コントの小道具のような見た目だけれどきちんと美味しい『カルビー コ~ン コーンあじ/チーズ味』!

コ~ンおじさんが誕生するのか!?

 

さながらコント、もしくはアニメ劇中で使用されるフェイクのパッケージのような見た目なのが『カルビー コ~ン コーンあじ/チーズ味』。まだ関東、中部、東北という限られた地域での発売のみだが、そのシンプルな美味しさに感動する人、続出中だ。

 

ポテトスナックメーカーが腕によりをかけて生み出したシンプルな美味しさのコーンスナック!

カルビーは基本的に「カルビー ポテトチップス」「じゃがりこ」「Jagabee」「サッポロポテト」などに代表されるポテトスナックのメーカー。まあ、小麦粉スナックの「かっぱえびせん」や「フルグラ」などのシリアルも作っているので、厳密ではないけれど。通常は傘下の「ドリトス」「チートス」「マイクポップコーン バターしょうゆ味」で知られるジャパンフリトレーがコーンスナック方面を担当することが多い。

しかし最近ではフリトレーから「ドラゴンポテト」が出たり、カルビーから「とうもりこ」が出たりしているので、その常識はだんだん当てはまらなくなっている。そんな中登場したのが、カルビー『カルビー コ~ン コーンあじ/チーズ味』(50g・標準小売価格 税抜98円・2019年1月28日発売)だ。このパチモン感あふれるパッケージはわざとだと思うが、味はどう仕立てたのか、気になるので食べてみたい。

 

 

『カルビー コ~ン コーンあじ』

軽く混乱させられるのが、「カール チーズあじ」が緑でコーン味に近い「カール うすあじ 」がイエローベースのパッケージだったところ。ちょうど逆

開封すると、漂ってくるこの香り…。これ、「キャラメルコーン」(東ハト)の香りではないだろうか。甘いコーンの香りにときめきつつ、パクリ。サクサク軽い食感を経て、口溶け段階へ。けっこう分厚いので口いっぱいに頬張るとなかなかに幸せな気分だ。この幸せ感はポテトよりコーンスナックの方が強く感じるのは、記者だけだろうか。

シンプルに美味しくてうれしい。甘味の奥で感じられる塩気もいい。そしてコーンスナックのお約束である歯にくっつく感。あとから来た王道スナックの味わいだ。

 

 

『カルビー コ~ン チーズ味』

開封すると、チーズの香りがムワッと。またしても他社製品で申し訳ないが、明治「カール チーズあじ」を思い起こしてしまった。試しに一個を直接鼻に近づけて嗅ぐと、軽くむせ返るくらいすごい。

このハート、ニオイきつめ

でも食べると非常に美味しい! 噛むほどにチーズのちょうどいい濃い味がする。いくらでも食べられそうでやばい。さすがカルビー、やめられないとまらないの血統を継ぐこんなチーズコーンスナックを誕生させるとは。

現在では「カール」は全国販売を終了し、西日本限定になっていることを考えると、東日本のコーンスナックフリークファンにはうれしい商品ではないだろうか。

東北・中部では2019年1月7日に先行発売、1月28日から関東・中部 (山梨県)で発売を開始している。基本的にコンビニ以外での販売。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック