万年筆の会社が作った『IC リキッドボールペン』はついつい書きたくなる書き心地!

 

文房具売り場に行くと、たくさんのカラーボールペンが並んでおり、どれにしようか悩む人も多いはず。今回ご紹介するのは、セーラー万年筆が手がける液体ボールペン『IC リキッドボールペン』(税別120円)。サラサラと万年筆みたいな書き味は、「ついつい書きたくなる」と言われているほど滑らかなのが特長である。

 

ついつい書きたくなるボールペンとは?

それぞれ袋入り(個包装)で販売中。

サラサラと書ける秘密は、これまでのゲルインクよりも低粘度なインクを使っているから。ボールの回転も引っかかることなく、スピードのある筆記でももちろんスルスルと書ける。

インクの出方がとてもスムーズで滑らかな書き心地を楽しめるのはもちろんのこと、鮮やかな発色も持ち味なのだ。

持ちやすさを追求したくびれのある軸とグリップも特徴的。本体の長さは146㎜。重さは14.6g。

ラバークリップ付で、持つときに指に優しい設計となっている。

ペン先のボール径は、全部で3種類。

0.38㎜ 全8色

超極細(0.38mm)は、細かい文字などを書き込む時に。

0.5㎜ 全8色

極細(0.5㎜)は、ノートや手帳など普段使いに。

1.0㎜ 全3色

太字(1.0㎜)は、宛名書きなどしっかり書きたい時に。特に1.0㎜は「ドバドバ」「ドゥルドゥル」など書き心地形容がされるほど、好きな人にはたまらない書き心地。

カラーはブラック、レッド、ベビーピンク、ブルー、ライトブルー、イエローグリーン、イエロー、オレンジの8色。(1.0㎜のみ全3色。)

手帳やノートなど、小さめの文字やイラストを書きたいなら0.38㎜や0.5㎜がおすすめ。カラーの発色も良いので、カラフルにノートをまとめたい人にも。

また、ポテッとした太めの文字が書ける1.0㎜と超極細の0.38㎜。これらを組み合わせて線幅を変えて筆記するだけでも雰囲気を変えられる。替芯(税別80円)もあるのが嬉しい。

スルスルと楽に書ける『ICリキッドボールペン』。その書き心地をぜひ試してみて。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴10年以上。アートワークや写真、料理が得意。カメラマンも務める。文具やアートの分野でインストラクターの経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック