簡単に作れる!『裁ほう上手 スティック』で縫わずにオリジナルのティッシュケースを作ろう!

 

裁縫が苦手、でも手作りしたい!そんな希望がかなうもの、もっと簡単にお裁縫を楽しみたいという人におススメの商品『ボンド 裁ほう上手』。布に塗るだけで手作りできるこの画期的な接着剤に、スティックタイプが登場!気軽に簡単に、手作りを楽しもう。

 

「針・糸いらずの布用接着剤」をコンセプトにこれまでミシンを使用していたような様々な場面で使える布用の接着剤が『ボンド 裁ほう上手』。これまでのものは、のり状のものでヘラなどを使って塗布し、アイロンで熱を加えて接着する必要があった。

今回新たに誕生したスティックタイプは、見た目の通りスティックのりのような形をしている。スルスルと塗布することが出来、液だれなどの心配もない。そして驚くことにアイロンでの接着は不要!布の両面に塗って、貼り合わせ、24時間経てば接着完了する。強力接着なので洗濯やドライクリーニングも可能、というのが嬉しい。

『裁ほう上手 スティック』(参考小売価格・税抜330円・6ml)の主な用途は、ズボン・スカートなどのすそ上げ・直し、布同士の接着、ポーチなどの小物制作。

あわせて読みたい:
『裁ほう上手』にスティックタイプ登場!針と糸は不要!ズボンのすそ上げも簡単!

接着できないものは、薄手の生地、撥水加工など特殊加工を施した生地、凸凹のある生地、毛足の長い生地、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、シリコーン樹脂、フッ素樹脂、貴金属、高価格品(スーツ・ドレス等)。

 

とっても簡単!塗って貼り合わせるだけのティッシュケース作り

今回はティッシュケース作りに挑戦してみよう。ちょっとした布の端切れと『裁ほう上手 スティック』があればあっという間に出来てしまう。

用意するのは、約16㎝×約20㎝の布1枚。折り目をつけるためにアイロンもあると良い。

レシピ|縫わずに手作り!ティッシュケースの作り方

使い方はスティックのりと同じように。くるくると回せば、先端から出てくる。あまり出しすぎないように、3~4㎜程度にしておこう。

貼り合わせる部分の両面にムラなく均一になるように塗るのがポイント。

生地が接着するように手でしっかりとおさえる。

作り終えたら、重量のあるものを乗せ、しっかり接着させるために約24時間放置すれば完成。

塗って、貼り合わせるだけ。手が汚れることなく、簡単にティッシュケースの完成。

アイロン転写シールでワンポイントをつけてみたり、子供の服を作って余った布でお揃いのモノを作ってみたり、100円SHOPなどにも材料は豊富。簡単にオリジナルのティッシュケースが作れるので、ぜひ挑戦してみては。

『裁ほう上手 スティック』は手芸店・ホームセンター・コンビニ・スーパーなどで購入出来る。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発の経験あり。ライター歴10年以上。料理やアートワーク、写真が得意。文房具好き。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック