『BabyBjörn(ベビービョルン)ベビーキャリア オリジナル』シリーズは本当にコスパ最高の抱っこひもなのか!?

『BabyBjörn(ベビービョルン)』の抱っこひもを購入検討しているママ&パパは少なくないはず。なぜなら店頭で見かけると、北欧スウェーデンのおしゃれなブランドなのに、なんだか安い!? 今回はそんな気になるベビービョルンの抱っこひも(ベビーキャリア)の主要3シリーズ(オリジナル、We、One)の中で、もっとも安くてスタンダードな『ベビーキャリア オリジナル』シリーズを検証してみた!

 

エルゴとビョルンは実は仲良し!? 『BabyBjörn(ベビービョルン)』と「エルゴベビー」を併用するママ&パパ急増中

CR5_5823

海外の抱っこひもブランドといえば「エルゴベビー(通称エルゴ)」が有名だが、『BabyBjörn(ベビービョルン/通称ビョルン)』も負けてはいない。そのインパクトは、何よりショップの売り場で目にする「安さ」。エルゴが最安税抜定価17,000円という価格設定なのに対して、ビョルンには税抜定価6,800円からという、激安のシリーズが存在する。

 

 

ビョルンは一体何故こんなにも安いのか? もちろん理由はある。それはこの「オリジナル」シリーズが0~1歳児向けであり、体重11kg・月齢14ヶ月頃までしか使えない小さなサイズだからだ。

CR5_5688

つまり期間限定な分だけ安いということ。ただこの「オリジナル」を含めてビョルンの抱っこひもはすべて新生児(首がすわる前)から使える点に注目してほしい。エルゴ製品の場合、新生児に使う場合は一部モデルを除いて4,000円程度の別売パーツを買わないと使えない。つまり抱っこひも本体(17,000円)との合計金額にすると2万円を超えてしまうのだ。

 

あわせて読みたい:エルゴベビー全種類を試してみた

 

一方6,800円ポッキリで、新生児に使えるベビービョルン。この価格を見たら「エルゴの新生児用別売パーツを4,000円で買おうと思ったけど止めて、新生児期はベビービョルン オリジナル シリーズで乗り切ろうかな…」なんて考えも浮かぶ。実際、ベビービョルン株式会社に問い合わせたところ「どうやら新生児から6ヶ月くらいだけ使われるケースが多いようで、一度人気の無くなったオリジナルが、昨年くらいから急に売れ出して、ビックリしています」とのことだった。皆、考えることは同じらしい。

CR5_5676

注●撮影は安全のため、人形を使用しています。

 

抱っこひもを卒業する時期は1歳半~2歳くらいの赤ちゃんが多いから、それほど体格の大きくないければ6,800円のビョルン1本だけで、買い足さずに最後まで乗り切れることもありそうな。そうするとコスパは比べようのないくらい強大である。

 

 

コスパ最強抱っこひも「ベビービョルン オリジナル」シリーズ、3グレードの違いは生地のみ!

 

そんなコストパフォーマンスに優れた『BabyBjörn(ベビービョルン) ベビーキャリア オリジナル』シリーズを紹介しよう。「オリジナル」の中にも3段階のグレード・価格設定が存在する。

 

  1. オリジナル 「コットン」 : 税抜定価6,800円
  2. オリジナル ソフトセレクション 「ジャージー」 : 税抜定価9,000円
  3. オリジナル 「エアー」 : 税抜定価9,800円

 

最大3,000円の価格差があるが、構造はすべて同じ。違いは素材のみ。つまり素材の違いにお金を払うかどうかが基準になる。それでは各々検証していこう。