週に2回、あるフルーツを塗るだけの育毛!? 明かされたインドネシア伝承の知恵、リピート率94.4%の秘密とは 【sponsored by ランブット】

sponsored by ランブット

 

シャンプーのたびに排水口に流れていく抜け毛を見てもったいないと思う、着席時に後ろに人が立たれると落ち着かない、海やプールなどの頭が濡れる可能性がある場所には近づきたくない…。

 

そんな頭髪に問題を抱えて、今までいろいろ育毛剤やサプリメントに頼ったけれど、効果が出なかった人にこそ、このインドネシア伝承の知恵から生まれたランブットが頼りになるという!

なぜ「育毛剤」では髪が生えてこないのか?

自身の毛髪に悩んでいる方は今までいろんな育毛剤をためしてきたことだろう。育毛をするのに「1日たりとも無駄にできない」と考え、毎日のケアを欠かしていないことだろう。けれども、それで結果が出ただろうか?

 

もし、結果が出ていなかったとしたら、もう少しこの先を読んでほしい。育毛剤の目的とは、そもそも何だろうか。それは、頭皮を刺激し産毛を生やすことだ。

 

うん?それでいいんじゃないの?

 

と思うかもしれないが、薄毛の原因は産毛が成長しきれずに途中で抜けてしまうこと。途中で抜けてしまうのだから、育毛剤で刺激をして産毛を生やすことに成功したとしても意味が無い。となると、重要なのは頭皮を刺激して産毛を生やすことよりも、産毛が最後まで育つ環境を作ることなのだ。

 

産毛を生やすことを目的にしている既存の育毛剤とは一線を画し、頭皮環境を改善することに重きを置いたある商品が話題になっているという。ほぼ全ての育毛剤が毎日使うことを推奨している中、「週に2回」と使用回数の少なさも際立っているらしい。

 

今までの育毛剤の常識を覆し大いに話題をさらっているのが『ランブット』。しかも、リピート率は驚きの94.4%。なぜ、「週に2回」という使用回数で効果が出るのか、また、メーカーとしてもそんなにメリットが無さそうな提案をするのか。その由来は、インドネシア産のあるフルーツにあるらしい。

 

 

インドネシアの美容室で驚きの光景!あるフルーツを頭に塗っていた

インドネシアの美容室の日常的な光景。そこでは、「ノニ」というフルーツを美容室で当たり前のように塗っているという。

インドネシアでは当たり前のようにノニを頭に塗るらしい

 

 

「ノニ」と言えば、セレブが愛飲して注目されたスーパーフルーツ。140種類以上の有用成分が含まれていて、類を見ないということでノニジュース専門店もできるなど、一大ブームとなった。飲料としての有用性については、周知のとおりである。

 

 

しかしノニ研究で数々の論文を世に送り出した第一人者である西垣敏明医学博士は、そうした豊富なビタミンCやミネラル、ポリフェノールの補給源としてだけ考えるのは、実にもったいないと語る。
「豊富な栄養素を含有しているところから”奇跡のハーブ”と称されるノニには、他の一般的な食用植物には含まれていない、特別な成分があるのです

ノニ研究の第一人者が注目する成分って??

 

 

その成分がなんと、育毛に役立つというのだ!先程、紹介したようにインドネシアでは専門の美容室があるほど、頭にノニを塗ってヘアケアをすることは常識。それがどんな効果を発揮するかは、世界トップ20に入る薄毛大国の日本薄毛の悩みが非常に少ないインドネシアという国家レベルの比較でもわかるだろう。これはもう悩みの少ない国の生活習慣を大いに参考にするしかない!

“フルーツ(ノニ)を頭に塗る”という日本人にとって驚きの習慣を、日本人が日頃から使いやすいように仕上げた新機軸のヘアケアトリートメントがランブットなのだ。

 

 

食用植物の中ではノニにしか含まれない、とっておきの成分とは?

 

日本でも若い女性の間で、ノニジュースをシャンプーに混ぜると髪が豊かに美しくなるという噂が流れていたこともあったので、全くのノーマークではなかったらしい。

 

 

ただその髪や頭皮に良い原理はというと、わかっている人はほぼいなかった。正解は、含まれるたくさんの栄養素の中の「イリドイド」という成分。これは植物が虫に葉などを食べられてしまった時に、分泌してその葉を補修するために出している成分。エイジングケアに欠かせない成分として、注目を浴びている。この「イリドイド」、ノニ以外の一般的な食用植物には含まれていない貴重な成分なのだ。

 

それに加えて、他にも血管拡張作用や抗炎症成分として知られるスコポレチンや酸化(老化)を防ぐSOD酵素がその「イリドイド」のサポートをして、健康な頭皮にアプローチしているのだという。

 

 

浸透させれば週2回で十分!!「育毛剤は毎日使うもの」ではなかった!?

ノニがいくら育毛に有効な成分であったとしても、それが浸透しないのでは意味がない。それはノニで無くてもどんな有用成分であろうと同じこと。実は、『ランブット』に工夫されたのがホホバオイルの配合。

 

というのは、インドネシア現地の人と日本人とでは頭皮環境や気候も違うため、ノニそのままの果実を日本人が頭皮に塗るのは難しく、さらに頭皮に脂の多い日本人では、せっかくの有効成分が浸透しなくなってしまう。

 

そこで、天然のホホバオイルにより、サラサラと毛穴に入り込みやすくし、毛穴の奥の皮脂や汚れを浮かせ、ノニエキスが毛穴から頭皮に流れ込むように工夫しているのだ。つまり、汚れを取り除き、入りやすくすることによって、成分がしっかり浸透、さらにはオイルの優しい膜で成分をしっかり閉じ込めるというわけだ。

 

大事なポイントなのでもう一度。

 

 

1.皮脂を洗い流す

まずは人間の肌の皮脂に近い成分であるホホバオイルにより、頭皮の皮脂を洗い流す

 

 

2.有用成分を浸透させる

そしてじっくりと毛穴からノニの有用成分を浸透させた後に、適度な保湿がなされ有用成分を閉じ込める

 

皮脂や汚れは通常、少しずつ蓄積していくものであるので、メーカーが推奨している「週に2回」程度の洗浄と浸透で十分というわけなのだ。

 

 

 

頭が酸っぱくなったらどうしよう? 『ランブット』を実際に体験してみると…

それでは実際にヘアトリートメントとして、『ランブット』を使ってみたいと思う。大きさは一般的なトリートメントと同じくらいのサイズのチューブタイプ。

もったいないとは思わずに、添付のカップ一杯をたっぷり使うのがコツ

シャンプーをした後に水を切り、『ランブット』をたっぷり絞り出して、頭皮をマッサージするように塗っていく。粘度の高いテクスチャーで、たっぷりとつけるのがポイント。

しかも塗り込んだら、20分放置。スマホゲームをプレイして過ごせば、あっという間だ。その後に洗い流すのだが、通常のトリートメント剤と使用感は変わらない。

香りは相当酸っぱいんじゃないかと覚悟していたが、かすかに青臭い感じはあるものの、酸味はほぼ感じない。敏感で毛が抜けやすくなっている頭皮に、あまり刺激を与えるのは気が進まないが、実際に塗ってみると刺激はゼロ。これはいい。乾かした後はもう全く匂いがしないので、周囲に酸っぱがられる心配は皆無だ。

 

 

タイミングとしては週に2回程度の使用で、使い続けるうちに実感を感じられるようだ。記者は2週間経ったあたりで髪のセットを随分としやすくなった。また、実際に購入されたお客様の声を下記に紹介しておく。

 

『使い始めてすぐに、細くて元気のなかった髪にコシがあるような気がします。今は1ヶ月たちましたが、産毛もいい感じになった気がします。これからが楽しみです』※個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません

 

『使用してから4ヶ月経過しますが、見た目にはあまり変化がないような感じですがやわらかかった髪の毛が、多少しっかりした手触りになった気がします』※個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません

 

 

今まで効果がなかった人にこそ使って欲しい画期的な頭皮にノニを塗るケア。今なら定期コース購入でお得になるキャンペーンを実施中!

頭髪が寂しくなると、鏡を見るたび、自信は吹き飛んでしまうもの。だが各種育毛剤、サプリメントを試してもなんの効果も得られなかったとしても、まだチャンスは残されている。

 

それがこの『ランブット』。気になる価格は単品1本で14,800円(+送料一律650円)のところ、定期コースならば34%オフの1本9,800円で送料無料、しかも30日間の全額返金保証付きだから安心だ。リピート率94.4%と満足度の高さもうかがえる。気になっている人は、早めにこの画期的な育毛体験を試してみて欲しい。

 

 

会社概要

特定商取引法に基づく表記

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎