乳首を白く美しく!黒ずみ対策クリーム『ホワイトラグジュアリープレミアム』を実際に使って試してみた!

2年連続モンドセレクションを受賞した『WHITE LUXURY PREMIUM』(ホワイトラグジュアリープレミアム)は、乳首の黒ずみ対策として話題の美白クリーム! パッケージリニューアルで、より洗練されたデザインになり新登場だ。

安心の日本製!『ホワイトラグジュアリープレミアム』は乳首の黒ずみ改善をめざすクリーム!

乳首の黒ずみは、女性にとってデリケートな悩み。「日焼けをしないバストトップがなぜ?」と疑問に思うが、きっかけやタイミングは人それぞれ異なるものの黒ずみの原因はすべて「メラニン色素」! メラニンは皮膚を守るために大切な役割を持っているが、あまり印象が良くない黒ずみとなってしまうから困ったものだ。

 

メラニンは紫外線を浴びることで増えると知られているが、実は日々のストレスやホルモンバランスの変化、加齢など誰にでも起こるきっかえで増えてしまう。特に、女性ホルモンが低下すると新陳代謝のサイクルが遅くなり、メラニン色素の沈着が黒ずみとなるから要注意。

株式会社美彩(東京都新宿区)『ホワイトラグジュアリープレミアム』(25g・定期購入価格 税込5,980円・2017年パッケージリニューアル)は、乳首の黒ずみの根本的な原因である「メラニンの生成・増加を抑制」するために開発された特別な薬用クリーム! 安心の日本製で、2017年5月27日発行の医学誌「医学と薬学」(vol.74 No.6)に掲載されている。

 

2011年に発売を開始した『ホワイトラグジュアリープレミアム』は、乳首の黒ずみの改善をはじめ、しみ・そばかすの抑制や肌のひきしめ・潤いを与える効果が期待さる美白クリーム。乳首以外にも顔や体の気になる部分にも使用でき、あせも、しもやけ、ひび、あかぎれの乾燥対策にもなるというし、肌を清浄にしてにきびを防ぐためにも使用できる。2017年5月には累計販売本数30万本を達成した人気商品だ。

『ホワイトラグジュアリープレミアム』の黒ずみ改善の秘密は、エステや美容業界で注目されているビタミンC「スーパーVCT」。メラニンは角質層よりずっと下の「基底層」で発生するため、黒ずみを根本的に改善するには基底層にまで成分が届く浸透力が鍵となる。「スーパーVCT」は、生・水溶性・油溶性の3種類のビタミンCを独自処方した成分で、一般的な美容液に入っているビタミンCでは到達できない肌の基底層にまで浸透できることが特長だ。

しかも、ヒアルロン酸やプラセンタ、クロレラエキス、コラーゲンなど7つの美容成分まで配合。顔や脇、ひじ、ひざ、ビキニラインなどの黒ずみが気になるところ全般に使用できるという。

もちろん効果には個人差があると思うし、どれくらい継続すれば効果が実感できるかはわからないが、『ホワイトラグジュアリープレミアム』のモニター調査では300名中94.8%が美白効果を実感しているというからこれは試してみる価値あり! 実際に使って、その使用感を確かめてみたい。

『ホワイトラグジュアリープレミアム』を実際に使ってみた!

『ホワイトラグジュアリープレミアム』はチューブタイプで、パッケージは外箱も中身もシンプル。真っ白をベースに、銀色の文字でロゴが入っているだけ。デリケートゾーンの美白クリームだとまったくわからないパッケージはありがたい。

さっそくクリームを手にとってみると、白くてとてもすべすべしている。ゲルに近いクリームで、とてもなめらか。使用回数は、朝晩の1日2回が目安。肌に塗ってみると、するっと伸びて素早く肌になじんだ。

潤いたっぷりで、乳首や目元など皮膚が薄くてデリケートな部分に塗っても刺激はまったくなかった。着色料や石油系界面活性剤、鉱物油、アルコールなどは一切不使用で安心! しかも塗ってすぐにさらさらになるから、下着や衣類がべたつかずに快適。毎日継続しやすいクリームだった。

 

今なら定期購入価格で1本5,980円!

『ホワイトラグジュアリープレミアム』は1本25g入りで定期購入価格 税込5,980円(通常価格は税込9,980円+送料540円)、公式サイトで申込みができる。店頭では購入するのが恥ずかしいと思う人も、プライバシーに配慮して中身がわからないように「美白クリーム」として配送してもらえるというから安心だ。

乳首やデリケートゾーンの黒ずみは、一日にしては改善できないやっかいな悩み。『ホワイトラグジュアリープレミアム』でお手入れをして、美しいバストを手に入れよう。

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック