譲り受けたジュエリーをリフォームしながら大切に使う日本伝統のリユース文化を応援する『ゴールドプラザ』に行ってみた!

母親・祖母から譲り受けたジュエリー、昔買ったが使わなくなったジュエリー、新しいものを買うのもいいけれど、ちょっと待って。日本には世代を超えて大切に使い続ける”リユース”という文化があったはず。そう、思い入れのあるジュエリーは、デザインをリフォームして使い続ける事もできるのだ。そんなリユース文化を後押ししてくれるゴールドプラザの新サービス「リユースカウンセラー」をご紹介しよう。

 

不要なジュエリーは売ってしまうだけではなく、デザインをリフォームして使い続ける道もある。とにかく『ゴールドプラザ』に相談してみよう!

「昔から石には魂が宿るとも言われます。気軽に売却してよいものではないと考えています」
と、株式会社ドリームファクトリー(大阪市北区)が展開する貴金属買取店『ゴールドプラザ 銀座店』(東京都中央区銀座5-8-17 銀座プラザ58ビル4F)のリユースカウンセラー・名古屋豊氏。貴金属を買い取ってなんぼのこうしたお店で、そんなことを言ってしまっていいの!?


「私たちの仕事は、大切なジュエリーをどうするか、カウンセリングすることなんです。もちろん買取もやっています。ですが、そのジュエリーの最適な活用方法を提案するのが、『ゴールドプラザ』の方針。無理に買うことはしませんし、そのまま持ち帰ったほうがいいとおすすめする事もあります。修理やリフォームなどで使えるのであれば、そうしたご提案もいたします」

つまりジュエリーの総合カウンセリングが『ゴールドプラザ』の特徴なのだ。売るのかどうするのかという地点から相談に乗ってくれるという。これは心強い。ともするとこうした買取店にジュエリーを持ち込むと、とにかく無理やり買い取られそうになって怖くなったという話はよく聞く。ところが『ゴールドプラザ』はそうした”無理やりな買取”禁止がモットーなのだそう。

そんな『ゴールドプラザ』が1月16日に公式サイトをリニューアル。サイト上の新サービス「リユースカウンセラー」が訴えているのは、リユース文化の再興。日本は昔から、代々受け継いできた着物を、後の世代が打ち直して着る、大切に使ってきた布団も綿を打ち直して使い続けるという再利用=リユースの文化が根付いていた国。ところが現代、海を越えて入ってきた大量購入・大量消費の波が襲いかかり、すっかり使い捨てが常識になってしまった。

 

そんな中『ゴールドプラザ』は、”大切なジュエリーだったら、もっと工夫して使い続けては?”と提案する。関東・中部・関西にある各店舗には鑑定士がリユースカウンセラーとして常駐。ただ買い取るだけではなく、使い続けるための提案も同時に行なっているという。

リユース、確かに売るだけでなくそうした可能性もアリだ。そういえば、母親からもらったものの、デザインが今ひとつパッとせず引き出しの奥に眠っているダイヤのリングがあるはず…。それを持って、『ゴールドプラザ 銀座店』に行って、相談してみよう。

 

母から譲り受けた昔ながらのデザインのダイヤの指輪を握りしめ、夜の銀座へ足を運んだ…


銀座四丁目の交差点からほど近い場所に『ゴールドプラザ 銀座店』はあった。勇気を出してエレベーターに乗り、4階で降りると、白を基調にした清潔感のある店内。よくある買取専門店特有の怪しさやどぎつさもなく、いたって普通なことに少し安心する。


ウェイティングコーナーもすっきりしたデザインで、窓からは銀座の街並みがのぞめ、気持ちがいい。大人しく待っていると奥からリユースカウンセラーの名古屋さんが現れた。不安な面持ちが伝わったのだろう、「大丈夫ですよ」と歯を見せて優しく笑う。


案内されるがままに仕切られた奥の小部屋へ。ここも明るく清潔で、外資系の銀行のような感じ。テーブルを挟んで名古屋さんと向かい合う。軽い世間話を数分。


「これ、母から譲り受けた指輪なんですけど…」
と、思い切って、持ってきた指輪を差し出す。買取店らしい白の手袋が眩しい。慣れた手つきで受け取る名古屋さん。鑑定書も何もないことを告げても問題ないそうで一安心。


「見ればわかりますよ、鑑定士なので(笑)。なるほど、立て爪のダイヤモンドリングですね。大切に使われていたみたいですね…。売却されますか?」
「売るとしたらいくらになりますか?」
「そうですね、今のダイヤモンド、0.50カラットで、このくらいのグレードになりますので、現在の相場はこちらですね」
と傍のパソコンをささっと操って、教えてくれる。
「当店での買取額は●●円になります」
もっとややこしい料金がいろいろかかると思っていたのに。明朗会計…。


「無理にお売りいただかなくても、リフォームして使い続ける事も出来ますよ」
名古屋さんの目がキラリと光った気がしたのは気のせいだろうか。なるほど、これがリユースというもの?
「立て爪のデザインは、やはり少し古く感じてしまうかもしれませんね。でも石は良いものなので、リフォームしてみるのはいかがですか」
そう言われて、もちろん気になるのは金額だ。言われた金額を一覧にすると以下の通り。

 

 

■立て爪のダイヤリング0.50ctを人気ブランド風のネックレスにリフォーム

枠    25,000円
チェーン 14,000円
加工代   2,525円
小計   42,525円

今付属している立て爪リング枠4gの下取り額 13,000円

実質費用合計 29,525円

加工は1〜2週間で、提携している工場で行なってくれるという。ちなみに出来上がったら郵送ではなく、取りに来て欲しいそう。

「大切なジュエリーですし、やはり仕上がりを見て納得していただいた上で引き取っていただきたいんです」

 

2週間後リフォームしてもらったジュエリーを取りに行く。ダイヤの指輪がネックレスに変身!

ワクワクしながら加工済みのものを取りに行く。またしても仕事帰りなので、夜になってしまったが、夜8時まで営業しているので安心だ。


再び名古屋さんと面会。もう待ちきれない。
「お待たせしました、いかがでしょう」
そこに現れたのは、見事に今どきスタイルに生まれ変わったネックレス。これ、すごい……。
「こんなに素敵になるんですね!」


正直、もともとが古い感じのデザインだったせいか、仕上がりもそれほど変わらないと思っていた。が、まるっきり新しいジュエリーのように燦然と輝くダイヤのネックレスを見て、感激してしまった。
「ありがとうございます!」
「いえいえ、お礼を言うのは我々の方ですよ(笑)」


思い切って相談してみてよかった。売らないでリフォームして良かった。どちらにしても自分の意志でしっかり決められるのが良かった。


もし母親・祖母から譲り受けたジュエリーや昔買ったが使わなくなったジュエリー、使うにはデザインが古すぎたり、サイズが合わなくなっていたり、傷だらけで使いたくないものを持っているのなら、ぜひ一度『ゴールドプラザ』に相談してみるのがおすすめ。きっと最善の道を教えてくれるはずだ。

『ゴールドプラザ 銀座店』

東京都中央区銀座5-8-17 銀座プラザ58ビル4F
Tel.03-5537-3803
営業時間 11:00〜20:00(年中無休/年末年始除く)
買取対象品 金/プラチナ/ダイヤ/宝石/ブランド品/時計/切手/カメラ
古物商許可番号 東京都公安委員会 第301060806141号

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック