日々の収納・整理に『ジップロック®スタイル』意外な使い方でお片付けをスマートに解決!

新しい収納のカタチをジップロック®で

 

芸能人がお財布にして、最近話題になっていたジップロック®。キッチンで便利なのはもちろんのこと、キッチンの外でも、使用方法は無限にある。そんな様々な用途の可能性を秘め、日用品の整理・収納用にさらに進化した『ジップロック®スタイル』が、世界初の新コンセプトブランドとして新登場した。ペンケースと小銭入れ、お弁当箱としてジップロック®を愛用している記者が、その使い勝手を追及してみよう!

 

世界初!『ジップロック®スタイル』は整理・収納に便利な新コンセプトブランド

幅広い用途を想定した3サイズ

ジップロック®は旭化成ホームプロダクツ株式会社(東京都千代田区)が展開する、ジッパー付きバッグ。このヒット商品を知らない人はいないのではないだろうか。年間5億枚の販売実績と言うのも頷ける。キッチンアイテムの定番であるジップロック®は、今や食品の保存用に留まらず、用途も使用する人によって多様化している。

 

2019年5月22日にオンラインのみ先行で新発売された『ジップロック®スタイル』(サイズ展開MLXL・税抜小売価格350円・全国発売20198月予定)は、日用品の整理や収納に焦点を当てた新ブランド。整理収納アドバイザーである中山真由美氏監修のもと、特に整理や収納に使いやすい3サイズが発売された。

 

選べる2サイズ『マチ付き イージージッパー® ML

マチ付きで、立てて収納することも可能な『マチ付き イージージッパー®』は、入れる物の大きさに合わせて選べる2サイズ。

『ジップロック®スタイル マチ付き イージージッパー® M12枚入』は、縦149×横200 ×マチ47mm、厚さ0.05mm、『ジップロック®スタイル マチ付き イージージッパー® L8枚入』は、縦241×横268×マチ66mm、厚さ0.05mm。

ツマミが付いているので開け閉めラクラク

MサイズもLサイズもツマミがついて開け閉めがカンタンなので、自宅での日用品の整理・収納だけでなく仕事や旅行にも便利。

右からMサイズとLサイズ

Mサイズは使用しやすい小物サイズ。メモなどの文房具や、USB、手帳など仕事用必需品をまとめておけば、バッグインバッグの役割になる。入っているものが見えているので、取り出しやすいのもメリットだ。

マチ付きなので化粧品ボトルも立てて収納できる

また、Lサイズはレジャー用品の持ち歩き用にも使えそう! 例えばビーチの持ち歩き。使用後の濡れた水着を入れたら、カバンにポンと入れても他の物を濡らさない。帰宅後は、濡れた水着を入れて持ち帰ってきたジップロック®から出して洗濯機へ放り込むだけ。

マチ付きなので紙コップが潰れる心配も軽減

使ったビーチサンダルもバッグにポンっと入れられる!

 

今までにない特大サイズ『ストレージバッグ XL』で衣類収納もカンタン!

「ジップロック®ストックバッグ」Lサイズの約2倍の大きさ

『ジップロック®スタイル ストレージバッグ XL 5枚入』は、縦381×横330mm、厚さ0.04mmで、かさばる厚手の衣類も収納可能だ。2種類のジッパーで密封性が高いので、大事な衣類などを水やほこりから守ることができる。

衣類の収納に便利

このサイズなら旅行の時、スーツケース内の洋服の整理にも便利だし、シーズンオフの浴衣や夏物の収納に使えば、衣替えもカンタン! ジップロック®ススタイルトレージバッグから出した秋物の代わりに、夏物を入れて収納しておけば、何が入っているかすぐにわかるので、次のシーズンも衣替えがラクラク。

浴衣などのシーズン用品の収納・保管にも

『ジップロック®スタイル』3サイズは、全国のスーパー、ホームセンター、ドラッグストア等で8月より購入可能予定。発売日に関する情報は、公式ホームページをチェックしていただきたい。待てない人は、先行発売したオンラインショップ(Amazon楽天LOHACO)から!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック