眠気覚まし度MAX! ブームの無糖炭酸にミントの爽快感をプラスした『カナダドライ ザ・タンサン・アップルミント』!

ビリビリとスースー、これで目が覚めないと相当やばい!?

 

無糖炭酸ブームを派手なプロモーションで加速させている「カナダドライ ザ・タンサン」シリーズ。ストレート、レモンに次ぐ第3弾は何とミント。夏にぴったりの味わいとなるのか、『カナダドライ ザ・タンサン・アップルミント』を検証してみたい。

ビリビリだけでは物足りなくなった人のためのスースー感とアップルフレーバーをプラスした無糖炭酸デラックス

コカ・コーラシステム『カナダドライ ザ・タンサン・アップルミント』(490ml PET・希望小売価格 税抜121円・2018年5月28日発売)は”強TANSANで、爽KAIKAN。”のキャッチフレーズで展開している無糖炭酸ドリンクシリーズの最新作。


季節がそろそろ夏なので、ドラッグストア店頭には「シャツクール」や「シーブリーズ」などの衣服や体につけるミント製品が大人気だが、チョコミントアイスに代表されるように、味の方でもミント味は夏場にぴったり。


そんな中、昨今の無糖炭酸ブームの中から飛び出したのが、ミント味の『ザ・タンサン・アップルミント』。強炭酸で知られる「カナダドライ ザ・タンサン」が、ミントの刺激をアップルの香りとともに手に入れてどうなるのか気になる。

アップル感にはあまり期待しないように

さながらミントタブレットを食べた後に無糖炭酸を飲んだような…!?


キャップをひねるとプシュッと爽快な音。水面で炭酸の粒がパチパチしている。それではひと飲み。爽快な炭酸泡が少々マイルドに感じるのが不思議。そして飲み込むと確かにミント感がフワッ。強炭酸ではあるけれど、強ミントではないようだ。アップルの香り(香料使用)は強く感じないがほんのり甘く感じる。


香りはミントタブレットのような、アップルミント。まるで…、ミントタブを食べた後に炭酸飲料を飲んだ時のような感覚の冷たさがある。当たり前のような気もするけど。


これは炎天下であればあるほど美味しそうな味。しかしどこにも甘さはないし、ゼロカロリー、糖質ゼロなのでダイエット中でもガブガブ飲める。ドリンクに刺激を追い求める人には、また新たなる選択肢が生まれたようだ。


入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック