【2017年編集部からのご挨拶】本年も『おためし新商品ナビ』をよろしくお願い申し上げます!

あけましておめでとうございます。早いもので、株式会社フロンティアが運営する話題の新商品を消費者目線で実際に使ってレビューするお役立ちニュースサイト『おためし新商品ナビ』は2017年4月、サイト開設から丸4年を迎えます。

2017年も、消費者にしっかりと役立つサイトでありたい!

おためし新商品ナビの編集スタッフも他サイトを訪問すればいち読者。その時、自分たちが不愉快に感じることはできるだけ無くそうと努めています。たとえば価格が書かれていないとか、書かれていても長い記事の一番下に記載されること。そうなると読者は結局Amazonや楽天で実売価格を再検索するひと手間がかかってしまいます。同じようにサイト内で基本的なスペックがわかるように、商品のサイズ、販路などのスペック記載も同様に重視しています。本当に買いたい時に、必ず知りたい情報は網羅したいのです。

 

なので未発売のおもしろ商品を大げさに「登場!」と書いて煽るような、閲覧数を稼ぐためだけの企画も、わたしたちが避けているやり方です。現在のインターネット情報サイトの流れには反しているかもしれませんが、確実に信用性の高いコンテンツを生み出すことに注力しています。

 

今年はキャッチーな企画を考案中!

とはいえもちろん、閲覧数を重視していないわけではありません。読んでもらえないのでは、存在意義がないのが情報サイトでもあります。なのでより多くの方に読んで頂けるようなキャッチーさも必要だと考えています。

 

2017年は著名人にご登場いただく企画や、ヒット商品を掘り下げる企画などの娯楽性の高い企画も考案中。ショッピング情報をエンタメに昇華させるのがわたしたちのミッションです。ご期待ください。

(株式会社フロンティア メディア事業本部 安藤英祐)

 

編集デスク・清水りょういちからのご挨拶

あらためまして、あけましておめでとうございます。ライターとして参加していた新商品検証サイト・おたナビこと「おためし新商品ナビ」で2016年元旦から編集デスクとしても参加している清水りょういちです。

 

 

編集担当としては一周年を迎え、いろいろな新企画も試すことができました。出自がエンタメ系雑誌編集長ということもあって、しっかりとした質実剛健な情報をエンターテイメント性とともに紹介するということにこだわりつつ試行錯誤をしています。

 

 

以前は新しくわかりにくい音楽をわかりやすく読者に伝えるということを信条としていましたが、その素材が新商品に変わっただけで、やっていることは実はそんなに変わりません。市場にまだ出ていない新製品は、わかりにくいものです。なのでその商品がどのように使う(食べる、飲む)ものであるのか、そしてどのように楽しんで、どのように生活を楽しいものに変えてくれるのかをわかりやすく伝える必要があります。

 

 

もちろん公式サイトなどを見ればほとんどの情報はわかりますが、それはあくまでメーカーの視点。消費者の目線で見つめなおした時、どんなメリット・デメリットがあるかまでは説明されていないことがほとんどです。そうなると購入を決めるための補足の情報が重要になってきます。

 

 

画期的な新商品に出会うのは、わくわくすることです。単純に美味しい体験をするものから、ライフスタイルを激変させてしまうくらいのインパクトのある商品まで、そこにはいろいろなお楽しみのタネが詰まっています。大げさに言えば、画期的な新商品には夢や希望が詰まっているのです。ひょっとしたらこの製品を使えば、もっとバリバリ勉強や仕事に打ち込めるのかもしれませんし、この上ないリラックスのひと時を得られるのかもしれません。

 

 

それは立派なエンターテイメントだと思います。これまた大げさに言えば、新しい価値観の提示にもなります。さらっと紹介文や写真で伝わらないことも、実際に商品を検証することによって見えてくるものがあるに違いないからです。

 

 

「おためし新商品ナビ」はなかなか100%おすすめすることも少ないのですが、いわゆる記者個人の感情のみで”ディスる”のも避けるようにしています。たとえ100人中99人がダメと言っても、残りの1人が最高だと思うのなら、100%ダメな製品ではありません。「おためし新商品ナビ」はそうしたところまで考えて、しっかりとした批評をすることが目標です。

 

 

なので不便なところは不便と書きますし、良いところは積極的に評価します。でも、最終的に”これを買え”というのはいささか筋違い。決めるのは読者なのですから。「おためし新商品ナビ」はそのための最大限の手がかりを与えることに一生懸命です。各記者が最後に自分だったらどうするのかを表す星をつけていますが、それもあくまで参考のための目安なのです。

 

 

なので各メーカーの方々にも協力をいただけると幸いです。より大掛かりな検証実験もしやすくなるので。そこで多少のデメリットが発覚しても、メリットの方が勝れば購入するのが消費者だと思います。重箱の隅をつついてダメなところを見つけて「買わない!」と判断するほど、消費者は愚かではありません。それよりもデメリットをしっかり把握した上で、自分の生活に導入するかどうかを判断する賢い存在だと思います。

 

 

今年はより一層のメーカー様のご協力を頂きたいですし、各方面の著名人出演企画なども含め、読み応えのある究極の一大新商品エンターテイメントを作り上げたいと思っています。どうぞご期待ください!

(おためし新商品ナビ編集担当 清水りょういち)

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

編集部

編集部

気になる新商品をあなたに代わって検証します。情報提供はこちらまで。オフィスは東京都新宿区。ライター、カメラマン随時募集中。

この記者の記事一覧

トラックバック