ついにカレーも登場! 自販機やネットで買える個性派スープ缶特集「CARRY CURRY」「じっくりコトコト 濃厚デミグラススープ」「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」!

いつでもどこでもカレーもシチューもふかひれスープも飲みたい!

 

寒いので自動販売機で飲み物を買う。そのうち甘い味やお茶に飽きて、しょっぱいものが欲しくなる。よくある「コーンスープ」でもいいのだけれど、もっときちんとしょっぱいスープ感が欲しい時に、探しても選びたい個性派スープ缶3種をピックアップ! ネットで人気大爆発のあの商品も!

 

カレーは飲み物を実現したカレー缶、ソースとして人気のデミグラス缶、高級スープの代名詞・フカヒレも!

自販機やネット上に最近個性派スープ缶が続々登場して話題。そこで今回は中でも個性強めの3本を紹介したい。缶製品という限られた枠内で勝負するストイックなスープ感の味わいを検証する。

 

フェリシモ『神戸発 飲むカレー CARRY CURRY トマトカリー』

1缶170g×3缶セット・希望小売価格 税抜1,140円・2018年10月27日発売※公式サイトで予約受付中

 

 

ファッション雑貨中心に個性的アイテムも取り揃えるフェリシモがJR西日本と提携して生まれた海外向けインターネット販売事業「EVERYTHING FROM.JP(エブリシング・フロム・ジェーピー)」にて発売したところ、あっという間に売り切れてしまって販売中止になってしまった、いわくつきの持ち運んで飲めるモバイルカレー缶が『神戸発 飲むカレー CARRY CURRY トマトカリー』

新しい文化が生まれる予感?

 

公式サイトで予約受付中で、届くのは4月ごろというレア缶だが、何とか入手できたので、その味をレポートしたい。キャッチフレーズに”常温で飲める”とあったので、温めたバージョンと常温バージョンで飲んでみる。

 

 

温めバージョン

スクリューキャップの缶を開けると、ふんわりと香る本格カレーの香り。やろうと思えば最近流行のちびだら飲みもできるリキャップ可能タイプ。まずチキンカレー系スープカレーのようなスパイシーな芳香に、驚く。トマトの匂いはあまりしない。飲んでみると、喉奥が辛ッと焼けるタイプの強めのスパイシー。サラサラ飲めるのはいいが、その分辛さも結構くる。トマトカリーと言いつつ、結構基本のカレー味。

でも非常に美味しい。コクと旨味がしっかりあって、まさに飲むカレー。ご飯が欲しくなってしまうくらいきちんとカレー。これを歩きながら飲めるとは、凄い時代になったものだ。

常温バージョン

常温でもOKとのことで、チャレンジ。冬場ではあるが室内なので、冷え切っているというほどではない。ただちょっと常温カレーは飲むのに勇気がいる。つまり冷めちゃったカレーということでしょう? しかもそれを飲むというんだから、想像がつかない。

では実際に飲んでみよう。なるほど、冷たくなると途端にトマトが前に出てくる。すごくトマトカレー。そのせいか、あまり違和感を感じずに、トマトジュースのはるか延長線上にある気がして、普通に美味しい。これは意外。楽しい。

いつでもどこでも猛烈な「カレー欲」に駆られてしまう人々に向けて、おやつ感覚で楽しめるカレー缶。国産トマトピューレと国産たまねぎで仕上げて、常にバッグに忍ばせられるようにというコンセプトだという。

 

 

ポッカサッポロフード&ビバレッジ『じっくりコトコト 濃厚デミグラススープ』

170g缶・希望小売価格 税抜160円・発売中

 

飲むカレーがあるのなら、飲むシチュー(当たり前だが)があってもいいのではと思う人のための、デミグラススープの濃厚ビーフシチュー味のスープ缶。美味しさに定評のある「じっくりコトコト」シリーズのスピンアウト商品として誕生した期待度MAXの商品『じっくりコトコト 濃厚デミグラススープ』

 

リキャップ可能なアルミ缶のスクリューキャップをひねると、真冬の暖炉の前で味わいたくなる本格シチューの香り。これはビーフ感がしっかり香りにも出ている。とろりとしたテクスチャーのそれをごくりと飲むと、傍らにフランスパンが欲しくなるビーフシチュー感。

ハンバーグのソースとしてもおなじみのデミグラス(ドミグラス)ソースは玉ねぎ、トマト、赤ワインを溶け込ませたソースにビーフの旨みを加えるためにじっくり煮詰めるものだが、確かにこれはデミグラス以外の何物でもない。

牛肉を食べたくなってしまうけれど、歯ごたえの残るオニオンの旨味でどうか勘弁してもらいたい。実に美味しい、温まる、濃厚で力強いコクのあるスープで、小腹解消にも最適。

公式サイト

 

 

JR東日本ウォータービジネス『acure 気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ』

170g・希望小売価格 税抜160円・発売中

 

JR東日本で通勤・通学する人にはかなりおなじみな駅ナカ自販機のacureブランド。自販機のラインナップも街なかで見かけるものとちょっと違っていて、実に楽しい。その中で異彩を放っているのが、『acure 気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ』

 

中華料理の高級食材として知られる大型サメのヒレ部分、ふかひれ。そのスープを自販機で買って飲んでしまうとはかなりシュールだと本場の中国の人も驚いてしまうのではないだろうか。

実際に近年acuaの自販機ではスープ飲料の売り上げが好調ということで、たどり着くべくしてたどり着いたのが、この永谷園と共同開発したふかひれスープ。

さすがに本物のフカヒレの食感は味わえない。そこが残念だが、それを補ってあまりある中華感。実際に粉末で気仙沼産のふかひれが0.1%使用されているというのに、気迫を感じた。もうプルタブを落とした瞬間から、目の前のテーブルが回転しそうな飯店フレーバーが飛び出してくる。

その良い匂いを嗅ぎながら、ごま油の香ばしさとともに味わう複雑な味わいの中華スープ。トロッとした味わいはコラーゲン揺らいだとは思うが、自販機製品でしっかりニンニクを入れてくれたことにスタンディングオベーションを送りたい。もう、余計にお腹がすくくらい美味しい。すぐに駅前の中華料理店に走り出したくなるくらい。

 

 

あわせて読みたい:エキナカ自販機で高級「ふかひれスープ」が味わえる!? 缶入り『気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ』!

公式サイト

入手はネット通販および自動販売機などで可能。寒い季節のホットドリンクは定番だが、ホットスープは小腹に泣く胃袋まできっと満たしてくれるはず!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック