驚愕の薄さ!キズ・コゲを防ぐのに…このデザイン性!?『IHmat SOFT』でキッチンインテリアをコーディネート!

 

安全で掃除もしやすいIHヒーターをキッチンに採用している人は多い。だが、いくら拭き取れるからと言っても鍋の下はキズやコゲが付きやすい。すでに対策方法を知っており、「IHマット」を使っている人も多いが、デザイン的に不満を持っている人も少なくはないだろう。そんなオシャレ感度の高い人向けの、デザインにこだわった『IHmat SOFT』が新発売。その実際の使い心地を確かめてみたい。

 

デザイン性の高い『IHマット』とは?

インテリアを邪魔しないデザインと薄さが特徴  Instagramより @h._.haus さん撮影

『IHmat SOFT※デザイン4柄(2枚税込1,555円・直径約21㎝)は、東洋アルミエコープロダクツ株式会社(大阪府大阪市)から、2月18日より発売されているIHヒーターの、キズや汚れを予防する為の保護マット。

 

インテリアの雰囲気に合うように考案されたデザイン4選!

『IHmat SOFT』の新デザインは、どのような柄が好まれるかを研究し、試行錯誤して完成!「モロッカン、大理石、サーフ、リーフ」の4種類。

試行錯誤で考案された4種類。

なんと2月18日の発売早々にオンラインショップランキング第1位に輝いている人気商品! 記者は、シンプルで何色にも合いそうなモロッカンや大理石が好み。

ナチュラルやシンプルテイストにも合うモロッカン

大理石は、ニューヨークスタイルなど洗練された雰囲気にマッチ

西海岸風の雰囲気に合わせたビンテージ調のサーフ

リーフは、ナチュラルや、北欧風のかわいらしいキッチンの雰囲気

何よりも、記者が驚いたのはこの薄さ! 聞いてはいたものの、本当に薄い。なんと、曲がらないよう裏に当てられていたシートを保護するための厚紙よりも薄い!

「大丈夫なの?」と心配してしまうほど薄くてペラペラ。しかし、燃えにくいガラス繊維で出来ていて、とても丈夫らしい。薄くてもキズ・コゲをしっかり防止できる。また、薄いので熱もしっかり伝わり、汚れた場合には水洗いが可能だという優れもの!とはいえ、消耗品なので、汚れが気になりだしたら、捨てて気分転換できるのも特徴の一つだ。

紙のような薄さ!

実際にIHに敷いてみると、厚みがほとんど感じられない。これで衝撃から守られるのか、ヨレたりしないかと心配になる。だが、しっかりと密着するのでぴったり張り付いて留まっている。

裏は黒。ザラっとした手触りだがピタリと密着するとヨレにくい。

洗剤を使わなければ、水洗い可能だということで実践してみたが、ガラス繊維というだけあって、水弾きが良い。上から拭いてもヨレないので拭き掃除でのお手入れでもOK。

ガラス繊維を織り込まれた丈夫な作りで、水を弾きそうな素材。

IHを使う人の声から考案されたというだけあって、実際に置いてみると良さがわかる。うるさすぎないデザインで、インテリアの邪魔をしないのがいい。

もともとデザインされているかのようなデザインと密着感。  Instagramより @pink.m.k さん撮影

熱伝導は大きく変わらない。妨げにはなっていないようである。

記者的には、心配になるほどのこの薄さが気に入った。シンプルなデザインと薄さで、一体化したかのような印象を受け、IH本体に『IHmat SOFT』の柄が印刷されているように見える。まるでオリジナルの逸品になったかのようである。消耗品なので汚れたら、新しいデザインのマットに変えて、色々な雰囲気を楽しんでみてもいいかもしれない。

左からカトラリーブラック・リースブラック。

また、今回紹介した4柄とは一味違うデザインで、黒ベースに白の柄が入った「カトラリーブラック」と「リースブラック」は、そのスタイリッシュさがインテリアにこだわりたい人にマッチして、人気を博している。

インテリアに合わせて自分好みにチョイス! Instagramより @mtokt さん撮影

IHをキズや焦げから保護できて、インテリアに合わせた好みの柄を選べる『IHmat SOFT』を春からの生活に取り入れてみてはいかがだろうか。

 

東洋アルミエコー直営オンラインショップ、またはメーカー直営楽天オンラインショップより購入可能。

公式Instagramでも使用イメージやキャンペーンなど実施中なのでチェックしてみよう。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/岩崎玉恵

トラックバック