりも加速し、ピーチフレーバーを楽しむことができる。

中はとろける様なソフトキャンディ

その一方で、果物ならではの優しさや爽やかさは控えめ。おかしなのでガツンと味わえればそれでいいのだが、ピーチらしさを求めている人には少し違和感を覚えるかもしれない。甘い味わいを好む人におすすめのピーチフレーバーに仕上がっているようだ。

恋人や同僚との話のきっかけにもなる限定メッセージ入り『メントス ピーチ』は、全国の全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、駅売店ほかで発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック