『チーズ鱈 とうもろこし』チーズと鱈に焼きとうもろこし風味がベストマッチ! アイスにも合う!?

この組み合わせ、アリなのか、ナシなのか…。

 

ミスマッチが実はベストマッチということは往々にしてある。それが、この『チーズ鱈 とうもろこし』だった。お酒のお供として定番となっている「チーズ鱈」に、“北海道の夏”を感じさせる新ラインナップとなることを期待させる新商品だった。

期間限定なのが惜しい! とうもろこしの風味がチーズ鱈に味わいをアップさせる逸品

「チーズ鱈(たら)」といえば、株式会社なとり(東京都北区)の定番おつまみ。その新商品『チーズ鱈 とうもろこし』(55g・実勢価格 税抜300円・2017年7月24日発売)は、北海道産とうもろこしパウダーをふんだんに使用した期間限定の新感覚「チーズ鱈」だ。チーズに鱈にとうもろこしという、字面だけ見るとミスマッチにも見える組み合わせだが、果たしてその味はどのようなものだろうか。もちろん、「おつまみのなとり」といわれるほど、このジャンルの商品には高い実績を持つメーカーなので、大きなハズシは考えにくい。

原材料を見ると、ナチュラルチーズに、たらのすり身、スイートコーンと続く。ちなみにたらのすり身というと、すぐに思い浮かぶのは「かまぼこ」。つまり、メインのチーズに柔軟性を持たせる“つなぎ”としてたらのすり身を使用し、スイートコーンパウダーを練り込んだおつまみということが想像できる。

封を開けた途端に、とうもろこしの香ばしい香りが漂う。これは期待感が否が応でも高まってくる。パッケージにも焼きとうもろこしの写真が配されている通り、どことなくお祭りの屋台で漂う懐かしい香りに感じる。

見た目は普通のチーズ鱈と変わらない。適度な弾力があり、これがもっちりとした食感につながっているのだ。口に運んでみると、まずとうもろこしの香りが口いっぱいに広がり、噛みしめるうちにチーズの風味が追いかけてくる。これはお世辞抜きで、美味い! ほんのりとした甘じょっぱさが少し濃い目の味付けで、季節的にビールのおつまみに最適だ。

なんと、アイスと合わせても美味しいんだとか。うーん、勇気のある人はぜひ試してみてほしい。

残念なのは、この『チーズ鱈 とうもろこし』が10月末までの期間限定発売ということ。これが、新商品によく見られる期間限定で反応を見て、好評であれば定番化するといった方向なのであれば、定番化を期待せざるを得ない。原材料の仕入れ供給の問題なのであれば仕方ないが、これは通年で販売されてもおかしくないほど完成度の高い商品なのだ。手に入るうちは何度もリピートしたくなる類の商品なので、見かけたら即買いをオススメする。コンビニやスーパーの珍味売り場で購入可能。

 

 

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タック二階堂

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である雑誌編集の傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック