大人女子の黒髪系に『エコーレア インディゴ』よく染まり、ヘナと使って好みの髪色にアレンジ

エコーレア株式会社(埼玉県川口市)から、ヘナと組み合わせて使えるプレミアムなインディゴパウダー『エコーレア インディゴ』が新発売。使い方次第で、大人女子に合う黒髪系のヘアカラーが楽しめる。

藍染の原理で 髪と頭皮をいたわりながら黒系

成分は、インド南部でオーガニック栽培されたマメ科コマツナギ属の植物「ナンバンアイ(木藍)」の葉の部分。藍染にも用いられる色素インディゴ(インディカン)を高濃度含んだパウダーで、よく染まる。無添加で、純度が高く、不純物の混入もなく、高品質だ。

 

たとえば、ヘナで染めた明るめのオレンジ髪も、インディゴで重ね染めすれば、ダークブラウンから黒系に。あるいは、ヘナとインディゴをミックスすれば、その配合比率によって白髪がライトブラウン~ダークブラウン~黒系に染まるという。

好みの配合でオリジナルの発色が楽しめる

ヘナとインディゴの配合例としては、以下の比率を参考に。

 

へナ7:インディゴ3→かなり明るい赤茶
へナ5:インディゴ5→明るい茶色
インディゴのみ:白髪が藍色~紫色に

『エコーレア オレンジ』のほかにも、先日新発売された『エコーレア ブラウン』、組み合わせるヘナの種類によっても発色が変わってくるので、季節や気分に合わせてオリジナルカラーを楽しむことが出来る。

 

使い方は、以前紹介したヘナと同じ。パウダーを溶かすお湯の分量は、髪の長さに合わせて、粉とお湯の割合を1:3にするとちょうどよい。

ウィッグで、インディゴの染具合を検証!

今回は重ね染めを想定し、明るいブラウンのウィッグを使って、インディゴ単体の染まり具合を検証してみることに。

お風呂より少し高めの温度のお湯でパウダーを溶かし、マヨネーズ程度の硬さのペースト状になったら、手袋をはめた手でたっぷりと髪に塗布していく。

ムラにならないようにまんべんなく塗布した後、ペーストが冷めないようラップにくるんでホットカーペットで温めながら放置した。ちなみに、実際に染める時は汚れてもよいタオルで包み、ドライヤーで温めると効果的だ。

1時間後、シャンプーを使ってしっかり洗い流してから、ドライヤーで乾かしたところ、あんなに明るかったウィッグが、しっかりダークカラーに染まっているのが確認できた。

染毛後3日でダークブラウンへと変化

インディゴは徐々に発色するため、染毛直後は緑がかった髪色になることが多い。言われてみれば、ブルーというよりはどことなくグリーン味が強い感じがする。1~3日経てば徐々に落ち着いてくるということで、さらに3日間様子を見ることに。

3日後。確かにグリーン味はなくなり、黒系のダークブラウンに変化した。最初から3日後の仕上がりをイメージしながら、インディゴの量を調節するのは少々難しい気もするが、重ね染めなら簡単だし、白髪以外はビビッドな青色に染まるわけではないので、使い勝手は思った以上に良さそうだ。100%植物原料で、髪や頭皮にやさしいのも嬉しい限り。

今回紹介した『エコーレア インディゴ』、今まで紹介した『エコーレア オレンジ』と『エコーレア ブラウン』、ともによく染まり、色もおしゃれ、使い方も思っていたよりずっと簡単だった。植物系ヘアカラーにあった負のイメージ「染まらない」、「髪色に合わない」、「使いにくい」を感じさせず、白髪のおしゃれ染めにイチ押しだ。

 

価格は2,000円(税別)。購入はオンラインショップから。

 

公式サイト:エコーレア

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡邊 玲子

渡邊 玲子

好奇心旺盛で新しもの好き。得意ジャンルはエンタメ、ファッション、美味しいもの。東京都在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック