『ロブスティック・ロックソルト味』エビ好きは感動必至! 香ばしさ満点のワイルド系おつまみスナック

ダイナミックなロブスターの網焼きに思わず目が行くカップタイプのスナック菓子『ロブスティック・ロックソルト味』株式会社東ハトから新発売。ブラックを基調としたド迫力のパッケージは、男性向けのワイルドなイメージだが、果たしてその味は?

今までなかったロブスター風味のスナック!高級食材を手軽に

『ロブスティック・ロックソルト味』(標準40g・希望小売価格 税別122円・2017年1月2日発売)は、濃厚なアメリカンロブスターの旨味が詰まったスナック菓子。実物のロブスターに出会える機会はそうそうないが、これならコンビニで手軽に手に入る。

パッケージはつまみやすいカップ型で、フタ部分にもロブスターがドドンと!「濃厚ロブスタースナック」というなんとも読みやすいゴナ書体は、自信の表れなのか!?

気になるのは原材料。えびパウダーにはアメリカンロブスターが1%含まれているという。中でも気になったのは「おきあみエキスパウダー」。一体何ぞや? と調べてみると、「オキアミ」はエビに似た小さな甲殻類なのだとか。魚介風味のお菓子の調味料としてよく用いられているようだ。

「ロックソルト味」と聞き、初めはそのパッケージから激しいロックをイメージした塩味なのかと思ったが、正しくはロックソルト=岩塩であり、アメリカ産の岩塩がロブスターの旨味を引き立てているという。1カップあたりの食塩相当量は0.9gだ。

 

 

香ばしさと塩味が絶妙!ロブスター感も抜群!!

フタを開けると、干しエビのパッケージを開けたときのようなエビの香りがダイレクトに鼻に届く。ピンクと赤の中間のような色味で、1本7cm程度。断面がX型をしている。

カップに対してスティックが短め!?と思ったが、それについては「製品保護のため」と説明書きがあった。

それでは食べてみよう! 口に入れると、まずはカリッ!として噛み進めるとザックザック!!というやや堅めの食感。X型の形状ゆえ、一定ではないばらつきのある歯ごたえがおもしろい。

 

しっかりとした塩味と、エビの豊かな香りが口全体を包み込む。エビ好きにはたまらないスナック菓子の誕生だ!!

えび風味のスナック菓子というと、やはりカルビー「かっぱえびせん」が頭に浮かぶが、「かっぱえびせん」はエビを煎ったような香りであるのに対して『ロブスティック・ロックソルト味』は磯の香りが強く、バーベキューなどで網焼きしたような香ばしさがある。

 

本当にエビを食べたような後味が残り続け、食後の満足度もかなり高い。

 

 

おつまみにオススメ!塩味の強さがお酒に最適!

強いて難点をあげるとしたら、塩味の強さ。「ロックソルト味」というだけあり、子どもがおやつとして食べるには塩気がかなり強い。だが、だからこそビールに添えておつまみとしても大活躍してくれることは間違いない。

男性向けのパッケージではあるが、女性である記者も炭酸飲料を片手に次々と手が伸びてしまう『ロブスティック・ロックソルト味』。コンビニ限定で販売中だ。

 

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

トラックバック