ツインテールでニット帽!?『Cuelitt(キュリット)ツインテールキャップ』の機能性が、想像以上にスゴかった!!

ツインテールのままキャップをかぶるのは無理だと思っていませんでしたか?

 

ツインテールといえば、手軽でかわいいヘアスタイルの代表格。ただし、冬に帽子を被ろうとすると、いろいろと難点が…。そんな中、ツインテールのままかぶれるニット帽『ツインテールキャップ』がこの秋(2017年)から日本にもお目見え。ツインテール×キャップが両立できる、新感覚のニット帽を試してみた!

ツインテール×ニット帽!ヘアメイクするニットキャップが誕生

『ツインテールキャップ』は、株式会社コカジ(大阪府箕面市)のキャップブランド「Cuelitt(キュリット)」の第一弾アイテム。グローバル企業の企画、ファッションデザインなどを手がける株式会社ブラウニー(大阪市)と共同開発した。

コンセプトは“ヘアメイクするニットキャップ”。最大の特徴は、ニットキャップの外に毛束を出せるスリットが開いていることで、ニットキャップを被ったままツインテールが楽しめる!

ツインテールとは、耳より高い位置でする二つ結びで、アイドルやモデルなど若い女性に大人気のヘアスタイル。手軽でキュートなアレンジだが、帽子を被るとアレンジが崩れてしまうのが難点。そんなジレンマを解消すべく誕生したのが『ツインテールキャップ』なのだ。

 

幅広いラインナップも魅力!実際に被ってみると…?

『ツインテールキャップ』は、とにかく種類が豊富。10代女子向けのデザインから、大人女子でも被れるシックなものまで、好みに応じて選ぶことができる。

 

<ツインテール ケーブルニット>

さっそく『ツインテール ケーブルニット(2717C01)WH』(税別3,400円)で機能面をお試し。今年大流行のケーブル編みで、縄の目のような模様が特徴のシンプルなデザインだ。同じくニットキャップを被ったネコがデザインされ、遊び心もバッチリ。日常使いはもちろん、スノボやゴルフなどアクティブなシーンで使用できるのも嬉しい。

 

子ども用の『ツインテール ケーブルニットキッズ(2717C10K)』(税別2,900円)もあるので、親子コーデも楽しめる!

それでは、実際にかぶってみよう。まずは通常通りにツインテールをしてからニット帽を被り、耳の上に空いているスリットから結んだ髪の毛を引っ張り出す。スリットは縦5cm程度の大きさがあるので、その範囲内で結ぶ高さは自由に調節できる。

 

ニットキャップを被っているのに、ツインテールのかわいらしさが演出できるなんて不思議…。ただのツインテール+キャップというだけでなく、“新たなヘアスタイル”が完成したような感覚だ。

そして、耳がとっても温かい! 髪を高めに結んでニットキャップを被ると、耳が丸出しというパターンはあるある。でも、『ツインテールニットヤップ』なら、耳までカバーできるのでポッカポカ。ツインテール×ニットキャップの両立だけでなく、機能面でも優れているとは…!

 

しかもツインテール部分で固定されるので、帽子がズレにくいのも便利。とくに子どもの場合は、帽子がすぐに脱げてしまうということはよくあるが、これなら脱げにくさも抜群。見た目だけでなく、被ってからわかるメリットも盛りだくさんだ。

 

梵天ニット

『梵天ニット(2717C06)GY』(税別2,900円)は落ち着いた見た目で、大人でも違和感なく被ることができる。「Cuelitt」のロゴと、ポンポンが特徴だ。

 

<ポニーテール スクリューニット>

『ポニーテール スクリューニット(2717C07) BD』(税別3,400円)は、シリーズの中で唯一のポニーテール用アイテム。低めのポニーテールであればキャップの後ろから出すことができるが、高い位置で結ぶ場合、やはり帽子を被るのは難しい。

『ポニーテール スクリューニット』は、頭の後ろ部分ではなく、帽子のてっぺんが空いている作り。だがスリットが入っているのではなく、スクリュー部分を広げてみるとネックウォーマーのような筒状デザインになっている。

こちらもツインテール同様、いつも通りにポニーテールを結んでキャップをかぶり、上から毛束を引き出せばOK。さらに、ファー付きのヘアゴムが付属されているので、これをつければニットキャップのポンポンのようにも見えて可愛らしさがさらにアップ!

 

ツインテール ザマスクドラビット

続いて “インパクト大”のニット帽を。『ツインテール ザマスクドラビット(2717C08)BK』(税別3,900円)は、長いウサギの耳が付いたニット帽。プロレスマスクのようなデザインで、注目を浴びること間違いなし。ちなみに、目元は穴が空いている(目出し帽)のもオリジナリティたっぷりだ。

 

<ツインテール ネコ耳ロゴニット>

『ツインテール ネコ耳ロゴニット(2717C05)PK』(税別3,400円)は、サイドからでもトップからでも毛束が出せる2WAYタイプ。被るとネコ耳のように左右がツンと際立ち、シンプルながらもキュートさを演出できる。

<ツインテール ネコ耳フェイスニット>

顔が二つになります。

 

一方『ツインテール ネコ耳フェイスニット(2717C09)BL』(税別3,400円)は、キャップの前面にネコのイメージキャラクターがデザイン。自分らしさをアピールする、キーアイテムとして活躍してくれそう!

『ツインテールキャップ』は、今回紹介したアイテムのほかにもデザインやカラーバリエが大充実。ツインテール=若者というイメージがあったが、落ち着いた色味を選べばオトナ女子でも十分使えそう!この冬、“ヘアメイクするキャップ”で、新たなヘアアレンジを楽しんでみては?

『ツインテールキャップ』はインターネット通販などで手に入る。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 高山 尚樹

トラックバック