私を”老け見え”させる、その犯人はシミ! まだあきらめたくない大人肌のトラブル対策に『薬用 SimiTRY (シミトリ―)』が役立つ理由

シミ対策はあきらめずに時間をかけてトライしたい!

日頃から健康には気をつけているのだけれど、何かと忙しくて美容に関しては手を抜きがちな毎日。しかしある日、鏡を見て愕然とする。
「これってシミ!?」そういえばよく見ると肌も乾燥のためか、ゴワついているような気も…。
35歳から肌の潤いが減少するというけれど、40代・50代を迎えるとその問題は切実。そこで日本一のトクホ取得件数を誇るメーカーが特許技術採用で製品化、シミや保湿問題に効果的にアプローチしてくれるという薬用 SimiTRY (シミトリ―)を試してみたい。

 

見れば見るほど大きく感じるシミ、清潔感を失わせるそばかす、表情が暗く見えてしまうくすみ…。中高年世代の肌はちょっとしたきっかけで”老け見え”まっしぐら!

いつまでも若々しくありたいと考えるのは、女性なら誰しも同じ。日頃から体に良いとされるサプリメントを習慣にして、趣味のフラダンスで運動も欠かさない。だから年齢より老けて見えることなんてあり得ない。

そう思っている人の肌にも襲いかかってくるのが、シミ、そばかす、くすみの悩み。最近化粧のノリが悪い、自分に合うファンデーションの色が一段暗くなってしまったとなると、それはかなり深刻。何らかの対策を取らないと。

そこで紹介したいのが、薬用 SimiTRY (シミトリ―)。シミの原因である乾燥を防ぎ、過剰なメラニンの生成を抑えてくれるオールインワンジェルだ。ではよくある美白・保湿をうたう製品と何が違うのだろう?

 

有効成分を肌へ届けるための浸透力にこだわった日本で唯一の独自美白処方!

肌というものは、脂質で形成される層と水分で形成される層が、交互にミルフィーユのように重なってできている。これをラメラ構造という。そうした肌本来の保湿構造を取り入れた球状ラメラ構造がSimiTRY技術。

 

どんな有効成分でも肌=角層までしっかり浸透しなければ無意味。そこでナノ技術を駆使して肌に美容成分がしっかり浸透させるそうした技術が必要なのだ。

 

トクホ取得件数日本一、特許庁から表彰されたこともある「東洋新薬」だからこそできたこと!

医薬部外品の年間承認数、特定保健用食品許可取得数ともに日本一のメーカー「東洋新薬」が製造している『薬用 SimiTRY (シミトリ―)』。聞き慣れない名前かもしれないが、実は化粧品会社などから依頼を受けて製品開発をしていることでは日本一の実績を誇る業界内で抜群の信頼性を持つメーカー。

 

そこが本気で肌浸透のために特許技術を駆使して生み出したのだから、従来のシミケア製品と一線を画すのも当然かもしれない。

 

届ける成分は、美白成分だけじゃダメ、美肌成分だけでもダメ。美白と美肌成分をダブルに処方したからこそ効果が出る!

サプリメントとして飲まれることも多いフラバンジェノール®️は抗酸化物質として定評のあるフランス南西部ランド地方に自生する海岸松樹皮から抽出した天然ポリフェノール。これが美肌成分。

 

もう一つは美白成分として有名なハイドロキノン誘導体(アルブチン)。この2つを併せて使用することで、その効果はハイドロキノン誘導体単体使用の4.5倍の効果を発揮するというから驚きだ。

 

美白に積極的にアプローチする製品は敏感肌には使えない? いいえ、『薬用 SimiTRY (シミトリ―)』なら界面活性剤など7つのフリーで安心です!

シミを消すといってまず頭に浮かぶのはレーザー治療かもしれない。もちろん肌に対する刺激が強いので、敏感肌の人なら不安になってしまうことだろう。また美白をうたう化粧品類もまた、漂白イメージがあるためか、肌に刺激が強いイメージがある。

ところがこの『薬用 SimiTRY (シミトリ―)』は、そうした敏感肌のシミ・そばかす・くすみの悩みにも応えるため、7つのフリーを実現した。中でも台所洗剤にも使われる界面活性剤を使用せずに乳化しているのは素晴らしい。他にもシリコーン、エチルアルコール、パラベン、着色料、香料、鉱物油に至るまで、肌負担のある成分を配合せずに作り上げられているので安心だ。

 

それでは『薬用 SimiTRY (シミトリ―)』を実際に試してみよう!

薬用 SimiTRY (シミトリ―)』はオールインワンタイプのジェル。化粧水後、乳液前の美容液代わりとして使うのも効果的だが、洗顔後は『薬用 SimiTRY (シミトリ―)』だけでもOKだ。テクスチャーは濃厚でありつつするするとした潤いたっぷりの感触が不思議なジェルタイプ。ほぼ無香。

 

白を基調にしたシンプルな容器を開けると、フタの裏に専用のスパチュラ(へら)が付いているので、それで中身を手にとって使用する。

目安はさくらんぼ粒大。洗顔後、よくタオルドライをして手と顔が乾いた状態で手のひらにとって使用する。

両頬、額、鼻先、顎にチョンチョンとのせた後、顔の中心から外側へ優しく伸ばしていく。

そして手のひらでハンドプッシュ。優しく包み込むことでジェルをより肌の角層までしっかり浸透させることができる。

 

肌がしばらく忘れていた瑞々しさ、刺激もなく、続けやすいマイルドな心地よさ!

それだけの工程で、肌はたちまち水分をたっぷり含んでくれたから驚く。もちろんつけてすぐにシミが消えてしまうわけではないが、肌のトーンは少し明るくなった気がした。シワもまた目立たない気がする…。

人によってはすっきりし過ぎていると感じる人もいるかもしれない。その場合は重ね付けするか、手持ちの乳液を追加してもいい。ただ何度か使うと、そうした追加は必要のない肌になっている可能性が高い。

悩みに応える実感を感じるための目安は、最低30日間。日々の『薬用 SimiTRY (シミトリ―)』は多少時間はかかってしまうが、肌に無用な刺激を与えることがないのがうれしい。オールインワンなので時間がなくても続けやすいのもメリットか。

 

“老け見え”しない毎日は楽しくハリがある毎日。シミ、しわ、くすみなどの悩みを解消すれば、内面からも輝きだすはず。

 

今なら定期便初回特別価格が3,685円(税抜)になるキャンペーンを実施中! 敏感肌でもあきらずにトライ!

現在薬用 SimiTRY (シミトリ―)』(60g・医薬部外品)公式サイトにて、通常価格税抜4,980円のところ、定期便初回特別価格が税抜3,685円になるキャンペーンを実施中(※定期便2回目以降価格税抜3,981円)だ。紫外線の厳しいこの季節にうれしいUVクリームの特典付き。気になったらあきらめずに一度トライしてみたい!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

大前田みゆ

大前田みゆ

30代主婦。美容グッズと生活雑貨に興味アリ。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック