かわいい金魚が泳ぐ『GREE 超音波式アロマ加湿器』LEDライトで水タンクが光るオシャレなアロマ加湿器

 

秋から冬にかけては、空気が乾燥する季節。風邪のウィルスも乾燥した空気のときに蔓延しやすいため、部屋を適度な湿度に保つために加湿器を使っている人も多い。今回、紹介する『GREE 超音波式アロマ加湿器』はミストが熱くならず、運転音が静かなアロマ加湿器。水タンクの中にかわいい金魚の抗菌ボールを泳がせ、LEDライトを光らせればインテリアとしてもオシャレ!

 

注目の超音波式アロマ加湿器で安全、クリーンなミストを!

乾燥するシーズンに向けて、加湿器の購入を考えている人は多いと思う。一般的な加湿器は「スチーム式」と呼ばれ、タンクの水をヒーターの熱で熱して、その蒸気によって加湿する方法。これによって水を除菌できるメリットはあるが、電気代が非常に高く、しかも運転音が大きくてうるさいというデメリットがある。しかも、加熱するために火傷の危険があり、そもそもいかにも電化製品というデザインがインテリアにそぐわないという声が多く、なかなか加湿器が人気にならない原因でもあった。

せっかく部屋のインテリアをオシャレにしても、スチーム式加湿器を置くと台無しに…

そこで現在、注目を集めているのが超音波式の加湿器。大きな特徴はアロマが使える商品が多く、女子受けしそうなインテリア性の高いものが多いこと。電気代も安く、本体価格がリーズナブルな製品も増えている。

「GREE 超音波式アロマ加湿器」は、インテリアにもしっくりと溶け込むデザイン性の高さが魅力

メリットの多い超音波式の加湿器のなかでも、特に注目を集めているのが自然株式会社(東京都板橋区)の『GREE 超音波式アロマ加湿器(SZGK-3008FW)』(W301×D160×H278mm 約1.61kg・希望小売価格:税込17,064円・発売中)。水を超音波によって微細な粒に粉砕し、送風ファンで噴出するため、ミストが熱くならず火傷の心配がないのが特徴。子どもやペットがいる部屋で、安心して使えるのがうれしいところ。

本体背面にアロマトレイがあり、好きなアロマを注入できる

超音波式加湿器のメリットのひとつ、アロマにもしっかり対応。お好みの香りを楽しみながら加湿することができる。本体背面にアロマトレイが搭載されており、スポンジにアロマオイルを数滴含ませれば、アロマの香りが部屋中に広がる。
※アロマオイルは別売。

運転中はランプが白く点灯する

水がなくなるとランプが赤く点灯して知らせてくれる

加湿器は水をミスト状にして噴出するが、水がなくなると故障の原因となってしまう。でも、常に水の残量をチェックしているわけにはいかない。その点、この「GREE 超音波式アロマ加湿器」は本体スイッチにLEDが採用されており、運転中は白く点灯し、水がなくなると赤く点灯して知らせてくれる。ひと目で分かる視認性の高さで安全なのがうれしい。

水タンクに浮かべて楽しむ金魚やフグの抗菌ボールがかわいい

超音波式加湿器のウィークポイントは除菌・抗菌といわれている。この「GREE 超音波式アロマ加湿器」は、本体の水タンクに金魚やフグの抗菌ボールを浮かべることで解決。かわいらしく、見ているだけで癒やされること間違いなし。しかも、水タンクには抗菌カートリッジを設置でき、底面には集塵活性炭フィルターが搭載されているのでミストを吹き出す空気をキレイにしてくれる。つまり、噴出されるミストは極めてクリーンとなっているのだ。

本体底面に設置されている集塵活性炭フィルター

「GREE 超音波式アロマ加湿器」は水タンクが3リットルの大容量で、15時間連続加湿が可能。しかも6~12畳の対応面積なので、寝室や子ども部屋だけでなく、広いリビングでもかなり対応できる。それでいて、本体の重さが約1.61kg。つまり、水タンクをいっぱいにしても5kgに満たないという軽量コンパクトさ。女性の記者でもラクラク持ち運ぶことができた。

水タンクいっぱいでも、楽に持ち運びできる

 

電気代も安く、インテリアにもしっくり溶け込む!

 

インテリア性が高く、しかも電気代が安く(消費電力24W)、なんとフルパワーで使っても月の電気代が約155円ほど。省エネ設計でしっかりと加湿し、しかもアロマでリラックス効果もバッチリ。「GREE 超音波式アロマ加湿器」なら、乾燥したシーズンも楽しく乗り切れるはず!

 

なお、購入は「コスモネイチャー公式楽天市場店」から。現在、本体価格がなんと税込5,980円! 実に74%OFFの特価で購入できる。今すぐチェック!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

大前田みゆ

大前田みゆ

30代主婦。美容グッズと生活雑貨に興味アリ。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック