『Kiboni(キボニ)マルチオープナー』ドイツ製ならではのクールな実用デザインで何でも開栓!

ドイツ製品と言えば、シンプルでクールな工業デザインが特徴なだけでなく、少し高価だが圧倒的なクオリティーを誇り、長く愛用できるように丈夫に作られている。そんな工業デザイン大国ドイツで作られたKiboni(キボニ) マルチオープナーは、一本でなんと4WAY仕様。これさえあれば、ペットボトルのキャップ、プルタブ、ビール瓶の栓抜き、スパークリングワインのコルクを抜くことも簡単にできてしまうのだ!

「安定感」を作り出すマルチオープナーだから、非力でも楽々開栓可能!

 

今トレンドの「ノームコア(究極の普通)」はまさにドイツ製品のためにあるような言葉と言っていいほど、ドイツ製品はその本質を追求している。そのためクオリティーと実用性を重視し、持ち主に一生寄り添うような飽きの来ないシンプルなデザインが特徴だ。

 

株式会社マークスインターナショナル(東京都渋谷区)のKiboni マルチオープナー』(ポリアミド樹脂製/アルミニウム製・希望小売価格 税抜1,200円・発売中)もその例にもれず、機能重視で無駄がない。2016German Design AwardDesign Plus Award を受賞しただけあって、背筋がピンとなるような美しさがある。

 

手に持ってみればその丈夫さがわかるだろう。壊れてしまうのではないかという不安が一切よぎらないほどしっかりしている。

 

原料のポリアミドは自動車製造に使われるほど機械的特性に優れているのだ。頑丈なアルミニウム製の方は現在は売り切れで取り扱いはない。

 

一見工具と間違ってしまいそうなユニークなデザイン。持ち運びには少し大きいかもしれないが、カバンの中に入っていてもクールだ。

カラーは3種類。どれを選ぼうかと悩んでしまうほど、どれも素敵な色合いだ。

 

さて、デザインについて語りすぎてしまったが、『Kiboni マルチオープナー』の使い方についても説明しよう。

 

ネイルをしている女性、握力の弱いお年寄りや子供にとって、プルタブやペットボトルのキャップを開けるのは一苦労だったりする。ワインのコルクや瓶の王冠を開けるには専用の器具が必要であるし…。

 

日本の栓抜きはデザイン的に気に入るものもなければ、最近使われることがめっきり減った。薄っぺらく安定感がないため、力を込めすぎて王冠を開けるどころか瓶を割ってしまったことすらある。

 

そんな嫌悪感しか抱かなかった栓抜き。もちろん我が家にはなかったのだが、友達がお土産で買ってきてくれた無添加ジュースはまさかの王冠キャップ。家中のフォークやらスプーンやらを持ち出して栓を抜こうとしたが、一向に開かない。

 

そういえば「おためし新商品ナビ」からオープナーが送られて来ていたということを思い出し、パッケージのイラストを見ながら使ってみると見事に開いたのだ!

 

我が家にタイミングよくオープナーを送ってくれた「おためし新商品ナビ」にももちろん感謝したが、握りやすい丁度良い太さで無駄な力を入れなくてもよく、抜群の安定感で王冠がゆっくりと曲がっていく様子に、記者は感動を覚えた。

 

Kiboni マルチオープナー』の円の部分は裏から表にかけて直径が小さくなり、さらに4つの突起がキャップの凹凸にはまるため、キャップをしっかりと把持し、容易に回して開けられるようになっている。ペットボトルやワインの栓が開けやすい。

 

オープナーの後ろの部分は、他の部分に比べて薄めに作られているためプルタブを上げやすい。

 

こんなにたくさんの機能はあるものの、やはり使用頻度は高くないオープナー。いらないのではないかと思ってしまう人は多いだろうが、この一生使える実用的なカッコよさは、ミニマリストにこそ特にオススメな商品だと感じた。

 

記者のようにたまに王冠に出会うことはあるだろうし、どうしても開かないペットボトルキャップに出会うこともあるだろう。子供やお年寄りがいる家では大活躍するのではないだろうか。

 

Kiboni マルチオープナー』で、毎日のほんの少しのストレスがなくなり、生活がちょっとだけ楽になる。そんな気持ちを込めて、ギフトとして贈っても喜ばれるに違いない。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

栗原 みほ

栗原 みほ

20代女性。消費者目線を忘れず、入念な下調べと分析を行うことがポリシー。得意分野は日用品、コスメ、文房具など。

この記者の記事一覧

トラックバック