韓国コスメメーカー『ミシャ』から待望の新商品!シミ・毛穴・ニキビ跡・青クマなど悩み別でカバーできる4色の高機能コンシーラーがさっそく話題に!

驚きの高機能とコストパフォーマンス!

 

クッションファンデで人気の高い、韓国コスメメーカー『ミシャ』から待望の新商品!お肌の悩みで多い、シミ・毛穴・ニキビ跡・青クマなどの肌トラブルを悩み別にケアできる、コンシーラーが新登場。発売早々「プチプライスなのに驚きの高機能!」と話題になっているコンシーラーをさっそくチェックしてみた!

 

ベースメイクで、気になる肌悩みはやっぱりシミ・毛穴・ニキビ跡・青クマが代表的なのではないだろうか。コンシーラーで隠そうとしても、すべての肌悩みに対して1色のハイカバーコンシーラーを使用してしまうと、使う部分によっては色が浮いてしまったり、不自然な印象になってしまう可能性も…

official images

そんなお肌のトラブルを悩み別にケアできるコンシーラーが、2019年2月9日に株式会社ミシャジャパン(東京都港区)から発売された。新発売の『ミシャ ザ コンシーラー (全4色・各 税抜750円)は、肌悩み別に”色”を選んで使えるチップタイプのコンシーラー。本当にシミや毛穴、青クマが目立たなくなるのか、実際に検証してみた!

 

気にる部分を自然にカバーできる4色のカラー設定

official images

『ミシャ ザ コンシーラー』は、グリーンベージュ・ピーチベージュ・自然な肌色・明るい肌色の全4色。

ピンポイントで気になる部分を自然にカバーすることができる秘密は、この4色のカラー設定にある。どのカラーにも、ツボクサ葉エキス、チャ葉エキス配合で、気になる部分をしっかり保湿ケアし、乾燥によるメイク崩れも防ぐことができる。ツボクサ葉エキスは今、韓国や欧米で注目の高いCICAクリームに配合されていて、ケア効果も期待できる成分だ。

 

まずは、KUMA(ピーチベージュ)から試してみよう。ピーチベージュは、目の下のクマに有効。

《ビフォー》

目の下の気になる部分に点在させ、指でトントンと馴染ませていく。仕上げに、コンシーラーを塗っていない部分との境目を、なじませるとより自然な仕上がりになった。

《アフター》

寝不足やストレス・血行不良などでできる青クマに強く、ピーチカラーをプラスすることにより、目元に透明感が生まれ、頑固な青クマも目立たなくなる。

 

次に試したNo.21明るい肌色No.23自然な肌色の2色は、毛穴やシミ・シワなど幅広く使えるマルチカバータイプ。

No.21明るい肌色

No.23自然な肌色

頬のくすみもカバーしてくれるので、初めて使用した時はかなり驚いた。

《№23自然な肌色 ビフォー》

《№23自然な肌色 アフター》

紫外線によるシミや、年齢を感じやすい毛穴をしっかりカバーし、素肌美人に魅せたい時に有効である。

 

最後にAKAMI(グリーンベージュ)は、文字どおり赤みをケアできるコンシーラーで、肌にできた赤ニキビ&ニキビ跡をカバー。

補正色であるグリーンを使うことで赤みが抑えられ、きれいにカバーすることができる。先がチップタイプになっているので、ピンポイントのニキビにも使いやすい。

 

実際に使ってみて感じた4色共通の特長は、肌につけて伸ばした時にピタッと瞬時に馴染むフィット感。しっかり肌に密着しているので、よれたりすることなく崩れにくい。速乾性タイプなので、塗った直後からサラサラしている。

使用カラーは、グリーンベージュとピーチベージュ

伸びが良く、付け心地も良い上に、朝8時頃メイクをし、夕方になってコンシーラーを塗った目の下、頬のトップなどをチェックしたが、崩れることなくキープされていた。1日つけてもメイク崩れがしないのは毎日化粧する人には嬉しいポイント!

また、コンシーラー本体の高さが9cmとコンパクトサイズなので、ポーチに入れて持ち運びしやすく外出時のメイク直しにも使いやすい。

 

『ミシャ』だからこその質とコストパフォーマンス

実際に使ってみることでコンシーラーのカバー力と持続力に驚いたが、さらに驚いたのがその価格。1本あたり何と税抜750円!自分の悩みに合わせて2~4色買ってもお財布に優しいプチプライス。グリーンベージュ・ピーチベージュ・マルチカラータイプ(肌色)を数本持っていることで、その日の肌状態に合わせケアしながらカバーしよう。

 

いつものコンシーラーでうまく肌悩みが隠せないと悩んでいるなら、悩みに合わせて選べる『ミシャ ザ コンシーラー』を試してみてはいかがだろうか?

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック