11月15日は「のど飴の日」! 制定したカンロが『健康のど飴たたかう乳酸菌』(試供品)4000個を無料サンプリング

11月15日が「のど飴の日」って知ってた? この記念日を制定したカンロが、“たたかい続ける”人たちを応援すべく、有楽町で『健康のど飴たたかう乳酸菌』(試供品)を4000個、無料サンプリングするイベントを企画中! 本格的な冬を前に、のどのケアとして試してみよう!

 

のど飴で日々是決戦!

冬は空気が乾燥して、風邪やインフルエンザを引きやすい季節。東京では一般に、11月中旬以降は最低気温がひと桁という日が増えてくる。今年は特に寒いと感じている人も多いだろう。そんな時期に手放せないのがのど飴。そんな季節に合わせ、11月15日は「のど飴の日」と制定されていることを知っているだろうか。これは、カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロ株式会社(東京都中野区)が、1981年11月に日本の菓子で初めて「のど飴」を発売した30周年を記念して制定された記念日。本格的な冬を前に、この時期ぐらいからのどのケアが重要ということを、「いい(11)ひと(1)こ(5)え」という語呂合わせに合致するということで制定したという。

 

あわせて読みたい:カンロ健康のど飴『たたかう乳酸菌』『たたかうマヌカハニー』9/19(火)発売!冬の乾燥対策は、甘すぎないのに優しいのど飴をセレクト!

 

今年、その「のど飴の日」を記念するとともに、これからのシーズンを手軽で身近な「のど飴」で乗り切ってほしいという目的で、カンロでは『健康のど飴たたかう乳酸菌』(試供品)を4000個、東京・有楽町の東京交通会館イベントスペース サンプリングエリアで配布するという。

 

配布場所の有楽町「東京交通会館」イベントスペース

配布される「健康のど飴たたかう乳酸菌」は、29種のハーブがブレンドされたハーブエキスと、シールド乳酸菌®が配合されているのど飴。このシールド乳酸菌®というのは、免疫力を高める効果が認められているとのこと。この「健康のど飴たたかう乳酸菌」なら、そのシールド乳酸菌を3粒で約100億個も摂取できる。

※「シールド乳酸菌」は森永乳業(株)の登録商標です。

サンプリングで配布される「健康のど飴たたかう乳酸菌」は、試供用の特別パッケージで1粒封入されている。もちろん、一般販売されているサイズ・容量とは異なる。配布時間は8:00~13:00だが、なくなり次第イベントは終了するため、早めにゲットしよう。なお、当然ながら配布は先着順だ。

 

試供品2粒とステッカー1枚をセットで配布予定

なお、「健康のど飴たたかう乳酸菌」は2018年1月22日まで「たたかうのど飴キャンペーン」を実施中。2品分のレシートを送って応募すれば、BRUNOの卓上加湿器「ウッドアロマミスト」とカンロののど飴セットが500名に抽選で当たる。今年の冬は、カンロのど飴で健康に乗り切ろう!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タック二階堂

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である雑誌編集の傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック