サッと取り出し挟むだけでカンタン裁縫! 乾電池/USBでも動くコンパクト電動ミシン『どこでも使える電動ちょっとミシン』

この見た目でミシンだなんて!

 

裾上げや洋服のほつれ等、ちょっとした裁縫をしたい時に、わざわざミシンを出すのは面倒。でも、手縫いはもっと面倒くさい…。それを解決するアイテムが『どこでも使える電動ちょっとミシン』だ。なんとステープラー(ホチキス)のように挟むだけで、縫いたいところを縫製出来ると言う。なんと初回生産分は完売の為に、再販待ちだそうだ。その実力を実際に検証してみたい。

 

面倒な縫い物に気楽に取り組める、USB/単三乾電池4本駆動の簡易ミシンの底力!

「どこでも使える電動ちょっとミシン」(226×50×150mm/232g・販売価格 税込1,980円※送料別・予約受付中)は、普通の布地はもちろん、厚みが4㎜程度であれば、デニムの布地にも使用が可能というから心強い。

 

そのパワフルさながら、動力はUSBか単3乾電池4本という省エネタイプだ。USBで動かすことが出来るので、オフィスでちょっとしたほつれを発見した際にも役立つ。コンパクトなので、机の引き出しにも収納しておける優れもの。

USBで動くので、オフィスに常備しても◎

 

 

3ステップで準備できる手軽さ

ステープラーのようにカンタン、とは言っても、ミシンどころか裁縫が得意ではない記者。果たして使いこなせるのだろうか…。ミシンに触るのは20年ぶり位なので、実際に糸を通すところから試してみたい。

本体、ボビン3個(1個は本体にセット済)、 予備ミシン針、糸通し、スピンドル、USBケーブルに、簡易日本語説明書が付属

 

説明書に記載されている通りに、通して行く。本来、ミシンは下糸が必要だが、この「どこでも使える電動ちょっとミシン」は下糸がいらないらしい。思いのほか簡単でほっとした。

 

 

パワフル!スイッチを押すだけでデニムも縫える

さて、次は縫う作業。乾電池が入っているにも関わらず、とても軽くて小さい。おもちゃみたいで、本当に縫えるか正直半信半疑である…。布押さえを手で引き上げて、縫いたい箇所を挟むと、意外にしっかり押さえられている。

手で簡単に押し上げられる

まずは1枚の薄いポリエステル素材から。スイッチは押すだけでOK。

スイッチを押すだけで動く。持ち運びに安全なようにロック機能も有り

横に縫って行くので、ガチャガチャと少し大きめの音で、ホチキスをスライドしているような感覚。慣れていないとスピードが速く感じるかもしれないが、スイッチを離せば止まるので、自分のペースで縫える。

次はデニム素材で試してみる。

折って2枚にしたデニム素材のパンツ

折った2枚の状態で、本当に縫えるかどうかを検証。デニムも難なく縫うことが出来た。

しっかり挟んで横に縫って行く

きちんと縫えているか、縫い目を両手で引き離してみる。袋菓子を開ける位の力は必要だった。強度も申し分ない。

しっかり縫い付けられている

 

 

手軽に使えて持ち運び便利!子どもの裾上げやイベントにも大活躍

この手軽さなら、ちょっとしたほつれや雑巾を縫うのも簡単だ。成長期の子の裾上げにだって、すぐ対応出来る。

 

ダイヤルを回して針を本体に収納すれば、カバンに入れて持ち歩くことも出来るので、手芸をする人であれば、流行りのハンドメイドのイベントなどにも持って行けるだろう。これは人気なのも頷ける。

ダイヤルを回せば針が収納出来る

記者も調子に乗って、テディベアの手芸に挑戦。いびつさはともかく、見ていただきたい。耳や手足の円いカーブや、細かい縫い付けは器用さもあるのか難しかったが、ある程度直線であれば、このちょっとミシンで縫うことが可能。ハンドメイドをする人にもおすすめだ。

足や手の先、耳、縫い付けは手縫い。長めの直線はミシン可能

現在は好評につき売り切れ状態だが、次回入荷情報は公式サイトから確認できる。予約も受付中だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 岩崎玉恵

トラックバック