人気スポーツサポーター『ザムスト』の定番アイテム「コンプレッションシリーズ」がリニューアル。抽選で豪華賞品の当たるキャンペーンも!

スポーツサポーター売上金額シェアNo.1を誇る『ZAMST(ザムスト)』の定番アイテム「コンプレッションシリーズ」がリニューアル。段階着圧設計と筋振動抑制機能に加え、体温コントロール機能が新たに追加された。リニューアルを記念して、ザムスト愛用者に抽選で豪華商品やノベルティが当たる「写真投稿キャンペーン」も実施中だ。

※2015年スポーツサポーター(スポーツ販売チャネルを主としたブランド商品対象)市場メーカー出荷金額ベース・(株)矢野経済研究所調べ・2016年12月現在

 

リニューアルしたのは、腕・ふくらはぎ・ふくらはぎ&足首用の3スリーブ

日本シグマックス株式会社(東京都新宿区)が、長年医療メーカーとして培ってきた知識や技術を注ぎ込んだ、スポーツ向けサポーターのトップブランド『ZAMST(ザムスト)』。なかでもトップアスリートからスポーツ愛好家に至るまで、スポーツに関わるあらゆる層から絶大な支持を得ているのが「コンプレッションシリーズ」だ。

腕をサポートする「アームスリーブ」

優れた伸縮性を持つ繊維「ライクラファイバー」により、快適なフィット感とサポート力を実現。筋肉の無駄な揺れを抑制することで筋肉の硬化を防ぎ、運動中や運動後の筋肉の疲労軽減を最大の特徴としている同シリーズ。

こちらは「カーフスリーブ」。足首までカバーする「カーフ&アンクルスリーブ」もある

今回リニューアルされたのは、段階的に圧力を弱める設計で腕の効率的な動きを促進する「アームスリーブ」と、すね・ふくらはぎ・足首に理想的な圧力を加えてサポートする着圧ストッキング「カーフスリーブ」「カーフ&アンクルスリーブ」の3アイテムだ。

パッケージから取り出した「カーフスリーブ」

 

体温コントロールできる新機能『HeiQ「SMART TEMP」』とは?

従来からの特徴に加え、汗を乾かす量を調節することで体温コントロールができる新機能『HeiQ「SMART TEMP」』が追加されている。暑いときには、吸汗速乾機能による気化熱で皮膚の表面温度を下げ、寒いときには、汗の蒸散を抑えることで「汗冷え」を防ぐ。すなわち、常に快適な状態でスポーツに集中することができるのだ。

 

そのほか「カーフスリーブ」の履き口をスッキリさせるための工夫も施され、「カーフ&アンクルスリーブ」に至っては、足首をやさしくサポートする機能もプラスされた。パッケージも、より商品の特長が分かりやすいデザインへと生まれ変わっている。

「カーフスリーブ」履き口のダブつきがなくなり、スッキリした

 

リニューアル後の新製品の着け心地を記者もお試し

記者も実際に「アームスリーブ」と「カーフスリーブ」を試してみたのだが、適度な締め付けで、着けた瞬間から腕やふくらはぎが軽くなるのを感じた。伸縮性があるため着け心地もよく、ポカポカしてくるのがわかる。汗をかいてもすぐに乾くため、体が冷えることがない。冬場のランニングのお供にピッタリだ。

サポーターは、自分のポテンシャルを引き出してくれる!

価格、サイズ、カラーは以下の通り。「アームスリーブ」(2400円、サイズはSS~L、ブラック・ホワイト・ネイビーの3色展開)、「カーフスリーブ」(2400円、サイズはS~LL、ブラック・ホワイト・ネイビーの3色展開)、「カーフ&アンクルスリーブ」(2900円、サイズはS~LL、ブラックのみ)。

疲労対策もバッチリ、見た目もカッコよく気分が上がる

 

豪華賞品が当たる写真投稿キャンペーンも実施中

新商品の発売を記念して、抽選で豪華賞品やノベルティが当たる「ザムスト写真投稿キャンペーン」も実施中。応募方法は簡単。普段使っているザムスト商品と一緒に写真を撮影し、特設サイトにアクセスして写真を投稿するだけ。

以前から保有している「ザムスト」でも応募OK!

新商品を購入しなくても、ザムスト商品の愛用者なら誰でも参加が可能。HISで使える2万円の商品券が当たる新商品賞や、光学式心拍計内蔵のGPSランニングウォッチ『GARMIN ForeAthlete 35J』が当たるランナー賞のほか、部活賞、オモシロ賞の4つのコースから選ぶことができる。応募締め切りは、2017年12月17日(日)まで。詳しくはキャンペーン公式ページを参照してほしい。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック