お腹が張ると笑顔も曇る! 『ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル』は水なしでのめるチュアブルタイプ、ぽっこり無くしてにっこりに!

 

デート中などはもちろん、仕事中でも勉強中でも気になって集中できなくなるのが、不快なお腹のハリ。どうにも調子が悪いと感じたら、2種類の乳酸菌と生薬、消泡剤が一緒になって腹部膨満感を改善してくれる『ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル』に頼ってしまおう。

 

便秘によるガスだまりでお腹がぽっこり、を回避するバッグに忍ばせたい秘密兵器!

近年大注目を集めているのが、腸内環境。まるであらゆる不調が腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスが崩れることによって起きるような気がしてくるくらい、世間的には腸を制すものは健康を制すと叫ばれている。

みんなおなじみ・乳酸菌のくすり「新ビオフェルミンS」

 

生後3ヶ月から飲める「新ビオフェルミンS細粒」

ただ全ての不調が腸の不調が原因というわけではないけれど、重要な役割を果たしているのは確か。そんな時におなじみなのが「ビオフェルミン」シリーズ。整腸剤の代名詞的な存在で、「新ビオフェルミンS」(指定医薬部外品)などは、誰もが一度はのんだことがあるのではないだろうか。

さらに頼り甲斐のある内容にパワーアップ

今回紹介するのは第3類医薬品となる、2種類の乳酸菌と生薬、消泡剤を配合して便秘とお腹のハリを改善してくれるビオフェルミン製薬『ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル』(第3類医薬品・30錠/60錠・希望小売価格 税抜1,100円/1,900円・2018年10月発売)。ではどのようにぽっこりお腹に対処してくれるのだろう。

まずヨーグルトでもおなじみのビフィズス菌とラクトミン(乳酸菌)が腸内フローラのバランスを整えるために頑張る。そして生薬のケツメイシエキスが腸の働きを整えて便を出しやすい状態に持っていく。さらにジメチルポリシロキサン(消泡剤)が、ぽっこりお腹の原因となる腸内に溜まったガスの気泡を潰してハリを改善してくれる。

和漢生薬として知られるケツメイシ(決明子)は、このエビスグサの種子から作られる生薬

つぶす、働きを整える、ガスが出にくい環境に持っていくという3つの特徴で、ぽっこりをやっつけてくれるというわけだ。

ミントタブレットのように舐めても、噛んでも、どちらでもOK

普段から便秘やお腹のハリに悩んでいる人にとっては、ヨーグルト習慣もポピュラーだし、乳酸菌製剤も習慣にしている人も多いのでは? でもそれでも光が見えてこないなら、この腸の運動に喝を入れてくれるケツメイシエキスやガス自体の気泡を潰してくれる消泡剤入りの『ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル』に頼る頃合いである。

もちろん普段は大丈夫でも、食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレスなどで、いとも腸内フローラのバランスは崩れてしまうもの。なのでこの持ち歩きやすい軽々樹脂ボトルはうれしいし、ほんのり黄色い灰色の水なしでのめるチュアブル錠というのも使いやすい。

用法・用量は(15歳以上)1回1錠、1日3回。入手は全国の薬局、ドラッグストアなどで可能だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック