インスタ映え極まるショッキングピンクがまぶしい『POPフルーツパンチ』は自販機限定!

このピンク色を見て、何を思う?

インスタ映えするだけでなく、見た目鮮やかなドリンクを飲むと気分も上がるもの。そこでこの『POPフルーツパンチ』。昔懐かしというか、レトロでロックンロールな時代のフルーツパンチのような鮮やかなショッキングピンク。ケバケバしいそのルックスは、まさにイロモノ!?

「POPメロンソーダ」も目立っていたが、『POPフルーツパンチ』はド派手なピンクで自販機内でさらに目立つ!

サントリー食品インターナショナル『POPフルーツパンチ』(430mlPET・希望小売価格 税抜124円・2018年4月24日発売)は、同社製品でレトロ感溢れる鮮やかなグリーンが特徴の「POPメロンソーダ」のシリーズ商品だ。

見ての通り、ド派手なピンク色のビジュアルがインパクト大な『POPフルーツパンチ』だが、この見た目の秘密は自販機限定という販売形態にあるらしい。

ド派手なピンクが目を引く。

「自販機内で目立つような商品を作る」という目的のもと誕生したこの商品。そのためドリンクの色はキャッチーなピンク、ラベル部分は赤色にドット柄をあしらうことで、『POPフルーツパンチ』の名の通り、ポップで楽しい雰囲気を演出している。これだけどぎつい色合いだと、人工的な着色料なのかと思うが、使われているのは、ぶどうやシソの葉に含まれることで有名な自然由来のアントシアニン色素なので、安心しよう。

 

確かに、お茶やコーヒーなどの渋い色のドリンクが並ぶ自販機内で、この商品はバッチリ目立つはずだ。

 

ペットボトルでもグラスでもインスタ映えせざるを得ないこの色味

キャップを開けると、フルーツとソーダ水の甘い香りが広がる。

透き通る色味が涼しげ。

透明感のあるピンクの色合いが昔懐かしい駄菓子屋のニッキ水や粉ジュースのようで、ノスタルジーを掻き立てられる。

グラスに注ぐと炭酸が泡立ち、とても華やかだ。

注ぐ瞬間もフォトジェニック !

単品でもこれだけ写真映えする『POPフルーツパンチ』。

写真撮影の機会が多い、レジャーのおともにぴったりと言えるだろう。

水辺のブルーやキャンプ場のグリーンを背景に、この商品と写真を撮ればインスタ映え間違いなしだ。

 

気になるお味は意外とシンプルなフルーツ味だった

販売形態が限定されたイロモノフレーバー飲料といえば、話題性のある味に賛否が分かれることも多いが、今回の商品はどうだろう? 一口飲んでみると、強烈な炭酸が口の中に広がり、そのまま喉を通っていく。意外なことに、最初は炭酸以外の味がしないことに驚いた。さらに飲み進めると口の中にほのかに広がるフルーツの味。

ラベルにはリンゴ、パイナップル、オレンジ、もも、さくらんぼが描かれているが。

パッケージにはフルーツのイラストが描かれているが、成分を見てみると実際にそれぞれの果物が入っているわけではないようだ。

ソーダ水にミックスフルーツのシロップを加えた味。と例えるのが適切だろうか。見た目に反して思いのほか、イロモノ感の無い味だったので、少し拍子抜けしてしまった。

 

夏にぴったり、こんな使い方もアリかも?

普通に飲んでもおいしいが、記者が提案したいのは『POPフルーツパンチ』を使った「夏のスイーツ作り」だ。

かわいい見た目に子どもも喜ぶ!

フルーツシロップのような味を活かして、ゼラチンを加えてゼリーにしたり、かき氷にかけてシロップとして使ったりと用途は幅広い。鮮やかな色味が際立ち、ちょっとしたパーティーのデザートや、子どもの夏休みのおやつとして喜ばれるだろう。

 

『POPフルーツパンチ』は夏休みが楽しくなるドリンク

ポップな見た目とオーソドックスな味わいのギャップが新鮮な『POPフルーツパンチ』は、レジャーやおやつタイムを楽しくしてくれる、夏休みにぴったりなドリンクだ。

販売場所は、全国の自動販売機。見かけたらぜひ一度飲んでみてほしい。

 


公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック