『糖質50%オフ バター珈琲』グラスフェッド・バターにMCTオイル、手軽に話題の完全無欠コーヒーを実現!?

世を挙げての糖質制限ダイエットブーム。大手牛丼チェーン「松屋」でもライスを湯豆腐にチェンジできるようになったほど、炭水化物は目の敵だ。この『糖質50%オフ バター珈琲』はそうした糖質オフという側面の他に牧草飼育の牛乳由来のバター、高価な健康志向最前線オイルのMCTオイルを合わせたスペシャルなキャンディだ。

飴を食べても太りたくない、より健康になりたいというのなら、これはかなり最強の選択!

糖質オフのキャンディというのは、もはや珍しくもなんともない。しかしグラスフェッドバターとMCTオイルまで入っているというからUHA味覚糖『糖質50%オフ バター珈琲』(81g・実勢価格 税込183円・発売中)は、健康意識高すぎだ。ちなみにグラスフェッド、MCTオイルに関しては以下の記事でも取り上げたことがある。

 

あわせて読みたい:『アハラ ラーサ オーガニックギー』セレブ御用達の脂肪になりにくい牧草飼育牛由来の最高級ヘルシーオイル

 

簡単にいうと、現状乳牛のほとんどは穀物飼育であり、本来の牛が草食動物であることを考えると不自然。なので自然の牧草を食みながら育った牛のミルクの方が栄養成分を豊富に含んでいて健康コンシャス。これをグレインフェッド(穀物飼育)に対してグラスフェッドという。『糖質50%オフ バター珈琲』はそうした背景から、グラスフェッド牛乳から作られたバターを使用している。


さらにMCTオイルはセレブ御用達でブームを呼んだココナッツオイルを精製したもので、脂肪のつきにくさで最新人気のオイル。どちらも全米でベストセラーとなり日本でも『シリコンバレー式自分を変える 最強の食事』(デイヴ・アスプリー・著 ダイヤモンド社・刊)で取り上げられたのがきっかけ。

 

その本の中で、朝飲めば夕方までお腹が減らないとして紹介されているのがグラスフェッドバターとMCTオイルを混ぜた”完全無欠コーヒー”なる代物。作るとなると入手も大変なそれらを気軽な飴にしてしまったのが、この商品のすごいところだ。

 

普通に美味しいコーヒーキャンディ。ダイエッターの小腹サポートに最適!


MCTオイルはひと瓶2,000円以上、かなりマニアックな自然食品店でないとグラスフェッドバターは滅多に手に入らない、そう考えるとこの商品のすごさがわかるだろう。200円を切る価格で擬似的にでも完全無欠コーヒーを味わえるのだから。


封を開けると中は個別包装。持ち歩きもしやすい。気になるカロリーは一粒あたり12kcal。糖質は約2.5g。実際に食べてみると、健康の為に我慢して食べるタイプのキャンディではなく、香ばしいコーヒーの香りが際立つ美味しい飴。


これで健康になったり、ぐんぐん痩せていくことはないだろうが、小腹が減った時に口に入れるものとしてはかなり優秀だと思う。とりあえず、完全無欠コーヒーが気になっていても現実的に難しいと感じていた人にとっては箱買いしたくなる商品である。

 

 

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック