「ナッツの女王」がドリンクで登場!『ピスタチオオレ』の濃厚なコクと香りは感動レベル!

パッケージデザインは可愛いエメラルドグリーン

 

おつまみの定番ナッツの1つ“ピスタチオ”といえば、枝豆とピーナッツを併せたような食感と少し青臭さのある独特なナッツだ。そのピスタチオが、なんと飲み物になってファミリーマートより新発売。その名も『ピスタチオオレ』。ピスタチオをペーストにして作ったらしいが、一体どんな味わいになったのだろうか。気になってしょうがないから早速購入して味を確かめてみた!

 

北海道産生クリームの口あたりとピスタチオペーストが見事にマッチ。ほどよい甘さで満足度も二重丸!

ピスタチオはウルシ科カイノキ属の落葉高木のこと。ナッツとして食べているのは、この木になっている実の部分。カリウムやビタミンB1、B6、β-カロテンなどの栄養価が高く、ナッツの女王という二つ名も持っている意外にもすごい食べ物だ。

キャラクター化したピスタチオ君(ちゃん?)発見

ただ、どんなに栄養価が高くても、ナッツのままだと殻がついていて食べるのは面倒臭い。手も汚れるし、殻のゴミも出るし、気軽に食べるのには向いていない。そんな悩みの種を取り除き、いつでも楽しめるようにしたのが、ファミリーマート限定発売『ピスタチオオレ』(240ml・希望小売価格 税抜184円・2019年5月7日発売・数量限定)だ。

ピスタチオをペースト状にし、ドリンクにすることで手軽に飲めるようになった。さらに北海道産生クリームと合わせたことで青臭さが無くなり、臭いが苦手な人でも抵抗感なく楽しめるようになったというわけ。

1本あたりのカロリーは177kcal、糖質は約49g

濃厚なピスタチオの味わいが口中に広がるのが印象的で、記者も思わず感嘆の声が漏れたほど。口に入った瞬間は生クリームの柔らかい口当たりと甘味なのだが、舌の奥の方に行くにつれて、ピスタチオの香りと味わいが爆発するかのように広がっていく。これは旨い!

液色はほぼ白。生乳が多く使われているとはいえ、もう少し緑がかっていると思っていたので驚き

ピスタチオのいいところだけを残し、苦手な人が多い部分に関してはきれいに排除されている。甘さもほどよく、後味の甘ったるさもない。そのためゴクゴク飲んでもちびちび飲んでも美味しく飲みきれるだろう。

青臭さは無くなったが、ピスタチオの香りは保持。すごい技術だ

手軽さや味わいを考えてもコスパが良く、文句なしに美味しい『ピスタチオオレ』。唯一の欠点は、数量限定だということ。すでに売り切れている店舗もあるようだ。気になった人はすぐにファミリーマートに駆け込もう。

全国のファミリーマートで数量限定で発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

トラックバック