赤ちゃんと検証!『チュチュ パパあらって なめらかタッチ』でお父さんが赤ちゃんのボディを洗ってみた!

親子3人での楽しいバスタイムに!

 

赤ちゃんとのお風呂は楽しいけれどちょっと不安! 新発売の『チュチュ パパあらって なめらかタッチ』は、赤ちゃんのボディを隅々まできれいに洗いやすいと評判の育児アイテム。特徴は、使い方は? どう便利なの? ママライターがパパと赤ちゃんと一緒に実際に使ってその魅力を確かめてみた!

 

手袋タイプは本当に使いやすい? 乳幼児のお風呂におすすめな『チュチュ パパあらって なめらかタッチ』新発売

ジェクス株式会社(大阪市中央区)『チュチュ パパあらって なめらかタッチ』(1枚入・実勢価格 税抜500円・2018年12月3日発売)は、小さくてデリケートな赤ちゃんの肌を洗うための便利なアイテム。抱っこしたままボディを丁寧に洗える手袋タイプだから、「洗いやすい!」と人気を呼んでいる。

 

赤ちゃんのお風呂は、生まれて1か月ほどはベビーバスで柔らかなガーゼを使って丁寧に体を洗うけれど、大人とおなじ浴槽に入れるようになってからは洗いにくさを実感することが多いと思う。

スポンジでは洗いにくいすみずみまでキレイにラクラク!

首が据わっていないうちはもちろん、首が据わってからももちもちぷるぷるお肌は滑りやすいし、タッチを始めてからは動き回ってなかなかじっとしてくれないし、お風呂で格闘している人も多いのでは?

また、記者は赤ちゃん用のスポンジを使っているが、この場合は衛生面がかなり気になる。ガーゼなら毎日洗濯できるが、スポンジは洗濯すればするほど弾力がなくなるし、浴室に置きっぱなしだとカビが生えそうで心配。『パパあらって なめらかタッチ』なら、手袋タイプで洗いやすい上に、スポンジでは不安な衛生面も乾きやすいから安心できる!


さっそく実際に使ってみて、その使い心地を確かめてみよう!

 

 

『チュチュ パパあらって なめらかタッチ』の使い心地は?手にフィットする手袋タイプの魅力を実感!

今回実際に使ってみたのは、お風呂が大好きすぎてじっとしていない2歳半の娘とパパ。

パパは一般的な男性よりは手が小さめで、娘のお風呂は頻繁に入れているので不慣れではないが、「スポンジだと首やお腹のぷにぷにしたところが洗いにくい」「力加減がむずかしい」という悩みがある。

『チュチュ パパあらって なめらかタッチ』は商品名から察するに、入浴に不安のあるパパにお勧めのお風呂用てぶくろだと思ったが、男女兼用で左右兼用でもある。中身を見てみるとわりとサイズは小さめで「これ大丈夫?」と少し心配になった。が、実際に手に嵌めてみると、伸縮性のある素材だから「きつくないのにフィットする」という不思議な感じだ。

素材には、デリケートな赤ちゃんのお肌にやさしい撚糸加工繊維と抗菌加工繊維を使用。一般的に売られている赤ちゃん用のスポンジと似た印象で、手触りは綿にかなり近い。1歳と過ぎると「ガーゼだと柔らかすぎる」と感じたので、肌に優しくちょうどいいしっかり生地という感覚で好印象。


しかもこのたびのリニューアルで、ふわふわ感がさらにアップしたという!


使い方は簡単。ボディソープや石鹸でよく泡立てて、手袋をはめるだけ。泡タイプの洗浄剤なら、手袋をお湯で濡らして泡をつけるだけでOK。

液体ボディソープの場合は、はめる前に手袋に揉み込んでよく泡立ててから手にはめた方が泡立ちがよかった。生地の目が細かすぎず粗すぎないから、ほどよく伸縮して手にフィットして洗いやすい。

手袋タイプだと指先の感触がわかるから、首やお腹など肌がぷにぷにしているところのすみずみまで「洗えている」という感覚がある!

そして感覚を確かめながら洗わなくてよいから、とにかく早く洗える! 歩き出してからこんなにスムーズに洗えたのは初めて、と思えたくらいスムーズに洗えて嬉しかった。泡をすすぐときも泡切れがよくて絞るのもラクラク。

また、スポンジと違って薄手だから、手首側にある紐でひっかけて吊るしておけばすぐに乾くのも魅力。衛生的で使いやすい、これは乳幼児のいる家庭にかなりおすすめ! お風呂がもっとハッピーになるアイテムだった。

『チュチュ パパあらって なめらかタッチ』の実勢価格は税抜500円。一般的なお風呂タオルやボディスポンジの中では平均的な価格で、この使いやすさは見逃せない。男女兼用で、左右兼用。購入はチュチュ公式通販サイト、もしくはお近くのベビー用品店または雑貨店、ドラッグストアなどで。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/椿 景子

トラックバック