洗い流せる!お片付け習慣も身に付く!『カラーペン レインボーケース12色セット』BIC®KIDSから新発売!

12本がきれいに取りやすく並ぶキャップ付きのケース

「BIC」といえば、オレンジ色のボールペンやライターで、おそらく誰しもが目にしたことがあるブランドではないだろうか。そのBICのキッズ向け総合ブランド「BIC®KIDS(ビック・キッズ)」からカラーペンレインボーケース12色セットが2月末より各文具専門店等にて順次販売開始される。ケースを開けただけでも楽しいカラーペンの登場だが、実は楽しいだけではない“秘密”が満載の商品なのだ。

キャップをなくす心配がない!

まずケースを開けてびっくり!12色のペンがすべて違う角度で立ち上がっている。こんなさりげないオシャレなデザイン性に、フランス生まれのセンスの良さを感じる。初めてカラーペンを手にする子どもには、こうしたちょっとした工夫が情操教育に影響するのだ。

また、この商品の対象年齢は5歳以上となっているが、そのための工夫がいろいろと施されている。何よりママパパにうれしいのは、「ウルトラウォッシャブル」の機能。

要するに、手や衣服にインクがついても、簡単に洗い流せるのである。


ためしに手に書いてみたら、水で洗っただけで、もう98%くらいは落ちている。布に書いても、石けんや洗剤を使えば、ほぼ完璧に落とすことができる。

 

さらに、このケース。ペンが立つだけではない。キャップがケースに固定されているために、キャップをどこかになくしてしまう心配がない。同時に、使い終わったペンをキャップに差すだけで、ペンがケースにきれいに収納される。つまり“お片付け”が自然にできてしまうのである。

片付けは、キャップにペンを差してフタを閉じるだけ。

キャップをなくす心配もなく、自然にお片付けの練習ができる。そして、ケースを閉じれば、持ち手も付いていて、いろいろな場所に持ち運びして遊びたくなるカラーペンセットだ。

 

ヨーロッパで安心のCEマーク取得

ところでこの『BIC®KIDSカラーペン レインボーケース12色セット』の製造販売元のBIC(ソシエテ・ビック)は、日本ではボールペンメーカーという印象が強いが、ヨーロッパではカラー画材のトップブランド。特にクレヨンや色鉛筆ではトップシェアを誇るグローバルブランドなのである。

 

BIC®KIDS(ビックキッズ)は、そんなBICのキッズ向け総合ブランドで、日本市場には2016年から、色鉛筆、クレヨン、水性カラーペンの3種類の商品構成で導入されている。ヨーロッパで200年の歴史がある画材メーカー「コンテ」を買収し、低年齢層から安心して使える商品を扱うブランドを受け継ぎ、すでにヨーロッパでは高いシェアを獲得している。

BIC®KIDSの商品はすべて、EU各国の安全認証基準であるCEマークを取得済み。パッケージには商品の対象年齢も表示されているので、小さなお子様への贈り物としても、安心してプレゼントすることができる。

 

2月末から全国で発売開始!

さて、ケースを開けて、立ち上がったペンを手にしてみると、円形ペン軸は柔らかみを感じる感触で、ペン先は細くも太くもない使い勝手のいい太さのフェルトペンである。リリースには、「発色のいいビビッドなカラー」という表現がされているが、記者が実際に描いた印象では、ビビッドというよりもむしろナチュラル。けばけばしさがなく、自然志向の色合いが好ましい印象を受けた。

 

またキャップ一体型のケースの使い勝手は良く、何より、ペンがそれぞれ間隔を開けて立ち上がっているので、見ていて楽しく、しかも取り出したり、片付けたりするのが楽なのである。さあ、あとは子どもに喜んで遊んでもらうだけだ。

『BIC®KIDS カラーペン レインボーケース12色セット』は、キャップ一体型ケース付きで、税別1200円。2月末からAmazonほかネット通販、全国の文具店、雑貨店などで順次発売予定だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック