メイン料理になる実力派!『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』で本格的なお店の味

 

たまには自分以外の料理の味を楽しみたい…そう思う人は多いだろう。例えばいつものハンバーグやオムレツが、お店のような味になったら、それだけで食事が楽しくなるはず。『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』は、かけるだけでお店のような味を実現することが出来る。その実力の程を検証!

 

日本で初めてウスターソースを販売した老舗

調味料の販売を手掛けるイカリソース株式会社(大阪府大阪市)は、日本で初めてウスターソースを販売した老舗ソース会社。なんと創業は明治29年! 創業以来、120年以上も食卓のそばに寄り添うソースやドレッシングを開発してきた。これは期待出来そう。

 

具材感が楽しめるソースで普段着をドレスアップ

『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』(販売価格290円(税別)・180mlは、すりおろしたたまねぎの食感と、トマト、2種類のビーフエキスのコク深い味わいで、冷めても美味しいデミグラスソース。

普段の食事にプラスするだけで、普段着がよそ行きになる、汎用性の高い食卓のアイテムだ。また、ソースに脂質が少なく、かける食材が覚めても美味しいので、お弁当にも使えるというのもポイントが高い!

ハンバーグやオムレツ、お弁当にも!

 

スパイス香る『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』

キャップを開けて嗅いでみると、スパイシーな香辛料のいい香り。皿に移してみると、もったりとしていて濃い。

濃いめの茶色

舐めてみると、やや酸味が強め。たまねぎの甘味とビーフの旨みが酸味をうまく逃がしている感じ。トマトの酸味や野菜が好きな記者には、好みの味。

スパイスが香る

 

出してかけるだけ!時短にも一役

デミグラスと言えば、定番はハンバーグやオムライスだろう。ハンバーグには言わずもがな良く合う。肉と合わせると酸味がやや中和された。ソースがしっかりした味なので、ハンバーグの下味を濃くしすぎないほうがおススメ。

直接かけるだけで…

ハンバーグのデミグラスソースがけが完成!

温めないままで試食したが、十分美味しかったので、お弁当に使用しても良いだろう。ハンバーグを用意しておいて、詰めたらかけるだけ。忙しいママにも重宝しそう。ちなみにブロッコリー単独に使用してみたが、ソースの味がしっかりしているので、ブロッコリーが苦手な方でも食べられそう。メイン料理だけでなく、付け合わせの野菜のドレッシングとしても使えそうだ。

 

お店の味を自宅で!オムレツが豪華に変身

記載にもある通り、オムレツでも実食! 味付け無しのプレーンオムレツを作り、ソースをかける。卵2個に大さじ1くらい。ハンバーグよりもたまねぎ感や酸味がわかる。記者的にはこちらが好み。たまねぎの風味とトマトの酸味で、プレーンオムレツがご馳走になった。

玉ねぎ、トマト、ビーフエキス、ワイン等が使われた本格派

更にキノコをソテーして、『すりおろしオニオンとトマトのデミグラスソース』で味付けすれば、オムライスのソースにもなる。お店で食べるような、キノコのデミグラスソースのでき上がり! キノコは軽くバターでソテーすることで、ソースにコクが出て更に美味しくなる。

オムレツにも

 

パンやパスタにも使える優秀なアイテム!

ソースをスプーンにとってみると、思いのほか滑らかだ。パンに塗れそう…。実際にパンに塗って、ピザトーストにしてみた。伸びが良いので薄めに塗ったが、しっかりとスパイスが効いた濃厚なソースの味。そして何よりチーズに合う!

薄く塗っただけでしっかりとした味つけに

パスタやラザニアに使ってもいいかもしれない。アレンジが効いて、メイン料理に使えるので、忙しい時に重宝しそうな予感。冷蔵庫に1本ストックしておきたいアイテムだ。

 

購入は公式サイトよりオンラインショップにて可能だ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック