ちびだら飲みでも苦味とコク深さが欲しい人のための『UCC BLACK無糖 FULL BODY リキャップ缶』!

コーヒーは苦くなくちゃ派に!

 

缶コーヒーといえば、自販機からゴロンと飛び出した缶のプルタブを引き、一気にその苦味を喉に流し込んで一息ついたというのは、今は昔。近年はちびちび、ダラダラ飲む”ちびだら飲み”が主流となり、プルタブよりもリキャップタイプが人気に。そんな中、無糖ブラックを25年突き詰めてきた「UCC BLACK無糖」のリニューアル版にも『UCC BLACK無糖 FULL BODY リキャップ缶』が登場。「UCC BLACK無糖 缶」との違いはどうだろう?

 

無糖ブラックの源流に位置する「UCC BLACK無糖」はリキャップ可能なボトルでもしっかり苦くて、コクきっちりに!

近年ブームを呼んでいるちびだら飲み向けのペットボトルコーヒーは、通常の缶コーヒーよりも苦味を抑え、薄めに仕上げ、どちらかというとサードウェーブ以降の浅煎り主体のすっきりタイプの味わいが基本だ。

だが25年、無糖ブラックの道を突き進んできた「UCC BLACK無糖」は、リキャップ可能でちびだら飲み対応しつつも、しっかりと苦いUCC上島珈琲『UCC BLACK無糖 FULL BODY リキャップ缶』(375g缶・希望小売価格 税抜140円・2019年3月25日発売)へと進化した。

深炒り焙煎豆を2温度抽出でじっくりと抽出し、立体的力強いコク深さ=FULL BODY(フルボディ)を実現したというこの製品は、厳選アラビカ豆を100%使用して、香料無添加のまま香り高く仕上げたという意欲作。先にレビューした「UCC BLACK無糖 缶」では今どき味にだいぶ舵を切った印象だったが、このフルボディはどうなのだろうか。

 

あわせて読みたい:無糖ブラックブームの源流となる『UCC BLACK無糖 缶』がリニューアル!

 

よりコーヒーらしい苦味とコクでキリリと仕上げたストイックな味わいがかっこいい!

コーヒーは苦味に顔をしかめつつ、美味しいと感じるもの。そう思っている人なら、この『UCC BLACK無糖 FULL BODY リキャップ缶』はおすすめだ。すっきりとした味わいという共通項はあるが、こちらはズンと舌を刺激するコクと苦味が特徴。まさに本格的なコーヒー党でもしっかり喜べる、深い味わいになっている。

記者は苦いコーヒーが好きなタイプなので、こちらの方が美味しく感じた。なんというか、コーヒーらしいコーヒー。古き良き時代の苦くて飲みにくいのに美味しいという珈琲美学が伝わってくるような。香りも本当にストイックなコーヒーそのものの香り。香料無添加でこれだけ香れば十分だ。

もちろん苦味一辺倒というわけではなくて、脇役として酸味がしっかり奥に効いているから味わいが深い。これくらいガツンと来てくれた方がやはり目の覚めるコーヒー味という印象だ。

コーヒーはやっぱり苦くあってほしい、そんなこだわりを持つ人のちびだら飲みに、この『UCC BLACK無糖 FULL BODY リキャップ缶』は適しているはずだ。

入手は全国の自販機、スーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。275g缶もあり。

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック