1台で2つの機能を搭載! 化粧品の効果を最大限に引き出すホームケア美顔器『TONISURE(トニーシュア)』

 

カートリッジ交換するだけで二つの機能を簡単に使い分けられる美顔器『TONISURE(トニーシュア)』なら、小型で持ち運びもしやすいので、テレビを見ながらくつろぐ時間も「美肌ケアタイム」に早変わり。その優れた機能を早速紹介していこう。

 

使用途に合わせて交換できる“プラズマ”と“ガルバニック”とは?

株式会社日本美健(山形県米沢市)が取り扱う『TONISURE(トニーシュア)』は、化粧品の有効成分の吸収率を高める臨床データを持ったホームケア美容機器。製品ボックスの中には、“プラズマ”チップ付き本体のほかに、2種類の“ガルバニック”チップとUSBケーブルが封入されている。

そもそも“プラズマ”とは、肌にハリを与えてくれる「気体状態で分子に熱を加えて発生するイオン」のこと。一方の“ガルバニック”とは、同じ極同士を押し出す性質がある微細な電流で、化粧品をイオン化させて有効な成分を肌に吸収させやすくする効果があるという。

保護キャップを外すと、上面が白い“プラズマ”チップが装着されている。操作方法はとっても簡単。まずは一番下のパワーボタンを押して電源を入れて、一番上のLevelボタンで2段階から強さを選択。そして最後に真ん中の実行ボタンを押せば作動する。

ちなみに、カートリッジ部分が“プラズマ”チップのときは、ブルーのLEDライトが点灯する。

 

ケアする前に洗顔で汚れを落とし、基礎化粧品で整えるのがポイント

まずはクレンジングなどでしっかりと洗顔を行い、肌表面に付着している化粧品や汚れをきちんと落とすこと。軽くタオルで水を拭きとったら、基礎化粧品で肌を整える。そのうえで『TONISURE(トニーシュア)』を使用することで、美容液などの吸収効果がより一層高まるのだそう。

『TONISURE(トニーシュア)』のヘッド部分を肌にあて、5分ほどかけてゆっくりと顔全体に動かしていく。最初は額を下から上へ撫で上げ左右に広げ、こめかみ部分をマッサージ。鼻筋を上から下に動かしたら、顎からフェイスラインを中心にマッサージ。その後頬にかけてリフトアップを行い、最後は耳の付け根からリンパを鎖骨の方まで流していく。

使用後にさらに化粧水をつけると、より一層吸収率がアップするという。続いては、上面が金色の“ガルバニック”チップに付け替えてみよう。

“ガルバニック”チップは電源を入れるとLEDが赤色に点灯する。チップには形状が2種類あるので、顎中心用と、鎖骨・首・肩のケア用とで使い分けると効果的。

 

フェイスマスクの上から使用すれば、さらに浸透率がUP!

使い方は“プラズマ”チップと同様だが、こちらはフェイスマスクの上からでも使用できるので、美容液がしみ込んでいくのが実感できるはず。また、肌に電気的な刺激を加えることで新しい肌の成分が生成され、シワの改善にも役立つという。

ただし、いくら美容効果を高めたいからといっても、10秒以上同じ場所に当て続けないこと。また、防水ではないので水濡れにはくれぐれも注意が必要だ。

しばらく使い続けてみないと効果を実感するのは難しそうだが、化粧水や美容液が肌に浸み込みやすくなったことで、以前より化粧ノリもよくなってきた気がする。使用する化粧品の種類によっても、効果に違いがありそうだ。

 

『TONISURE(トニーシュア)』が気になった人は、ぜひ日本美健までお問い合わせを。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡邊 玲子

渡邊 玲子

好奇心旺盛で新しもの好き。得意ジャンルはエンタメ、ファッション、美味しいもの。東京都在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック