甘みのある濃口醤油が美味しい!『ヒゲタ 米麹でまろやかまろみしょうゆ』でいつもの料理もワンランクアップ

 

濃口、淡口、減塩、ダシなど・・・料理や用途に応じてさまざまなお醤油が選べるが、今回、米麹の甘みを生かして作られた『ヒゲタ 米麹でまろやかまろみしょうゆ』が発売された。しょうゆもろみに米麹を加え、まろやかでやさしい甘みに仕上げた濃口醤油をためしてみた!

左:360ml 右:200ml

新たな醤油の美味しさが楽しめるヒゲタ醤油株式会社『ヒゲタ 米麹でまろやかまろみしょうゆ』(200ml/360ml・希望小売価格 税込208円/258円・2018年8月6日発売)。一般的な醤油は、大豆と小麦、麹菌でしょうゆ麹を造り、これに食塩水を合わせてもろみにして、発酵・熟成を経て搾られているもの。


『米麹でまろやかまろみしょうゆ』は、もろみの熟成中に米麹を加えて造られており、これはヒゲタ醤油に伝わる独自の技術。

 

米麹だからこそのまろやかさと甘さ

米麹とは、蒸した米と麹菌で作られたもの。麹菌の酵素が、米のでんぷんをオリゴ糖などに分解するため、もろみに加えることで甘みが生まれるという。熟成を終えて搾られる醤油は、米麹由来の自然なやさしい甘みがあり、コク深い味わいになる。

濃口醤油と言っても、やさしい甘みがあり、一般的なものと比べて食塩分は15.5%とやや低め。また、糖分が高いので、焼いたり炒めたりする料理に使うと、通常の醤油よりも食欲をそそる香ばしい香りが立つ。醤油そのものには、甘味料は加えられていない。醤油を使う料理をする時に、砂糖を加えることが多いという人も、この醤油であればそのままで自然の甘みがあるので、全体的な砂糖の分量を減らす事が出来そう。

醤油の香りも良く、色も鮮やか。冷奴やおひたし、刺身などのつけ・かけなどに使うとまろやかな味わいなので、素材の良さを楽しむことができる。

 

空気に触れない密封ボトルで美味しさキープ!

容器は、空気に触れずに新鮮さを保つことが出来る密封ボトル。

片手で開けられる開閉式のキャップなので、料理中の作業もしやすい。

パッケージは押し出し式のやわらかなペットボトル。ボトルのくびれている部分を軽く押すと中身が出てくる。押す力の加減により1滴から注ぐ量を調節可能。少し使いたい時でも、直接このボトルから注ぐことができ、とても便利!

360ml・税抜258円

料理にどんどん使っていきたい人は360mlがおすすめ。手にフィットしやすくて、持ちやすいボトルタイプ。

200ml・税抜208円

食卓をメインに使いたい人は200mlがおすすめ。テーブルにそのまま置いておけるサイズ感。どちらも密封ボトル仕様になっている。

まろみしょうゆで作るシンプル炒飯が美味しい!

材料:ごはん、たまご、白ネギ、青ネギ、白ゴマ、ごま油、米麹でまろやかまろみしょうゆ

シンプルに炒飯を作ってみよう。味付けは『米麹でまろやかまろみしょうゆ』だけ。

食材を炒めたら、鍋肌から『米麹でまろやかまろみしょうゆ』を回しかけよう。火が入ることで一瞬で香ばしさが引き立ち、食欲をそそる。仕上げにはごま油を。盛り付ける時に白ゴマを加えて完成。

簡単に美味しいチャーハンの出来上がり!

やさしいけれどコクがある味わいに仕上がり、香ばしいお醤油の香りが素材を引き立ててくれる。

いつものお醤油をこれにするだけで、美味しさがワンランクアップ。まろやかな甘さが好みの人はぜひ料理に取り入れてみて。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴10年以上。アートワークや写真、料理が得意。カメラマンも務める。文具やアートの分野でインストラクターの経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック