アレンジ無限でヤミつきになる美味さ!どんな食材にも合う、かねふく『食べるラー油明太子』が万能すぎる!

 

一時期流行った食べるラー油だが、その人気は未だ留まるところを知らない。むしろ、ちょっとした流行りから、今はご飯のお供・調味料としての地位を確立して定番になりつつある。以前お試しでも取り上げた、かねふくの『食べるラー油明太子』は想像を超えたウマさで、むしろメインディッシュの地位を確立しつつある。その万能さを試してみたい!

 

明太子の専門メーカーが開発!『食べるラー油明太子』

明太子専門メーカー株式会社かねふく(福岡県福岡市)の『食べるラー油明太子 110g』(希望小売価格 税抜498円・発売中)は、たっぷりの明太子と、フライドガーリック・アーモンド・フライドオニオンを使い、ご飯やサラダなどにかけるだけで、その日のメインディッシュにもなる存在感ある新しい食べるラー油だ。

瓶の下に明太子の粒が沈んでいるのが見た目にもわかる。

以前お試しではサラダにかけてみたが、野菜や豆腐に合うことはもうお墨付き。今回は更に貪欲にそのポテンシャルを追及してみよう!

あわせて読みたい:
悪魔的な美味しさと食感に打ちのめされた!かねふく『食べるラー油明太子』がメチャウマすぎる

 

どんな食材にかけても美味しすぎる!アレンジが無限すぎてヤミつきに…『食べるラー油明太子』

蓋を開けると、フライドガーリックの香ばしさと、ラー油のパンチの効いた香りが食欲をそそった。スプーンですくうと明太子の大きさに驚く。無数にあるごろごろとした粒が、こってりとしたラー油に絡まっている。

明太子がラー油に絡まり、食欲をそそる色に!

今回は唐揚げにトッピングしてみよう。これは合わないはずがない。

唐揚げの香ばしさが増して、スパイシーチキンのようだ。具材にアーモンドやガーリックが入っているので、サクっとした食感とスパイシーさがたまらない。これは居酒屋の看板メニューになれる!

肉の弾力と、アーモンドやガーリックの歯ざわりがとても合う!

いつもの唐揚げが大変身!サクサクの食感とラー油の辛味、何より明太子の香ばしい風味が食欲をそそる。

ビールのツマミにも相性抜群!

さらに記者がオリジナルで試したかったのがラーメン! 勝手に名付けて「汁無し坦々メンたいこ」。茹でたラーメンに、蒸し鶏や水菜、温泉たまごを割り入れる。最後にネギを散らし、ゴマだれで味を整えてから、『食べるラー油明太子』をトッピング。

好みで少しずつ入れて辛さを調節。ちなみに記者はスプーン3杯。

想像通り、麺にラー油が絡み、オニオンとニンニクの香ばしさ、辛さがたまらない。ひき肉ではなく明太子! なんて贅沢だろう。

 

その他にも、具材と炒めるだけで、その日のメイン料理にもなる。

塩コショウで茄子と豚肉を炒め、『食べるラー油明太子』を小さじ3杯投入! 白米がすすむ麻婆風に変身だ。コレは調味料としてもかなり優秀!餃子のつけダレにも、茹でたジャガイモやフライドポテトに添えてもウマい。ビールのツマミにも最高だ。

この『食べるラー油明太子』は何にでも合うし、クセになる。美味しいので朝からがっつり行きたいところだが、フライドガーリックを使用しているので、朝食にすると午前中は少し風味が残った。ニオイが気になる人は朝食よりも夕食で堪能していただきたい。

 

『食べるラー油明太子』は、全国の量販店で発売中(一部店舗除く)。

また「めんたいパーク」の各店舗および自社通販サイト「めんたい通」では、オリジナルデザインで販売中だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック