新学期・入学入園準備中のパパママにもおすすめ!ワッペンや名札つけが『裁ほう上手スティック』で簡単に!

 

新学期を迎える子どもや、春から入学・入園を控える子どもの準備で、意外と面倒なのが持ち物への名前つけではないだろうか。特に、布製品などにはペンでは書きにくいし、できれば名札などで可愛く名前をつけてあげたい。そんな時に『裁ほう上手 スティック』を使えば、針や糸、アイロンも不要で簡単に名札が付けられる。ワンポイントになるワッペンや名札付けも塗るだけで簡単に仕上がり、持ち物にちょっとした個性を出したい時にもおすすめ!

見た目の通りスティックのりのような形をしている『裁ほう上手 スティック』(参考小売価格 税抜330円・6ml)は使い方もとても簡単。スルスルと塗布することが出来て、アイロンでの接着は不要。使い方のポイントは、貼り付けたい布の両面に塗ること。塗った後は24時間放置すること。強力接着なので、洗濯・ドライクリーニングができ洗濯の回数が多い子供の持ち物でも大丈夫。

 

主な用途は、ズボン・スカートなどのすそ上げ・直し、布同士の接着、ポーチなどの小物制作。接着できないものは、薄手の生地、撥水加工など特殊加工を施した生地、凸凹のある生地、毛足の長い生地、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、シリコーン樹脂、フッ素樹脂、貴金属、高価格品(スーツ・ドレス等)。

あわせて読みたい:
洋服の裾のほつれも塗るだけで簡単にお直しできる!『裁ほう上手 スティック』これ1本におまかせ!

 

新学期の準備に!名札つけが簡単に。

まずは名札つけをしてみよう!市販の名札でも接着が可能だが、オリジナリティを出したいならリボンを切って使うのもおすすめ。子どもが選んだ好きなリボンをつければ自分だけのお気に入りを簡単に作れそう。

貼り付けたい位置を決めて、ワッペンの裏、くっつけたい布の表にムラなく均一になるように塗る。あまりたっぷりと塗りすぎると、生地が硬くなりすぎたり、表面にのりが出てしまったりするのでそこは気をつけよう。布の両面に塗ることがポイント。

生地が接着するように手でしっかりとおさえる。貼り合わせたら、重量のあるものをのせ動かさないように。約24時間放置すればしっかりとくっつく。

 

ワッペンをつけよう!

次に、持ち物にワッペンをつけてみよう。

布製品へのワッペンの貼り付けにも。もちろん針や糸は不要。こちらも両面にしっかりと『裁ほう上手 スティック』塗っていくのがポイント。細かな部分はステイックの角を使うと塗りやすい。

こちらもしっかりと手で貼り合わせたあと、重たいものをのせて24時間放置するだけ。

これで完成!特に名札などは縫い目がないので、ボコボコしないのもいいところ。

購入は、手芸店・ホームセンター・コンビニ・スーパーにて。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発の経験あり。ライター歴10年以上。料理やアートワーク、写真が得意。文房具好き。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック