『スナテックス』米軍開発の砂にまみれない特殊二重構造レジャーマット……本当に!? いざ検証!

海水浴やキャンプ・ピクニック・お花見など、季節ごとに楽しめるアウトドアアクティビティはさまざま。アウトドアで遊ぶのが大好きで得意とするマニアも多い。そんなアウトドア好きがこぞって飛びつきそうなグッズがレジャーマット『スナテックス』だ。「砂で体や荷物が汚れにくい」とテレビでも紹介された「人にやさしいマット」。そんなレジャーがさらに楽しくなりそうなマットを検証してみた。

ビーチでの悩みを一気に解消、お弁当やタオルも砂まみれにならないレジャーマット!

 

アウトドア、とくに海水浴で困るのが「砂」という人も多いだろう。レジャーマットを敷いていても、いつのまにか砂まみれ。そのまま車に乗ると車の中まで砂で汚れて不快に。そんな悩みを解決するマットが、有限会社ドリームチームのスマートライフ研究所から発売された『スナテックス(2人用 100cm x 200cm 1.5kg 税抜5,980円,4人用 155cm x 200cm 2.2kg 税抜7,980円,5人用 200cm x 200cm 2.7kg 税抜9,800円・2016年6月28日発売)だ。

_MG_9834修正

もともとは米軍が開発した特殊マット。軍用ヘリが砂漠で発着する際、視界がゼロになるほど巻き起こる砂嵐を防ぐために作られた。『スナテックス』はその技術を応用しているので、砂の侵入を遮断するには最適なマットだ。

_MG_9913修正

砂まみれにならないヒミツは「特殊な二層織り」。マット上の砂は下に抜け落ち、下からも砂を通さないというメッシュ構造。

_MG_9864

破れても穴が広がらない作りは耐久性に優れ強い。石などがある場所にも気にせず使えて便利。PE(ポリエチレン)100%なので軽くて水分を吸収せずドライなまま。とくに暑い季節、汗や海水でもベタつかずサラリとしていて気持ちよさそう。

_MG_9827修正

紫外線を90%カットする加工は、とくに照り返しによる日焼けが気になる女性には喜ばれるだろう。

 

【動画】

ヘリコプターが巻き上げるもうもうとした砂煙が、マットを敷くことで見事におさまる。「特殊な二層織り」の技術の高さを体感してみよう。

_MG_9854

一般のレジャーシート(写真左)とは厚みや重みが明らかに違う。とてもしっかりしていて、風でめくれたり吹き飛ばされたりする気がしない。一番小さい2人用サイズで100cm x 200cm、シングルベッドのサイズでけっこう大きい。

_MG_9860

運動会やお花見など、多少デコボコな場所に敷いても痛くなさそうな厚みが頼もしい。寝転がって日焼けするのにも向いているマットだ。素材のポリエチレンはプラスチックなので手触りなめらか、メッシュ構造でもザラザラしない。

_MG_9857

マット上に砂を落としてみる。

_MG_9861

細かい砂はメッシュの穴を通って見事にマット下へ落ちる。ちょっと感動してしまう。

_MG_9881修正

砂利などは下に落ちずに残っていたのだが。

_MG_9872

一般のレジャーシートではどうか?

_MG_9877

予想はついていたが、やはりマット上の砂が下に落ちることはなかった。

_MG_9866

「下面からの砂はしっかりブロックして上に通さない」らしいが、細かい砂だと通さないまでもメッシュ穴につまる状態にはなる。でも砂まみれになることはなさそうだ。水をかけてもベチャッとならず、拭けばすぐサラリとドライになって、これは快適だ。

_MG_9837修正

 

アウトドアレジャーの悩みを大幅に改善してくれる『スナテックス』。アメリカで軍事用に開発された特殊構造を応用しているので、機能性はバツグン。屋外で使うグッズは、なにかと壊れたり破れたり…と、なにより強さが求められるが、その点も安心。とことん遊びを満喫するために、ぜひ荷物に加えたい逸品だ。バランスボディ研究所公式ホームページAmazonなどのネット通販で購入可能。

 

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック