スライド式爪切り『ネイクル』なら、刃が出ていないから子どもでも安心! 外出先でササッとネイルケアも可能

子どもが自分で爪を切れるスライド式の爪切り『ネイクル』が新発売。薄~い猫型で爪切りにはまるで見えないフォルムだが、刃に爪を当て、横に動かすことで爪を切る新発想の爪切りだという。気になるその使い心地とは? 子どもと一緒に試してみた!

スライドして爪を切る、見た目もハード(!?)な猫型爪切り!

株式会社テクセルジャパン東京都小平市)『ネイクル』(41×11×40mm/5g・税込985円・2017年4月発売)は、本体をスライドさせる子ども用の爪切り。自分で爪が切れるので、「マイ爪切り」としても活用できるとか。

 

使用できる爪は横幅14mm以内。女性なら大人でも適応サイズだが、成人の硬い爪や厚い爪などには不向き。爪が柔らかい人向けということで、やはり使えるのは子どもということになるだろう。

 

『ネイクル』は猫を模したデザインで、ピンクイエローともにインパクト強めのカラー。さらに猫の瞳にはスカルが描かれるなど、結構ハードなデザイン! 子ども…特に女の子のハートを掴みそうだ。

 

本体サイズはW41×D11×H40mmと、子ども向けということもあってかなりコンパクト。爪切りというとドッシリ重みがあるイメージだが、『ネイクル』はとにかく軽い! 重さを量ってみると、なんと5g。これは持ち運びにも便利である。

 

たしかに切れる、切れるけど…ビビりの子にはちょっぴり不向き!?

では、さっそく試してみよう。最終目標は子どもが自分で爪を切ることだが、まずは大人である記者が子どもの爪で試してみる。

 

猫のアゴ部分にある開口部に爪を当てる。そして、本体をゆっくりと横にスライドさせていく。「力を入れすぎないように」と注意書きがあるが…あれれ?思ったよりかなり力を入れないとスライドできない。これはコツを掴むのが結構大変そう…。

 

説明ではカーブを描いて爪が切れるようなイメージだったが、切れた爪は直線的にスパッとカットされた形。何度か角度を変えて、なんとか形を整えてくような感じだった。

 

ちなみに『ネイクル』の裏面には、小さなヤスリが付いている。ステンレス製で、見た目に反してかなり本格的に削れるため、少し不格好に切れてしまった爪も整えることができる。

 

続いて子どもに自分でやらせてみる。だがビビりの我が子、『ネイクル』をスライドさせることが怖いという。「そこをなんとか」とやらせてみたものの、やはりうまくいかず…。

 

たしかに普段の爪切りとは勝手が違うので、怖いと感じてしまうのも仕方ないのかも。推奨年齢は7歳からだが、美容に目覚めたお姉さん向けの商品といえるだろう。

とはいえ、いつまでも親が子どもの爪を切り続けるわけにもいかず、この『ネイクル』は子どもが自分で自分の爪を切るというキッカケ作りには一役買ってくれそう。カバンに忍ばせておけば、「うっかり爪を切り忘れた!」という緊急時にも助けてくれるアイテムだ。

 

『ネイクル』は、公式サイト楽天市場などのネットショップで発売中。これひとつで完璧に仕上げる“メイン”の爪切りというよりは、“サブ”の爪切りとして活用することをおすすめしたい。

 

オススメ度:(ピンときたら、どうぞ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

トラックバック