ヨーグルトでは腸内環境が改善しにくい、その理由。毎日のすっきりを実現するために今から始められる善玉菌サポート!

今や腸内環境は便秘や下痢などのお腹の不調にとどまらず、がん、糖尿病などの成人病や、果てはうつ病などの精神疾患にまで関連が深いという研究が続々と発表されており、「NHKスペシャル」で特集が組まれたほど。そんな身体全体の健康につながるお腹の状態をすっきりさせるために、何ができるのだろうか。

毎日のすっきりが身体全体の健康を運んできてくれる。そのためのキーワードは腸内フローラの善玉菌!

 

年齢とともにトイレに行ってもすっきりしないことが増えた、匂いや色、固さや太さも変化して、以前のような明るい顔で過ごせなくなってきた。しかも最近は疲れもなかなか取れにくい。こうした腸の不調が全身の不調につながる可能性があることが近年注目され、「NHKスペシャル」で取り上げられるほど話題になった。

 

その特集のポイントは、腸内フローラ(腸内細菌叢)。200種以上・約100兆個にものぼる「腸内細菌」が私たち各々の腸内に住んでおり、健康な状態ならバランスよく共存している様が花畑に例えられて生まれた言葉。

 

 

同じものを食べても、すぐに太る人、まったく太らない人という体質の違いも、実は腸内細菌のバランスが生み出しているという。免疫面を原点に、美容にまでつながる腸内フローラの状況。その中には善玉菌と悪玉菌が存在し、その二つが常に縄張り争いを行なっているのだ。

 

ならば善玉菌優勢で「体調の良い人」の腸内細菌を「体調の悪い人」に移植すれば悩みを解消できるのではないか?という仮説から研究が進められ、すでに医療として数多くの患者を救っている現実がある。「NHKスペシャル」もその事例とともに、腸内環境の改善が健康につながる可能性を報じたわけだ。

 

 

とはいえ気軽に移植というわけにはいかないのが、現状。そこで腸内の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の割合を減らし、便の質を改善して健康を目指すことが肝心だ。そのために「毎日のヨーグルトは欠かしません」という人も多いはず。しかしどうやらその対策はあまり効率的ではないということがわかってきた。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料に入っている乳酸菌・ビフィズス菌は通り過ぎていくだけの存在!?

 

プロバイオティクスを標榜し、スーパーマーケットやコンビニの棚にたくさん並んでいるヨーグルト製品。ドリンク売場からチョコレートなどの菓子売場に至るまで、乳酸菌入り製品は花盛り。

 

ただそのほとんどは胃酸によって死滅してしまう。それでも一定の効果があることから、わかりつつも摂り続けている人も多いだろう。ところが一般的な乳酸菌やビフィズス菌が、腸内まで”生きて届く”としても、そこに住み着くことはなく、追い出されてしまう「通過菌」だということは知っていただろうか。

 

 

この事実はヨーグルトを日本ではじめて製造販売した医師・正垣角太郎氏と、その息子である細菌学者・正垣一義氏が発見したもの。生後半年で自分の腸内細菌は決定され、それ以外の乳酸菌などは通過菌として腸内にとどまらずに排出されてしまうようになる。

 

 

なので自分がもともと持っている腸内細菌の中の善玉菌を増やすしか手はないことになるのだ。では一体どうやったらそれが可能になるのだろうか。

 

乳酸菌が生み出す健康に好影響を与える乳酸菌発酵エキスそのものを摂ればいいという発想の転換!

 

乳酸菌がヒトの身体を健康に導いていくためにしていることは何か。実は乳酸菌・ビフィズス菌は腸内で食物繊維をエサにして「乳酸菌発酵エキス」を生み出しているのだ。ではその中身はどんなものなのだろうか。

 

 

主成分で注目したいのは、前述のNHKスペシャルでも報道された成分「短鎖脂肪酸」。体内善玉菌を守り育てることで、脂肪の蓄積をおさえ、余分なものを排出する蠕動運動を促してくれる上、さらにカラダ本来が持つ「抵抗力」を高める酪酸やプロピオン酸を生成する善玉菌の増加に役立っているという。

 

 

他に美容に大切なコラーゲンや毛髪の材料となる必須アミノ酸、疲労回復に必要なビタミンB群や女性に必須の葉酸、心の健康に関わるトリプトファンや抗ストレス成分と言われるステリルグリコシドなど、現時点で特定されているだけでも352種類の成分を生み出しているのだ。※メタボーローム解析より

 

 

乳酸菌・ビフィズス菌を取り入れるのではなく、それらが生み出す生成物質を摂取するという発想の転換は、日本薬学会や各種メディアなどでも大きな注目を集め、今後の健康増進対策の中心になることは間違いないと目されている。

 

 

なので効果の高い最良の策は、腸内に善玉菌を増やすこと。善玉菌は24時間休まず、少しずつ有用成分(酢酸、酪酸、プロピオン酸)を生成しては、血液に吸収されることで”有用成分の血中濃度が安定する”から、有用成分を飲むよりも体に良い効果を与え続けることができるのだ。

乳酸菌発酵エキスがゼリー状のスティックで簡単に摂取できる美味しい習慣『善玉元気』!

そうした「乳酸菌発酵エキス」を簡単に取れるのが、持ち歩きしやすい個別パウチされたサプリメントゼリーの『善玉元気』(30日分/30包・通常価格6,980円・発売中)だ。他にも若々しさをサポートするアントシアニンやトランスレスベラトロールなど抗酸化ポリフェノールを含み、天然蜂蜜とトクホ認定の水溶性食物繊維を配合して、トータルに健康をサポートしてくれる成分構成となっている。

ちなみに今回特別に乳酸菌発酵エキスの原液を見せてもらった。とろりとして茶褐色に色づいたこれが、エキスそのもの。舐めてみるとびっくりするほど酸っぱい! このままではとても飲めたものではない。

 

24時間休みなく働いて体を元気に導いてくれる善玉菌を増やすための『善玉元気』。実際に飲んで確かめてみる!

銀色のパウチで完全包装されているので必要なぶんだけカバンの中に入れて持って歩いても心配ないのが『善玉元気』のうれしい特徴。ただ問題はその味だろう。先ほど「乳酸菌発酵エキス」の原液を舐めて恐ろしいほど酸っぱくてびっくりしたので、警戒心を抱いてしまう。

中身が飛び散りやすいと切り口部分に書いてあったので、慎重に開ける。中をのぞいても今ひとつよくわからなかったので、皿の上に出してみるとフルボディの赤ワインでできたかのような赤いゼリー。香りもほんのりとした酸味を感じる程度で問題ない。

中身を押し出すとゼリーが顔を出すので、そのまま口で吸うとツルッと口に中に入ってきた。ほんのり爽やかな酸味とフルーティーな味わい。甘さを抑えたゼリーのようで、普通に美味しい。これで「乳酸菌発酵エキス」が摂取できて、さらにその効果で善玉菌が増えるとしたら実に楽。毎日続けるのも全然苦ではない。むしろ、もう一本食べたくなる感覚の方が強い。

 

翌朝のすっきり感が明らかに違う。昔の自分のように笑顔でトイレから出られる!

夜に飲むのがオススメということで、夜に飲んで就寝。すると最近加齢のせいかすっきりした朝のおつとめはご無沙汰だったのだが、するっと久々の便通があった。

そのまま数日続けてみたが、朝起きてすぐ、というのがどうやら習慣になったようだ。朝からすっきりできると毎日のスタートラインが心身ともに違ってくる。同梱されている取扱説明書とともに便の色をチェックできるカラーチャートが付いているのが面白い。

実際に見比べてみると3日後くらいで明らかに2段階ほど色が明るくなった気がする。善玉菌がかなり頑張ってくれたらしい。これはうれしい驚きだ。

 

今なら通常6,980円のところ、「フローラ定期便」初回限定3,980円のキャンペーンを実施中!

ヨーグルト習慣では不可能だった実感を感じることができる『善玉元気』。今までいろいろ試してみても効果がなかった人にこそ、この「乳酸菌発酵エキス」のパワーを試してみてほしい。

今なら通常価格税抜6,980円(30包/30日分)が、「フローラ定期便」初回限定で税抜3,980円となるキャンペーンを実施中だ。ちなみに「フローラ定期便」とは最低3ヶ月(3回)の継続が必須になるが、特別価格・送料無料・毎月自動お届けとなる便利なコース。2回目以降は税抜5,400円となる。90日間の返金保証がつくのも安心だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック