黒ビール? いえコーヒーです! なめらかな味わいが楽しめる『ワンダフルワンダ ブラック』の新感覚ぶり

新ブランド「ワンダフルワンダ」登場

 

カフェなどでお馴染みのコーヒーが、近年新しい飲み方で楽しまれていることをご存知だろうか。泡を立ててなめらかな味わいにすることで、普段とは違う口あたりを楽しむという方法だ。この楽しみ方を持ち運びできるPETに採用したのがアサヒ飲料ワンダフルワンダ ブラックである。

 

全体をまろやかにする泡の口あたり。ただし、泡を口に入れるのにはちょっとコツが必要かも

新TVCMの「泡のコーヒー編」に人気の神木隆之介、川栄李奈を起用し、若年層や女性層をターゲットに売り出しているアサヒ飲料『ワンダフルワンダ ブラック』(無糖・500mlPET・希望小売価格 税抜150円・2019年4月9日発売)

「ワンダ」ブランドの新シリーズとして発売された、「ワンダフルワンダ」シリーズの第一弾商品だ。ちなみに、第二弾はすでに決まっており、5月14日に「ワンダフルワンダ ラテ」が発売される。

「ワンダフルワンダ」のコンセプトは、泡まで楽しむPETコーヒー。近年カフェを中心に広がる新しいコーヒーの飲み方の1つだ。ビールのようにきめの細かい泡が浮かんでおり、その泡のなめらかな口あたりによって、これまでとは違う味わいを楽しめるというわけ。

1.5cm程度の空間。これが泡立てるための工夫

PETの場合、どんなにきめ細かい泡を製造時に入れても時間が経てばすぐに無くなってしまう。これを解決したのが飲む直前に振るという方法。

意図せず振った結果泡が立つ経験は確かにあるが、これを逆手に取るとは驚き

振るだけなら従来のPETでももちろんできるのだが、『ワンダフルワンダ ブラック』には泡を楽しむための工夫がされている。それが、容器内の空寸。従来のものよりも広く空間をとったことで、初めから泡をしっかりと立てることができるのだ。

1本あたりのカロリー、糖質ともに0

さらに、握りやすいように凹凸のあるくびれたボディとなっているのも工夫ポイント。手の小さい女性でも握りやすくなっている。

それではレッツシェイク!目安は10回以上。

試しに20回ほど振ると、前宣伝通りビールのようなきめの細かい泡が表面を覆う。この泡が消えないうちにふたを開けて一口。と、ここで気が付いたのだが、PETを傾け過ぎると泡が口の中に流れ込んでこない。もう少し口径が大きいと良いのだが、ここは要改善ポイントだ。

傾け過ぎると泡が口に入らないので最小限傾けるのがポイント

というわけで、少し飲んでからリトライ。空間も広くなって泡立ちもかなりよくなったし、きめもさらに細かくなった。カプチーノに似た泡の食感が舌を刺激し、まろやかさが増したように感じる。

高級豆をブレンドしたコーヒーは苦味や雑味がほとんどなく、クリアな味わいが特徴。正直振らなくてもそのままで十分においしい。引っ掛かりがほとんどないので、いつでもスッと飲むことができそうだ。

 

全国のスーパー、コンビニで発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック