調味料感覚で使える細かさの塩ふき昆布『細かく刻んだ塩っぺカット』

 

ブンセンの塩ふき昆布「塩っぺ」シリーズより『細かく刻んだ塩っぺカット』が新発売。細かくカットしてあるので、時短料理にも最適。この細かさは調味料感覚でいろんな料理に使いやすい。今回は「きゅうりのお漬物」と「おにぎり」のレシピをご紹介!

 

ブンセン株式会社(兵庫県たつの市)の『塩っぺ』シリーズは肉厚の昆布を本場龍野の本醸造の醤油でじっくり炊き上げ、時間をかけて乾かして作られている。

『細かく刻んだ塩っぺカット』(税込167円・27g)は、一般的なものよりもさらに細かくカットしてあるタイプ。昆布には食物繊維とミネラルがたっぷり含まれているので、手軽に摂取できるのが嬉しい。

使い方も様々で、お弁当のごはんに混ぜたり、おにぎり、お茶漬け、出し巻き卵にチャーハン、トーストのトッピングなどアイディア次第で、幅広く使える。

チャック付のパッケージだから保存も楽々!

細かくカットしてあるので、素材への馴染みも早い。

 

時短!手軽!『細かく刻んだ塩っぺカット』でパパッと2品

『細かく刻んだ塩っぺカット』を使って、早速簡単レシピを作ってみよう。レシピは記者オリジナルだ。

きゅうり:1本、千切り生姜:10g、細かく刻んだ塩っぺカット:大さじ1

まずは、きゅうりと生姜のお漬物。『細かく刻んだ塩っぺカット』を使えば時短。漬け時間5分程度で、旨みのあるお漬物が完成する。

作り方も簡単。きゅうり、千切りにした生姜、塩ふき昆布を袋で軽く合わせるだけ。

生姜の風味と塩ふき昆布の旨みが美味しい。新鮮な野菜で作るお漬物は美味しさがまた格別。

ごはん:茶碗2杯分、しその葉:3枚、細かく刻んだ塩っぺカット:大さじ2

次はこれからのお花見シーズンにもおすすめのおにぎり。炊き立てのごはんに、白ゴマ、しそ、『細かく刻んだ塩っぺカット』を加えて混ぜ合わせよう。

ごはんに馴染んだ昆布の旨み、白ゴマとしその香りが食をそそる。すぐに頂いても、少し時間が経って味がじんわり馴染んでからでも、どちらでも美味しく頂ける。

ブンセン「塩っぺ」シリーズには他にも、定番の細切昆布「塩っぺゴールド」、塩分40%カットした「減塩塩っぺエンゼル」、漬物専用の「お漬物塩っぺ」、角切りタイプの「角切り塩っぺ」などがある。お好みの使い方に合わせて、美味しい塩ふき昆布をぜひ食卓に。

あわせて読みたい:
長年食卓で親しまれている あの『塩っぺ』シリーズから、素材の旨味を最大限生かした塩ふき椎茸『塩っぺしいたけ』が新発売!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴10年以上。アートワークや写真、料理が得意。カメラマンも務める。文具やアートの分野でインストラクターの経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック