コンパクトでパワフル! 『タンブラーミキサー TMC450』で、毎日フレッシュな美味しさを楽しもう

 

手軽にスムージーやジュースを作りたい人にぴったりのタンブラーミキサー。今回ご紹介する、テスコムの『タンブラーミキサー TMC450』は、とてもパワフルでコンパクト。しかも、シンプル設計で使いやすく、その仕上がりはとても滑らか。いつでもフレッシュな美味しさを求めている人にぜひ使ってもらいたい1台だった!

 

コンパクトで攪拌力が抜群!

テスコム電機株式会社『タンブラーミキサー TMC450』(参考価格 税抜5,980円※編集部調べ・2019年5月1日発売)は、非対称6枚刃と400Wモーター搭載。1分間に約9200回転するパワーを持つ、コンパクトなのにとてもパワフルなタンブラーミキサー。

本体とタンブラーを合わせた重さは1.5㎏。高さ360×幅110×奥行110(㎜)。電源コードの長さは1.4m。

使う部品はこれだけ! シンプルなので、とても使いやすい。

よく見てみると、本体に電源やボタンのようなものが一切ない!

タンブラーを本体にセットし、手のひらで押さえるだけで攪拌できるので、これなら機械が苦手な人でもかんたんに操作ができそう。

タンブラーの容量は450ml。作ってそのまま持ち運べるフタ付きで、作ったスムージーを他の容器に移さず保存することもできる。ただし、中身がもれることがあるので、ななめや逆さにはしないこと。保存する場合は冷蔵庫に入れ、できるだけ早く飲み切ろう。コップなどに移し替えなくていいので、洗い物が増えないのがうれしい。

また、洗いやすい広口。軽くて丈夫、食器洗い乾燥機にも対応のトライタン™樹脂製。

タンブラーの耐熱温度は90℃。耐冷温度は-20℃となっている。

非対称6枚刃が特徴的

そして、非対称形状の6枚刃のカッターが特長的。これにより攪拌力がUPし、ムラなく食材をカットするので、冷凍フルーツや水なし濃厚スムージーも作れてしまう。

 

氷や冷凍フルーツを使う際は、液体の重さに対して60%以下の量にし、160ml以上の液体と共に攪拌。水なしの場合は、トマトやオレンジ等の水分の多い食材を使おう。バナナ・りんご・葉野菜等の水分の少ない食材だけではうまく攪拌できないので、そこは注意が必要だ。

 

バナナシェイクを作ってみよう!

タンブラーミキサー TMC450』を使って取扱説明書に掲載してあるレシピを参考に、バナナシェイクを作ってみよう。

使う材料は、牛乳・バナナ・バニラアイスクリームの3つだけ!

さっそく、食材を順番にタンブラーの中へ。冷凍フルーツを使用したい場合には、2.5cm角以下にカットしよう。

しっかりとカッター台を取り付ければ、準備完了!

あとはタンブラーを逆さまにして、本体にセットするだけ。上から軽く押さえるだけで、あっという間に攪拌出来る。押さえている時だけ刃が回転するから、好みの滑らかさを確認しやすい。

攪拌が終わったら、タンブラーを本体から外し、カッター台を取り外そう。

そのままコップへ注ぎ入れて。とろ~り滑らかな美味しいバナナシェイクの完成。

レシピには60秒攪拌と記載してあったが、約30秒程度でしっかりとシェイク出来ていた。舌触りがとにかく滑らかで美味しい!

洗浄する時はパッキンを外して、刃に気をつけながら洗おう。連続しての使用は故障の原因になるので、すぐに作りたい場合でも1杯ずつ洗浄した方が良い。

洗浄後は、水気をしっかりと拭き取ってから使おう。

一度に作れる分量は約1~2人分。コンパクトなのにこの使いやすさとパワフルさ。手軽にスムージーを楽しみたい人におすすめの1台だ。

 

全国の家電量販店などで購入可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴10年以上。アートワークや写真、料理が得意。カメラマンも務める。文具やアートの分野でインストラクターの経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック